新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

きぎたつみ「共鳴するエコー」は、おんなのこ同士の心の交流がエコーのように響く佳作短編集。

【あらすじ的なもの】
かつて親友にケガをさせた過去を持つ陸上少女の和解の物語「ランナーズハイ」。
似てるけど、似ていない…双子少女の触れあいを描いた「アシンメトリー」など全4編+おまけ×2の短編集。
各話に登場したキャラクターが次の話に登場する、繋がりをもった構成にも注目の“少女作品集”である。


共鳴するエコー01
きぎたつみ「共鳴するエコー」(芳文社)

共鳴するエコーのように。
少女と少女、登場するキャラクターが繋がっていく物語。

やわらかさとやさしさと、するどさと。
少女と少女の友情と心の交流を描いた短編集。

とくにお気に入りは、双子少女の触れあいを描く「アシンメトリー」。
共鳴するエコー03
・「アシンメトリー」より

生真面目な性格で生徒会役員、めがねっ子のと。
響大好き甘え上手の妹キャラ・
性格は正反対のふたりだけど…。

お互いの長所短所も知りつくくしてる。
お風呂も一緒に入っちゃう仲良しさん。
だけど、近すぎるから苛立つことだってある。

奏のかわいいワガママも、余裕のあるときなら受け止められる。
でも、いつもいつもそんな状態じゃないよね。
共鳴するエコー04
・「アシンメトリー」より

とはいえ相手は双子のかたわれ。
いちばん近くて、いちばん自分を理解してくれる。

そして、いちばんだいすきな、ひと。

ラブだかライクだかわかんない。
けど、あったかくて、心がおちつく存在。

鏡あわせのようでちょっとちがう。
双子少女のこころの触れあいにキュンときました。


ほかにも、山猫のようなワイルド系少女がDVに苦しむ女性を救う「ロンサム・エコー」など。
共鳴するエコー05
・「ロンサム・エコー」より

少女と少女、おんなのこ同士心の交流が印象的な短編集でした。
スッキリしゃっきりした絵柄も魅力です!
共鳴するエコー02
イイネ!


   02:16 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

磯本つよし「ガールズライド」は、女の子×バイク=最強! 女子高生のゆるゆるバイクものがたり!

【あらすじ】
女子高に転入してきた野辺山セイは、ちょっとドジなメガネっ娘。
成績優秀、スポーツ万能の黒髪美人・清里ナンが気になる存在に。
放課後、セイがバイクで道に迷っているところ、偶然、ナンと出会う。
バイクに興味を持ったナンと、セイは急速に仲良くなって。
ふたりでツーリングに行くように。
女の子×バイク=最強! 女子高生のゆるゆるバイクものがたり!


ガールズライド01
磯本つよし「ガールズライド」(芳文社)

いつもはドジっ娘なセイだけど。
バイクに乗ると、ちょっと頼もしくてカッコイイ

そんなセイに、バイクに興味を持ったナン。
早速免許を取って、ふたりで食べもの目当てのツーリング…通称“食べツー”へと繰り出すのでした。
ガールズライド02
海に山に。
ふたりで、バイクの道のりをともにして。
少しずつ強く結ばれていく“”。

わだかまりを抱え、眠れない夜も。
一緒に走ったら素直になれた。
ガールズライド04
セイもナンも。
同じ道を走ることで理解し合ってきた。

バイクがあれば、どこまででもいける。
たとえどんなに離れたとしても、道は繋がっているんだ。
ガールズライド05
少女と少女の優しい絆。
バイクでなければ語れない、ふたりの心の物語にじんときました。

やっぱり女の子とバイクの組み合わせってたまりませんね。
なんかバイクに乗ってみたくなりました♪
ガールズライド03
なんかこう、キュンとくるね!
女のコ同士ってよいね!


   23:16 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

才谷ウメタロウ「ガズリング」は、バドミントンに燃える熱血女子高生青春ストーリー!

【あらすじ】
高校に入学したばかりの紗羽は、美術部に入るつもりだった。
だが先輩の坂本つばさとの出会いがキッカケで、友人の涼子七海とともにバドミントン部に入ることに。
そこには、シングルスでIHを連覇した高校バド界の女王・野地マリエがいた…!!
圧倒的な実力の野地、真摯に部活に打ちこむ坂本
先輩たちを見、紗羽たちはバドミントンの魅力に引き込まれていく…。
バドミントンに燃える熱血女子高生青春ストーリーである!


ガズリング01
才谷ウメタロウ「ガズリング」(1)(芳文社)

初速400km/hともいわれる、バドミントンのスマッシュ
経験のない素人が、どうこうできるスポーツではない。

だが紗羽は。
坂本のスマッシュ食らいついていた
ガズリング02
レシーブの後、きちんと中央の“ホームポジション”に戻っていたのだ。
もしかして天才的センスの持ち主?

バドミントン部に入部した紗羽の秘められし才能(?)は。
高校日本一野地や、坂本のプレイに触発されて。
ぐんぐんと伸びていく…!!

紗羽のさらなる成長が楽しみですね〜!

ガズリング07
(高校バド界の女王・野地マリエ)


そして。
紗羽と一緒に(ホントはイヤだけど)入部した七海
ガズリング04
バドミントン部に入った自分が恥ずかしかった
坂本にシゴかれるのがイヤだった。
何かにつけて坂本の悪口を言っていた。

…だけど。

試合で坂本が必死に闘う姿に、熱い想いが伝わって。
誰よりも大きな声で応援するシーン。
思わず感動してしまいました。
ガズリング06
いつもは厳しい先輩も、試合になったらチームの一員
真剣に練習に取り組む姿を見てるから、応援にも熱が入る。
…こうやって、先輩後輩のができていくんだなぁ、と思えて、ちょっとジンときてしまいました。^^


タイトルの“ガズリング”とは“ガチョウの子”の意味。

バドミントンのシャトルに使われる、ガチョウの羽根
それを追いかけてコートを駆けまわる紗羽たちは、まさに“ガチョウの子”なんだ。

熱く激しく、そして可愛く
コートを駆けまわる紗羽たちから目が離せないぞ!!
ガズリング05


ガズリング 1 (芳文社コミックス)
才谷ウメタロウ
芳文社 (2012-07-17)
   23:50 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

山口よしのぶ「東京旅さんぽ」は、東京の新たな魅力に気づく! 女ふたりの“旅さんぽ”ものがたり。

【あらすじ】
就職してから旅に出る余裕がない…。
大学時代、旅行愛好会に所属していた国分寺いつきは、旅に出たくてムラムラしていた。
そんな時、旅行愛好会の先輩・江戸川ゆうきはいう。
“東京を旅してみない?”
訪れた街の歴史や新名所、美味しい食べものまで。
女ふたりでいろんな角度から町の魅力を楽しむ“旅さんぽ”が始まる…!!


東京旅さんぽ01
山口よしのぶ「東京旅さんぽ」(1)(芳文社)

中学教師のいつきは、毎日いそがしい
戦争のような日々を送っていた。

旅に出たい。

そんな時、先輩のゆうきが提案する。
“東京を旅してみない?”

旅というほど遠出ではない。
散歩というほど近場でもない。
いわば“旅さんぽ”。
東京旅さんぽ02
行ったことないのに“知ってるつもり”になってる街を訪れて。
歴史から美味しいものまで、五感で楽しむ“旅さんぽ”

東京旅さんぽ05

だけどこの作品は、単なる名所案内グルメガイドじゃない。
キッチリ予定を立てるいつきと、感覚でコースを外れるゆうきと。
キャラクターの視点で街を見て、楽しんだ軌跡が“ものがたり”として描かれている。

そこがすごく魅力的でした。^^

東京旅さんぽ04

最近暗い話やイヤなニュースばかりで
下を向いてる人や厳しい顔をしている人が多いでしょう?
でもスカイツリーを見る時はみんな上を向いて笑ってる…
(中略)
ただそこにあるだけで見てる人を元気にしちゃうなんて
すごいと思いませんか?
こんな時代なら なおさら…

スカイツリーへのゆうきさんの想い
ジンときますね…。


神楽坂、スカイツリー、本郷、六本木、麻布十番、秋葉原、高尾山…。
知ってたつもりの街の、新たな一面を発見する“旅さんぽ”。
ちょっと出かけてみたくなりました。

各話の最後には“東京旅さんぽMAP”も収録。
コミックス片手に散策するのも楽しそうですよ♪

東京旅さんぽ 1 (芳文社コミックス)
山口よしのぶ
芳文社 (2012-07-17)

【おまけ】
作中に登場した食べもので、気になるものをピックアップ♪
東京旅さんぽ03
・スカイツリーパフェ(東京スカイツリー)

東京旅さんぽ06
・たい焼き(麻布十番)

東京旅さんぽ07
・ガンプラ焼き(秋葉原)

東京旅さんぽ08
・天狗焼き(高尾山)

パフェ以外、似たような感じになっちゃいましたがw
人形焼きとか好きなのでめっさ気になります。
とくにガンプラ焼きw

秋葉原行ったら食べたいなー!^^

   00:06 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

青木幸子「茶柱俱楽部」は、お茶の魅力が伝わる至高の“お茶まんが”!

【あらすじ】
静岡の老舗茶屋の娘・伊井田鈴は、移動茶店で全国をまわる旅に出る。
目的は人捜し。
偶然に出会ったおばあちゃんがくれた、素晴らしいお茶…。
“お茶に呼ばれた”そう感じたは、旅先で移動茶店を営みながら人捜しを続けるのだが…。


茶柱俱楽部01  
青木幸子「茶柱俱楽部」(1)(芳文社)

鈴の目的は“人捜し”。
だけど、それだけじゃない

お茶の本当の魅力を伝えたい。

茶葉の種類、産地によってさまざまな個性がある“お茶”。
さらにその個性も“煎れ方”で千変万化。
高温で出すと苦みが出る。
低温でゆったり出すと、逆に甘みと旨みが出る。
茶柱俱楽部04
お茶”と聞いてボクらが思い浮かべるものなんて、ホントにごく一部だったんだなーと思いました。


お茶は、乾いた喉を潤すだけのものじゃない。
ひととき休憩をいれることで、心身をリセット
気持ちを整えて、一日のリズムを作る。
茶柱俱楽部05
豊かな時間をくれるのが“お茶する”ってことなんだ。

移動茶店で、鈴はいろんな事情を抱えた人々との出会いを経験する。
さまざまな場所に息づく人生と触れあって。
お茶を通じて、心と心を繋いでいく…。

お茶する”ってホントにいいなぁ、と感じました。
茶柱俱楽部03  

日本各地を旅しながら、お茶が引き合わせる“出会い”をかさねて。
鈴は捜していた人に出会えるのか…!?

いままで意識せずに飲んでいた“お茶”が、ちょっと違って見えてくる。
本物のお茶、美味しいお茶の可能性に触れてみたくなる1冊です。
オススメ!


茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス)
青木 幸子
芳文社 (2010-10-22)
売り上げランキング: 14599
茶柱倶楽部 2 (芳文社コミックス)
青木 幸子
芳文社 (2011-11-22)
   23:59 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード