新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

ふみふみこ「ぼくらのへんたい」は、おとことおんな、ゆれ動く“性のゆらめき”を描いた思春期ものがたり。

【あらすじ】
パロウユイまりか
3人はいわゆる“男の娘”。
それぞれに女装する理由を持ち、悩み、迷っている3人。
心に深い傷や闇を抱えている、3人。
彼女”たちがオフ会で出会ったことから、物語は始まる…!
おとこであること、おんなであること。
生きること。
惑いながらも前に進んでいく“彼女”たちの物語である。


ぼくらのへんたい01
ふみふみこ「ぼくらのへんたい」(1)(徳間書店)

女装する自分が本来の姿
純粋に“女の子になりたい”と願うまりか(青木裕太)。
ぼくらのへんたい06

女装なんてキモイ。
でも姉が死に、悲しむ母のために女装をするユイ(木島亮介)。
ぼくらのへんたい04

好きになった人が求めたのは、女としての自分だった。
先輩にいわれるまま、求められるままに女装をするパロウ(田村修)。
ぼくらのへんたい03

それぞれの事情を抱えて“女装”をしていた3人。

心と身体が合致しない苦しさ
ありのままの自分を愛されない哀しさ
いつわりの姿を求められる虚しさ
ぼくらのへんたい02
おとことおんな。
さまざまな思いが溶けあって、うずまく彼らのハートはまるでサナギのよう。

そう、彼らはいつか。
うつくしいになるときを夢見ているのだ。

ずっとひとりで悩んできた彼らを、運命が引きあわせた。
3人が出会うことで、どんな“自分自身”をみつけていくのだろう。
期待と不安、両方の意味のドキドキで目が離せない。
ぼくらのへんたい05
おとことおんな。
思春期のなかで風のようにゆれうごく、性のゆらめき
生のきらめきに注目していただきたい。
オススメ。


ぼくらのへんたい(1) (リュウコミックス)
ふみふみこ
徳間書店 (2012-08-10)
   22:48 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

梶尾真治/鶴田謙二「さすらいエマノン」は、孤独と詩情に彩られた“30億年の記憶”の物語。

【あらすじ】
生まれたときから母の記憶をもっている。
祖母の記憶も、そのまた前の祖先の記憶も…。
30億年、地球の歴史そのものの記憶をもつ少女。
彼女の名はエマノン
旅から旅、時代とともにさすらうエマノンの物語である。


さすらいエマノン03  
梶尾真治/鶴田謙二「さすらいエマノン」(徳間書店)

川で泳いでいる全裸の少女と出会った少年・アツシ。
か…河童!?
さすらいエマノン01
いいえ、それはエマノン

太古の昔、人類の祖先からの記憶を受け継ぎ
30億年のあいだ、子孫から子孫へと。
身体を乗り換えながら生きてきた。

さすらいのエマノン

地球の記憶とともに時代を彷徨いながら。
ときに人々と関係を繋いでゆく。
さすらいエマノン06
ただし場所には留まらない。

同じ車両に乗りあわせた乗客のように。
ひとときを交わして静かに去っていくのだ。

やがては別れる運命と知っているから…。
さすらいエマノン05
世代から世代へ。
母から子へ。
記憶を移し換えてきた、エマノン。

だが、エマノンには双子の兄がいた。
30億年つづいたシステムにバグが発生したのだ。

さすらい続けてきたエマノンに、初めてできた“血縁”。
エマノンは兄に会いに旅立つのだが…。
さすらいエマノン07

30億年の記憶を持ち、さすらい続けるエマノン。
絶対的な孤独の旅路、その哀しき詩情が胸にグッとくる。

河川敷の秋桜の陰に。
下町の路地裏に。
エマノンがいるかもしれない。

そんな不思議な感覚をおぼえました。

さすらいエマノン08
海に流された小瓶のように。
流れ流れゆく記憶の果てに、エマノンはなにを見つけるのだろう。

旅のゆくえを、そっと見守りたい。
そんな作品です。


さすらいエマノン(リュウコミックス)
梶尾 真治 鶴田 謙二
徳間書店 (2012-04-03)
   00:26 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

木村いこ「たまごかけごはん」は、読んでるうちに自然と笑顔になっちゃう! 美味しくて“ほっこり”する楽しい食まんが!

【あらすじ的なもの】
小人のような小さな女の子があらわれて。
たまごかけごはんに醤油をたらしてくれる表題作ほか。
食にまつわるカラー掌編が5作、さらに作者自身の食体験をつづった「いこまん」シリーズなどなど。
全10編の美味しくて“ほっこり”した気持ちになる作品集である。


たまごかけごはん01
木村いこ「たまごかけごはん」(徳間書店)

表題作「たまごかけごはん」は。
小人のような小さな女の子が…。
たまごかけごはん02
えっちらおっちらと。
たまごかけごはんに醤油をかけてくれる。

“どじょ”(どうぞ)、といってくれる小人さんがちょっと可愛いくて
微笑ましいですね♪

さらに「ねこの給食当番さん」は…。
子猫をつれた猫の給食当番さんがやってきて。
たまごかけごはん03
ミルメークとか配ってくれる。

か、かわいい…!!

しかも落っことしてるの気づかずに配ってる。
たまごかけごはん04
…!!(悶絶ww)

あまりの可愛さに作者の猫まんが買っちゃったw
木村いこ「きなこもち」(マッグガーデン)


作者自身の食体験を描いた「いこまん」のシリーズでは。
コンビーフへの並々ならぬこだわりを披露。
たまごかけごはん05
たしかに開け方が特殊で“宝物”感がありますよね。
コンビーフだけの“トクベツ”な体験。
儀式”と呼ぶのもわかりますw

深夜に納豆を食べたり。
こしたいむん(コーヒータイム)でひと息ついたり。

読んでるうちに、自然と笑顔になっちゃう。
楽しい“”とのかかわりが素敵なのです。

ごはんのひととき。
美味しくて楽しい“魔法”をかけてくれるような。
そんな作品です♪
たまごかけごはん06

担当さんもいい味出してます!ww


たまごかけごはん (リュウコミックス)
木村 いこ
徳間書店 (2012-04-13)

   01:39 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

鈴木みそ「僕と日本が震えた日」は、震災後の“これから”を等身大で描く“震災ルポまんが”!

【あらすじ的なもの】
「オールナイトライブ」 「あんたっちゃぶる」など。
ルポまんがの名手・鈴木みそが震災後の世の中を描く!
帰宅難民になった家族、出版界に及んだ影響、日本経済から先端科学。
そして誰もが知りたい放射能による食品汚染の実態まで。
作者自身の目を通して描く“震災ルポまんが”である。


僕と日本が震えた日01
鈴木みそ「僕と日本が震えた日」(徳間書店)

着物姿で16キロ歩いて帰宅した妻。
ディズニーシーでひと晩すごし、翌晩帰宅した娘。
幸いにして作者の家族は無事だった。

だけど、帰ってこられなかった人だっているんだ。

作者は原稿料を義援金にすることを条件に。
等身大の“3.11”を描くことを決意する…!!


書店製紙工場津波の被害にあって。
莫大な被害額が算出される。
さらには本が刷れない事態にも。
僕と日本が震えた日03
出版界はどうするのか。
どうすべきなのか。

地震で冷え込んだ経済の状況は?
津波で町ごとさらわれた地域の復興のありかたは?
僕と日本が震えた日05
身近な疑問を専門家に直接ぶつけ、“物語”として編みあげていく。
それは日本、ボクらの“これから”の物語なんだ。


とくに必見は「正しい放射線の測り方」の2編。
ブクログのパブーで無料で読めるので、ぜひ読んでみていただきたい。

「正しい放射線の測り方」(パブー)
「正しい放射線の測り方2 食品編」(パブー)
※双方ともコミックスに収録。(タイトルが少し違います)

僕と日本が震えた日06
さらに汚染された食品とどうつき合うべきかを描いた「僕と放射能が震えた日」を読むとなおグッド!!
未知のまま右往左往していたボクだけど。
ひとつの“判断基準”を形成することができました。^^


ボクらはすでに汚染された場所に住んでいる。
それはどうにも覆らない事実
僕と日本が震えた日07
ならば、これからどう生きていこうか。

作者の目線はつねに未来を向いている。

2011年3月11日。
あの日から、ずっと。
震災は続いている。

ラスト、作者が被災地を訪れて感じた思いと同じく。
ボクらはそれでも、やっぱり、生きていくんだ。

大地が、食品が汚染された“これから”をどう生き抜くのか
あなたの考えの助けとなる1冊。
オススメです。

僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)
鈴木 みそ
徳間書店 (2012-03-02)
   00:30 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

蒼星きまま「きのこいぬ」は、不思議かわいい“きのこいぬ”が心に寄り添う“癒し”の物語。

【あらすじ】
愛犬・はなこを亡くした絵本作家・夕闇ほたる
ショックから作品も描けず、無気力になっていた。
そんなある日、庭に生えたピンクのきのこが動き出し…。
なんとになっちゃった。
そんな不思議な“きのこいぬ”と、ほたるの心温まる物語である。


きのこいぬ01
蒼星きまま「きのこいぬ」(徳間書店)


絵本作家・夕闇ほたる
両親を亡くしたほたるは、愛犬・はなこ肉親のように思っていた。
それは、はなこも同じだった。

だけど…。
仕事で目を離した、ちょっとの間にはなこは亡くなってしまった。

喪失感と、後悔の“重さ”。
ほたるは身動きが取れなくなっていた。

きのこいぬは、そんなほたるの背中を押す
きのこいぬ07
というか、蹴り飛ばすww

見かけに似合わず、ハードな励まし方をするきのこいぬ。
ちょっと凶悪…だけどほんとうは、しっとりやさしい
きのこいぬ05
そんなきのこいぬ。
なんか見てると癒されるわ~w


ほたるの前に突然あらわれて。
ほたるの生きる気力を蘇らせていくきのこいぬだけど…。

きのこいぬは、庭の片隅でずっと見守っていたんだ。
ほたるの成長を。
きのこいぬ06
ほたるとはなこが心を通わせていた姿を。
そして、はなこを亡くし、落ちこむほたるを。

もうひとりの家族のように。

きのこいぬ02 きのこいぬ03
胞子を飛ばしたり、をかけると喜んだり。

きのこいぬ04
だけどメロンパンが大好物だったり。

不思議かわいい“きのこいぬ”がこころに寄り添う物語

ちょっと胸キュンの感動ストーリーです♪
オススメ!


きのこいぬ(リュウコミックス)
蒼星 きまま
徳間書店 (2011-10-13)
   00:48 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード