新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

古屋兎丸「女子高生に殺されたい」は、異常な欲望に突き動かされた男の“犯罪計画”に注目!

【あらすじ】
“女子高生に殺されたい”…異常な欲望を抱く高校教師・東山春人
自分を殺す相手として選んだのは、佐々木真帆16歳。
綿密な計画を立てた春人は、ついに実行へと移す…!


女子高生に殺されたい02
古屋兎丸「女子高生に殺されたい」(1)(新潮社)


春人は“オートアサシノフィリア”。
自分が殺されることに性的興奮を覚える性的嗜好。
女子高生に殺されたい03
自分で自分の首を絞めてコーフン状態…。
ひと言でいうと変態ですw

そんな春人は、次第に自身の欲望のイメージ明確に意識していく。
美しい女性に…女子高生に…殺されたい!

その欲望を現実にするために。
臨床心理士から高校教師へと進路を変更。
着実に理想の“死”へと近づいていく。

そしてついに見つけたファム・ファタール(運命の女)。
佐々木真帆、16歳。
女子高生に殺されたい04
彼女の細い腕が首を締めあげる…!
その様子を想像するだけでたまらなくなる春人。

すべては女子高生に殺されるために。
ついに周到な計画を実行にうつす!
女子高生に殺されたい01

8月8日16時頃…
この木の下で…佐々木真帆に殺される…
いよいよ僕の殺害計画を始動させよう


春人の綿密なる計画は成功するのか!?
真帆は春人を殺してしまうのか!?
サスペンスな物語に引きつけられました。

異常な欲望に突き動かされた男の“犯罪計画”は、いかにして女子高生を殺害者たらしめるのか!?
正直いって、早く次巻が読みてぇー!(`・ω・´)


女子高生に殺されたい 1 (BUNCH COMICS)
古屋 兎丸
新潮社 (2015-02-09)
売り上げランキング: 11,131
   00:43 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

うめ「南国トムソーヤ」は、最果ての島で“誰よりも遠く”を目指す、少年少女の冒険ものがたり。

【あらすじ】
沖縄本島からさらに500キロ。
最果ての島・羽照那島に東京から転校してきた少年・チハル
マンタに乗ったり、ヤギをツブして食べたり、神様のいる神聖な場所があったり。
島での習慣や風習にとまどうチハルだけど、島の少年・リンドウと出会うことで、少しずつ島の暮らしになじんでいく。
そしてこの夏、少年たちの冒険の日々がはじまる…!!


南国トムソーヤ01
うめ「南国トムソーヤ」(1)(新潮社)

男の子にとって大切なのは
夏休みの宿題を7月中に終わらせることじゃない
誰よりも遠くへ行くこと

亡き母の言葉を胸に、一番遠くの島・羽照那島にやってきた、チハル。
iPhoneを駆使するイマドキの少年である。
南国トムソーヤ06
・チハル

釣れる魚は熱帯魚
ヤギをツブして食べたり。
御嶽(おん)と呼ばれる、神様のいる神聖な場所があったり。

独特の生活にとまどうチハルが出会ったのは。
島の少年・リンドウ
南国トムソーヤ09
・リンドウ

そして神様の声を聞くことができるという、ナミ。
南国トムソーヤ03
・ナミ

チハルもリンドウもナミも。
それぞれが家庭の事情をかかえていた。

だけど。
大人の事情に流されずに。
自分ので世界を見たいとあがいていた


オジイがかつて見たという“翼竜の化石”。
大人は誰も信じないものを、大切に信じているリンドウ。
南国トムソーヤ05

島の祭祀“結願祭”で踊りを披露することになったナミは。
父への反抗と思慕の間で揺れ動いていた。

すでに両親を亡くしたチハルは。
母の言葉を胸に“遠く”へ一歩を踏み出そうとしていた。
南国トムソーヤ07

都会っ子が自然の素晴らしさを知る“癒し”の物語じゃない。
大地をしっかと踏みしめて。
水平線の彼方を見すえた。
少年少女たちの“冒険”を紡ぐものがたり。

好奇心の翼をひろげて。
ネットの海よりさらに遠くへ。
南国“少年少女(トムソーヤ)”たちの冒険心は駆けめぐる…!!

少年たちが駆けだした冒険のあしあとを、ぜひ目撃していただきたい。
超おすすめ。



【おまけ】
チハルたちの先生である朝倉スズも。
胸に信じているものがあった。

南国トムソーヤ08
ニライカナイ=羽照那島説。

学会ではトンデモ説といわれながら、地道に調査を続けている。
本やネットで調べていると、いつか誰も調べてない世界にたどり着く。

その壁を超え、誰よりも“遠く”へ…!

朝倉先生も、トムソーヤだったんだ。

日々の仕事をしながら。
目を閉じて見る夢じゃなくて、目を開けて“夢”を追う姿がカッコイイ。

冒険者たちの行きつく先が、楽しみですね♪

   01:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

吉本浩二「さんてつ」は、復興に賭ける鉄道マンの熱さを、力強い筆致で描いた“震災ドキュメント”!!

【あらすじ】
2011年3月11日、東日本大震災。
岩手県沿岸部を走る三陸鉄道(さんてつ)は多くの被害を受けた。
だが不屈の男“さんてつマン”は震災後わずか5日で電車を走らせる!
ブラック・ジャック創作秘話 」の作者・吉本浩二が渾身の筆致で描く、震災ドキュメントである!


さんてつ01
吉本浩二「さんてつ」(新潮社)

3.11。
岩手県沿岸部を走る“三陸鉄道”は大きな被害を受けた。
レールは鉄橋ごと流され、残ったレールの上にも瓦礫の山

走っていた電車は!?

…なんと奇跡的に無事だった。

もしあと数分、ずれていたら。
車両ごと津波に呑まれていた…。

トンネルの中、急ブレーキで列車を停車させた運転手は。
余震におびえながらも情報を求めて脱出。
乗客のを守りぬいた。

そして。
線路の被害を確認しに車を走らせた、三陸鉄道の社長は。
さんてつ02
道路が瓦礫に埋もれたなか、線路を歩く人々を見る。

一刻も早く、電車を走らせよう。
社長は決意を固める。
さんてつ03
運賃は無料。
とにかく困っている人を助けたい
勇気を与えたい。
復興への希望になりたい。

自衛隊の協力を得て瓦礫を撤去。
レールと敷石を整備して。
電気が使えない場所の踏切は、なんと人力で。
さんてつ04
男たちの不屈の努力で、ついに走らせた電車。

沿線の人々はあたたかく見守り。
…手を振った。
さんてつ05
まだ海岸線は一面の、瓦礫。
それでも待ってくれる人はいる

このとき“さんてつ”は人々の希望になったんだ。

顔なじみだった乗客の皆さんと。
まだ再会を果たしていない運転手。
いつかきっと、無事を確認できると信じて…。
さんてつ07

岩手の人々が体験した、想像を超える恐怖
絶望的な被害の中から、運転再開を誓う鉄道マンの熱さ
そして鉄道再開を待ちわびていた人々の、笑顔

さまざまな“思い”を濃密に、力強い筆致で描いた“震災ドキュメント”。
胸にグッとくるいいまんがです。
オススメ。


   00:16 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

中村珍「アヴァール戦記」は、まんがとカネにまつわる裏事情をぶちまける! 赤裸々すぎるエッセイまんが!!

【あらすじ的なもの】
まんが家・中村珍がエッセイまんがを描く!
テーマは“Avare(アヴァール)”=“ケチ”。
ケチといわれる作者が、まんがとカネにまつわる裏事情をぶちまける!
赤裸々すぎるエッセイまんがである。


アヴァール戦記01
中村珍「アヴァール戦記」(1)(新潮社)


とかが出てくるファンタジーまんがは、お金がかかる

一瞬「あれっ?」と思いますよね。
まんがなんだから、紙に描けばいいだけのはず。
なんでお金がかかるのか!?

そこにまんが家の裏事情があるんです。

作品の冒頭に、リアルなファンタジー絵がドドン!と載ってるのですが…。
そのリアルな絵を描くのに、アシスタントさん2人を使って。
1人はペン(3日)、1人はトーン(1日)。
日給=1ページの原稿料(13000円)とのことなので、合計52000円
さらに交通費が3200円、食費が9000円(いずれも2人分)。
合計64200円!!

わずか数ページの“ファンタジー絵”にこれだけのマンパワーと“お金”がかかってる。
この事実を知っただけで驚きである。
そりゃあ、ネタも節約したくなるってもんですよw
アヴァール戦記02

こんなにお金がかかるファンタジーまんがに対して。
自分1人でサクッと描けるエッセイまんがって、美味しいんじゃない!?
という気持ちも分かりますw


…という感じで。
いままで目にしたことのないまんが制作の“裏事情”が明らかに!
というケチケチ談義で話が進むのですが、後半、ちょっとトーンが変わります。
そう、あの地震が起きたのです。
アヴァール戦記03
地震で水漏れした部屋から原稿を助け出して。
編集部へと避難する作者。

余震の続く中、原稿を心配して集まったアシスタントたちと、出版社の会議室で〆切まで作業を続ける作者。
アヴァール戦記04
それはまさに“戦記”そのもの。

この作品は、まんが制作にまつわる“お金”に翻弄されつつも。
納得のいく“まんが”を描き、世に出そうと苦闘する作者と仲間たちの物語でもあるんだ。
アヴァール戦記05
お金”という切り口で描き出される、まんが制作の舞台裏。
これは面白いまんがですぜ!!

アヴァール戦記 1 (BUNCH COMICS)
中村 珍
新潮社 (2012-01-07)

【おまけ】
ホントにどーでもいいネタなんですが…。
「アヴァール戦記」の“アヴァール(Avare)”ってフランス語で“ケチ”という意味らしいのですが…。
Google翻訳では“守銭奴”って出ましたw

ああ…まあ…同じケチですけど、守銭奴ってかなりインパクト大ですよねw
「アヴァール」で検索してみたら…ありました。

株式会社アヴァール

なぜ、この社名に!?
きっと別の意味があるんですよね…ドキドキ。

   00:50 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

青木俊直「くるみのき!」は、“着ぐるみ”との出会いが内気な少女を変える、ハートフル青春ものがたり。

【あらすじ】
野木くるみ、19歳。
周囲に心を開けず、自分の殻に閉じこもっていた彼女には。
ひとつだけ“好きなもの”があった。
子供番組で着ぐるみたちがイキイキと踊る姿。
そんなくるみが“着ぐるみ劇団”の面々と知り合うのだが…。


くるみのき01
青木俊直「くるみのき!」(1)(新潮社)

田舎にいるのが、それだけで東京に出てきた。
好きでもないバイトをして。
自分が何をしたいか分からない
いつも自分の殻に閉じこもっていた。
くるみのき02
こんなくるみが“好き”と胸を張っていえるもの。
それは「いっちぃはっちぃ」

子供番組「いっちぃはっちぃ」の中で。
活き活きと踊る“いっちぃ”と“はっちぃ”を見ていたら。
嫌なことがあった日も元気になれた。
自由になれた気がしたんだ。

ある日、着ぐるみ劇団の面々と出会ったくるみ。
なんと着ぐるみを着て、助っ人として舞台に立つことに…!!

くるみのき03
「いっちぃはっちぃ」が大好きで。
踊りを暗記するまでDVDを見たくるみ。
好き”のパワー…だよね。

自分の殻に閉じこもっていた彼女だけど。
パズルのピースがはまるように。
好きなこと”と“やりたいこと”が組み合わさった着ぐるみ劇団との出会いによって、少しずつ変わっていく…。
くるみのき04
そう、笑顔になれたんだ。


演技も踊りもまだまだ学ぶことはいっぱい。
だけど“好き”の気持ちで上を向いて、歩きはじめたくるみ。
明日はきっと、明るいね♪

元気がもらえる1冊、オススメです☆


くるみのき! 1 (BUNCH COMICS)
青木 俊直
新潮社 (2011-11-09)
   00:52 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード