新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

三田紀房「インベスターZ」は、お金と投資の奥深い世界! 固定観念をゆさぶる投資入門まんが!

【あらすじ】
中高一貫校の私立・道塾学園は創立130年、日本一の超進学校。
その入試を全教科満点でトップ合格した財前孝史は、各学年の成績トップ6人のみが参加を許される“投資部”に勧誘される。
“投資部”は学園の資産3000億円を運用し、運営資金すべてを生み出していたのだ。
まったく知識の無いまま“投資部”に入った財前の運命は…!?


インベスターZ01
三田紀房「インベスターZ」(1)(講談社)

資産3000億円の運用を任されている“投資部”。
その存在は全校生徒、家族にも一切秘密。
密かに行われてきた“投資部”に加わることになる財前。

だが“投資部”主将・神代の言葉はいかにもエキセントリック。
インベスターZ02
投資に勉強なんて必要ない。
投資にルールもない、安く買って高く売るだけ。
そして…。

投資はカン度胸
…つまりギャンブル。
インベスターZ03

言っちゃったよww
投資が世の中を動かすとか、日本経済がどうとか、表面的な話はナシ!

投資は遊び
投資はゲーム!!


このキッパリした割り切りがないと、きっと3000億もの金を動かせないんでしょうね。

そして財前は100億円の運用をまかされるのだが…。
超初心者の財前が買ったのは、ゲーム会社の株。
しかも30億円!

リスク分散とかセオリー関係なし!
普通は元金の5%…つまり5億と主張する先輩に
インベスターZ05
5%?
なにそれ面倒くさいw


財前いきなり博打の才能を発揮か!?w

まったくの初心者である財前が。
お金と投資について根本から知っていくストーリー。

気にも留めないこと“投資”という切り口で見ると、違った風景に見えてくる。
固定観念を揺さぶり、世の中の“芯の部分”を見せてくれる本作。
インベスター(投資家)(財前)の、今後の暴れっぷりに期待大ですよ!


インベスターZ(1) (モーニングKC)
三田 紀房
講談社 (2013-09-20)
   01:07 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

武田一義「さよならタマちゃん」は、35歳まんが家アシスタントのガン闘病記!

【あらすじ】
武田一義、35歳、まんが家を目指すアシスタント。
そんな彼を突然の病がおそった。
精巣腫瘍…睾丸のガンである。
さらにガンは肺に転移。
愛する妻・早苗とともに、ガンと闘う日々がはじまる…。
これは作者自身の体験をもとに描いた、ガン闘病記である。


さよならタマちゃん01
武田一義「さよならタマちゃん」(講談社)

ある日、気づいた睾丸の腫れ
大きくなっているものの、痛みはない。
さよならタマちゃん04
だがそれは、腫瘍だったのだ。

まんが家のアシスタントとして。
平穏な日々を生きてきた、作者。

それが突然、病気と闘うことになる。
しかもガンである。

抗がん剤を投与し、身体の内側からガンをやっつける。
だけど、がん細胞といえど身体の一部。
さまざまな苦痛が襲ってくる。
さよならタマちゃん02
吐き気、食欲不振、そして味覚異常
背骨をハンマーで殴られるような痛みまで。

決しておおげさでなく。
ほのぼのとした絵柄で伝わる、痛みと苦しみ
そしてこころに寄り添うような、やさしさと愛情

抗がん剤のはげしい副作用から、苛立ち、感情をコントロールできなくなって。
妻に激しくあたってしまう。

“もう来んな!”

…だけど奥さんは、来た


さよならタマちゃん03
苦しいこと、つらいこと、どうしようもないこと。
それを分かってくれる人が、そばにいること。
なんて素晴らしいんだろう。
思わず涙がでてしまいました。


大切な人と、命と向き合った、病院での日々。
そして、まんが家へのも…!

35歳まんが家アシスタントである、作者自身の体験をもとに描いた“ガン闘病記”。
理不尽も、やさしさと愛情も、そして夢も…。
病が浮き彫りにした、人生のすべてが切なくも美しい。

オススメの1冊です。


さよならタマちゃん (イブニングKC)
武田 一義
講談社 (2013-08-23)
   01:30 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

ウォルター・アイザックソン/ヤマザキマリ「スティーブ・ジョブズ」は、あの偉大な経営者の伝記をまんが化! ジョブズの実像を目撃せよ!

【あらすじ】
アップルの共同設立者のひとり、かの有名なスティーブ・ジョブズ公認の評伝をヤマザキマリがまんが化!
養子としてもらわれていった子供時代。
電子工作への興味、技術への傾倒、天才・ウォズニアックとの出会い。
アタリへの入社からインド放浪まで。
偉大な経営者の実像に迫る伝記まんがである。


スティーブ・ジョブズ02
ウォルター・アイザックソン/ヤマザキマリ「スティーブ・ジョブズ」(1)(講談社)

新しい両親の深いに守られて。
養子だったジョブズは自由に自身の興味を伸ばしていく。

おまえは特別な人間なんだ”…両親の愛情がジョブズの才能を伸ばし、同時に増長もさせていく…。
スティーブ・ジョブズ04
いわゆる“いい子”ではない。

マリファナもLSDもやる“不良”そのもの。
だけどそんな行動も知的成長の妨げにならなかったのがスゴいところ。
もりもり知識をつけて、活躍の場を広げていく。

そしてもうひとりの天才、スティーブ・ウォズニアックと出会う…!
スティーブ・ジョブズ05
ジョブズはウォズの知識の深さに感服し、意気投合
ふたりは一緒に、エレクトロニクスを駆使したさまざまなイタズラを敢行。
長距離電話をタダで話せる“ブルーボックス”を作り上げる…!
スティーブ・ジョブズ06

その他、ジョブズの彼女との話や、インド放浪の話など。
いわゆる「成功者=聖人君子」というフワッとした先入観が見事にブッ壊れる内容でしたw

たとえ冗談でも自分にケチつけたヤツを許さなかったり。
同棲中の彼女がベジタリアンの自分に肉出したらブチ切れたり。
ゲーム会社のアタリで働いてたとき、あからさまに周囲を見下したり。
スティーブ・ジョブズ07
狭量で自信過剰で傲岸不遜。
読み進めるうちに“スティーブは賢くて、そして残酷な人でした”というジョブズの彼女の言葉がピッタリくる。

かなり危なっかしいヤツでした。

正直、すげぇ嫌われるタイプの人間だと思う。
だけど、こういう極端な男だからこそ、常識を超えた発想ができたのかな…と思っちゃいました。

人々の価値観を変える創造をなしえた男の記録。
要チェックですよ!


スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス)
ヤマザキ マリ
講談社 (2013-08-12)
   22:52 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

麻生みこと「海月と私」は、寡黙な主人とワケあり娘で営業する民宿での“大人のドラマ”に注目!

【あらすじ】
駅にも浜にも温泉にも不便な民宿・とびうお荘。
急遽募集した仲居の求人を見てやってきたのは、辺鄙な民宿には似つかわしくない若い女の子・
断ろうとする主人だったけど、人懐っこくて如才ないにうまく乗せられちゃって…!?


海月と私01
麻生みこと「海月と私」(1)(講談社)

四年前亡くなった父から引き継いだ民宿
父の代からいた仲居のおばあさんが亡くなり“潮時”かと思ったけど。
すでに予約済みのお客様に迷惑はかけられず…。
募集した求人にやってきたのが、岩松梢である。
海月と私05
なんと住んでたアパートを引き払い、身ひとつでやってきた。
ワケあり? 家出? 借金…?
不穏に思う主人をよそに、持ち前の人懐っこさ如才ない振る舞いで、あっという間に“転がされ”てしまう。

海月と私02
…だけど。
転がされても心地よい自分がそこにはいた。

こんな辺鄙な民宿に、クラゲのようにふわふわとやってきて。
明日、幻のように消えててもおかしくない。
夢のような、きらきらとした日々。

…いつの間にか、梢との毎日が愛おしくなっていたんだ。
海月と私06

好奇心旺盛で、お客さんの事情にもつい首を突っこんじゃう
でも彼女の行動力はお客さんの心と心を繋ぎ、また主人さえ気づかない宿の魅力をも再発見させていく…。

経歴不詳、前歴不詳の“謎”の女…梢。
彼女の溌剌とした立ち居振る舞いきらきらとした佇まいに思わず惹かれました。
海月と私03
寡黙な主人とワケあり娘で営業する辺鄙な民宿。
そこで繰り広げられる“大人のドラマ”が魅力の本作。
(もちろん主人と梢のビミョーな関係にも注目!w)

TV局の人、今すぐドラマ化権を押さえた方がよいですよ♪
超オススメ!


海月と私(1) (アフタヌーンKC)
麻生 みこと
講談社 (2013-08-07)
   23:56 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

板倉梓「なぎとのどかの萌える不動産」は、家と人をつなぐ不動産“人情”ものがたり。

【あらすじ】
社員登用をめざしてバイトしていた会社が倒産。
貯金もつきてアパートを追い出されることになった和(のどか)
幼なじみの梛(なぎ)に偶然再会、彼女の経営する不動産会社で働くことになる。
会社の名前は“萌える不動産”…!


なぎとのどかの萌える不動産01
板倉梓「なぎとのどかの萌える不動産」(1)(講談社)

バイトしていた会社が倒産
給料はとどこおり、貯蓄もなくなって。
アパートを追い出されることになった、のどか

偶然再会した幼なじみのなぎは、そんな彼女が放っておけなかった
なぜなら。
なぎ自身が自分の住む家を失っていたからだ。
なぎとのどかの萌える不動産02

会ってなかった15年、なぎに一体何があったのだろう。
それはまだ語られていない。

家族の団らんも、何気ない日常も。
包み込む“”があってこそ。
それを失った彼女だからこそ、いまの仕事をしているのだろう。

人それぞれに事情があって。
ふさわしい物件がある。
デザイナーズマンションより、木造アパートの温かさが心に寄り添うこともあるんだ。
なぎとのどかの萌える不動産05
人のこころを知って、気持ちにぴったり合う物件を紹介する。
人と家をつなぐ”こと。
それが、なぎの仕事なんだ。
 
クールなやり手社長のなぎと。
おっとり系でインテリア大好きなのどか
二人三脚で頑張るふたりの不動産人情ものがたり
なぎとのどかの萌える不動産06
オススメです♪


   23:59 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード