新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

平井寿信「3.11 東日本大震災 君と見た風景」は、被災地で暮らす家族の営みを、等身大で描いた4コマ物語!!

【あらすじ】
2011年3月11日に起きた、東日本大震災。
宮城県在住の作者は自身のブログにその体験を掲載。
妊娠9ヶ月のと4歳のと。
震災に家族で立ち向かった一家の記録である。


君と見た風景02
平井寿信「3.11 東日本大震災 君と見た風景」(ぶんか社)

作者は陶芸家&イラストレーター
震災の前からブログに4コマ日記をUPしていた。

言戯(作者のブログ)

ボクが知ったのは震災後でしたが。
被災地で暮らす家族の営みを、等身大で描いた4コマに惹かれました。
君と見た風景06

地震当日、妊娠中の奥さんを気づかってくれた会社の人たち
激しい揺れの中、4歳の娘を抱きかかえて守った作者。
停電中で真っ暗なコンビニで、懐中電灯をともしてくれる見知らぬオジサン
君と見た風景03
非常時のやさしさ思いやりが胸にしみました。

近所の人たちや、親戚たちと助けあって。
どうにか戻りつつある、いつもの暮らし…。

とはいっても、どこかに不安はある。
君と見た風景05
それでも生きていく。
未来へとつながる希望子供たちのためにも。

家族に起きた“非日常”と。
非日常における家族の“日常”。

愛情をもって描かれた“震災4コマ”ストーリー。
オススメですよ~♪
(気になる人は、まず上記ブログをチェック!!)


3.11東日本大震災~君と見た風景~
平井寿信
ぶんか社
売り上げランキング: 9021
   23:47 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

押切蓮介「椿鬼」は、山の嘆きに耳を傾けるマタギ少女・椿鬼の“戦い”の物語。

【あらすじ】
マタギの少女・椿鬼はシロビレと呼ばれる銃を背負い、山から山へ渡り歩く。
山の色を見、山の思いを知ることができる椿鬼。
山と人間…各地で起こるいさかいに、椿鬼はあらわれる。
救いの手を差しのべるために…!!


椿鬼05    
押切蓮介「椿鬼」(1)(ぶんか社)

姥捨て。
60歳を過ぎた老人は、山に置いて帰らねばならない掟。
ヤマミサキ神に“極楽へ行く手助け”をしてもらうのだ。

末吉も年老いた母をどおりに山へつれてきた。
だが…。

山は嘆いていた。

椿鬼は見抜いていた。
この山が悪鬼のような人間に汚されていたことを…!!
椿鬼04
欲望に取り憑かれた人間たちに、椿鬼のシロビレが火を吹くッ!!


いや~、グロいです。
なかなかにグロいです。

山に捨てられた老人たち、じつはエライことになってたんですが…。
カットを載せるのはちょっとアレなんで、イメージ画像を。
串刺し (クリックで拡大)
こんな感じ。

まさに地獄絵図
あまりのはっちゃけぶりに、父ちゃん情けなくて涙出てくらぁ!!(古っ!)


山に生きるマタギ少女・椿鬼が山の嘆きに耳を傾け、救いの手を差しのべる。
それだけでなく、ときに暴走した山の意志とも対峙する。
椿鬼07
山と人…両方の事情思いを知る者として。
苦悩しながら、旅をつづける椿鬼。

この旅で彼女がどんな答えにたどり着くのか。
これからに注目したい作品である。


   23:43 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード