新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

ララまんがグランプリ受賞コメントがスゴすぎる件

第48回LMG(ララまんがグランプリ)審査結果発表!!
LaLa8月号
LaLa2008年8月号より

幾多のまんが家を世に送り出してきたLMG。
今回【ゴールドデビュー賞】に輝いたのは、一ノ瀬かおるさん(兵庫県)!

太陽も忘れさせて
「絵がプロ級!!」と絶賛されたその作品は、「太陽も忘れさせて」。
デビューに加え、賞金30万円と副賞にデジタルビデオカメラをゲット!!



喜びの受賞コメントが、これだ!!
受賞コメント

>帰宅すると家が火事でした
ちょwww
火事てw

悪いことあればイイことありますねって・・・悪いことデカすぎw

>じゃあ次は・・・。
頼むから、生きてまんが描いてくれw
つか、生きろw


どうでもいいけど、ホント目が離せない新人が出てきたなw
いろんな意味で今後に注目だっ!!


   22:13 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

矢沢永吉/きたがわ翔「成りあがり-矢沢永吉物語-」で親父の青春時代を知れ!!

キミは親父を知っているか?
親父の青春を——知っているか?


【カット】
成りあがり_01

矢沢永吉/きたがわ翔「成りあがり-矢沢永吉物語-」(1)(角川書店)

【あらすじ】
内田忠志、29歳。
向いてない営業の仕事をし、夢中になれるものもない退屈な毎日を過ごしていた。
そんなある日——親父が死んだ。
思春期をすぎてから、まったく接点がなかった親父。
遺品には、生前ファンだった矢沢永吉グッズが山ほどあった。
忠志は親父を知るため、親父が愛してやまなかった矢沢永吉の著書「成りあがり」を手にする——。


親父が死んでも、涙が出なかった忠志。
ずっと会話もしてなかった親父の死を、実感できなかったのかもしれない。
そんな忠志は、遺品の中にあった一本のビデオテープを再生する。
映し出されたのは、躍動する若き日の矢沢永吉。
そして観客の中に、若き日の親父の姿があった・・・!!
そのとき、まったく出なかった涙がふきだした・・・。

・・・泣けた。

単純な「成りあがり」のまんが化じゃない。
矢沢永吉に影響を受けたファンの姿も含めて描くことで、時代と人をひっくるめた“矢沢永吉”という存在そのものを描こうとしているところに凄さを感じる。


これは「矢沢永吉物語」であると同時に、キミの、ボクの親父の物語でもあるんだ。


忠志の親父は、矢沢永吉に影響されて「裏 成りあがり」という自伝を残していた。
「千江、そしてもうすぐ生まれる子供に贈る」
そこには忠志の知らない、一人の男としての親父の姿があった。

忠志が“親父を知る旅”をこれからも温かく見守りたい。
いやぁ、いい作品です。


【気になる言葉】
オレは・・・・・・オレは何をやっているんだろう・・・・・?
夢中になれるものなんか何もない。
株だって日々の退屈しのぎにやっているだけ。
仕事も女も何もかもが面倒で。
それを変える勇気すらない。
なのに時々、訳もなく孤独に押しつぶされそうになる。
オレはいつからこんなに臆病になってしまったんだろう。
どうしてもっと素直に、自分から周りに愛を求める事ができないんだろう。


成りあがり 矢沢永吉物語 (1) (KADOKAWA CHARGE COMICS (KCC2-4))
きたがわ 翔 矢沢 永吉
角川グループパブリッシング
   19:08 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
Amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード