新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

小坂俊二「中央モノローグ線」は、中央線沿線に住む8人の女子の“つぶやき”ストーリー

俗にいう“中央線文化圏”ってアートな香りがして。
懐かしい昭和の香りや、若者が集まる活気もあって…。
正直ちょっとうらやましい
そんな中央線沿線に住む女子8人の“つぶやき”を綴った作品である。

【あらすじ】
中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪。
吉祥寺、三鷹、武蔵境。
中央線の8つの駅それぞれに住む女子の、各駅ならではの生活を“モノローグ”(つぶやき)で語った4コマストーリーである。

中央モノローグ線01
小坂俊二「中央モノローグ線」(竹書房)

中野のイラストレーター・なのかさん、高円寺の古着屋店主・マドカさん…などなど。
それぞれの駅にピッタリのキャラが“つぶやき”ます。

中野のなのかさんは…。
サンプラザからの人波で人間観察したり、海外オタクツアーの外人にとって秋葉原の前座にすぎないことを嘆いたり。

高円寺のマドカさんは…。
お客さんは年中夏休みのような人々だとため息ついたり、ライブで歌う友人をちょっとまぶしく思ったり。

通り過ぎる人々の足音のように。
降り積もる落ち葉のように。
なにげない“つぶやき”が、いつもは日常の背景である“”を違った角度で輝かせるのだ。

ボクらが見慣れた、そしてボクらの知らない“中央線沿線”がここにはある。

と、そこに住むと。
しっとりとした“呼吸”が感じられる4コマストーリーです。
オススメ。



【おまけ】
個人的には吉祥寺の祥子さんが好きです。
中央モノローグ線02
恋多き女性である祥子さん。
いつも男と別れたコトが語られる祥子さん。
井の頭公園の池で、ひとりボートの練習をする祥子さん…そのあさってに向いた努力が大好きです。ww

中央モノローグ線03
あと阿佐ヶ谷の七夕祭りも行きたくなりました。
楽しそうー。
   22:57 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

美内すずえ「ガラスの仮面」連載再開第11回、シオリーの罠炸裂!!

10/26発売の『別冊花とゆめ』2009年12月号「ガラスの仮面」連載再開第11回が掲載中です!!

【いままでの記事はココ】
美内すずえ「ガラスの仮面」関連まとめ

【あらすじ】
バッグの中に紫織の婚約指輪を見つけたマヤ
返さなきゃ、と訪ねていくと…。
ウェディングドレスを着た紫織がいた。
無防備なマヤに、紫織の罠が炸裂する…!!

前回、マヤのバッグに婚約指輪を入れた紫織に対し、小学生か!ツッコミいれたんですが。
ガラスの仮面0912_01
(↑前回の記事より引用)

まぁ普通に考えたら指輪を盗むなんてムリですよね。
しかもマヤが盗んだなんて、真澄には考えられないハズ。
ガラスの仮面0912_02
さすがに小学生でも分かりそうです。

しかし。
スーパーシオリーに覚醒した紫織にとって、これはタダの布石だった。
婚約指輪を返そうとノコノコやってきたマヤに、シオリーのが炸裂!!
ガラスの仮面0912_04

シオリー「お願い…飲み物を…」

マヤ「どうぞ」

マヤがジュースを差し出した瞬間…!!
シオリーが倒れかかってくる!
「ドン!!」

ガラスの仮面0912_06
きゃああああああ

ガラスの仮面0912_07
ハイ、犯人確定。

ガラスの仮面0912_08
しかもショックで落としたバッグから婚約指輪が転げ出して、真澄も納得のコンボ!!
見事に真澄とマヤの関係にヒビを入れたのである!


さすがはスーパーシオリー
たまたまウェディングドレスの仮縫い中にやってきたマヤに対し、ジュースをかけさせるしたたかさ。
たまたま近くにいた真澄も駆けつけ、たまたま落としたバッグから婚約指輪が転げ出す…!!
(タマタマ多いな…w)

偶然を味方につけた、神がかり的な罠!
覚醒したスーパーシオリーだからこそ可能な高等テクニックである!!

常人には模倣不可能ですので、決して真似しませんように
…ってしねえか。


ちなみにそのころ亜弓さんは…。
ガラスの仮面0912_09
ボオー。
汽笛ではありません。ww

…えっと。
最近、亜弓さんのあつかいヒドくないスか美内先生。ww

次回は亜弓さんのエピソードが進むことを祈りつつ、今宵はここまでにしとう御座います。



【おまけ】
まったく関係ないんですが。
「ガラスの仮面」を読み終わり、次の作品をパラパラめくっていたら。
ガラスの仮面0912_10
ナニコレ!?

もんすげー気になるわコレ!!ww
   22:43 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Twitterはじめました!

Twitterには以前から興味がありました。
でも有効な使い方がわからなくて躊躇していたんですが…。

とにかく、はじめてみました!

フォローも少ないし、ウィジェットは名前のトコが変になってるし…。
まぁ、でもでも。
とにかく使ってみたいと思います!

わりとキチンと記事を書くことが多い当ブログですが、Twitterでは買ったり読んだりした本のタイトルとかをゆるーく書いていこうかなと。
…このへんの使い方もまだまだ考え中なんですけどね。

というわけで、よかったらフォローしてください。w
よろしくお願いしますー。


hebitaroのTwitter
   00:35 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

押切蓮介「猫背を伸ばして」は、ちょっとダークで楽しい“まんが家日記”

朝6時。
仕事を終えて、自転車で気持ちよく走っていたら職質を受ける。
美容室でうっかり“まんが家”とバレて気まずくなる。
…などなど。
「でろでろ」で有名な押切蓮介が日々の思いをつづった“まんが家日記”である。

【あらすじ】
母との生活や学生時代の思い出、バイトの話など…。
まんが家・押切蓮介のちょっとダークで楽しい“まんが家日記”である。

猫背を伸ばして01
押切蓮介「猫背を伸ばして」(Bbmfマガジン)


画材を買いに世界堂に行き、遠回りをして帰ろうと思ったら…。
なぜか高尾山の頂上

そんなまんが家・押切蓮介。
…ちょっと興味が出てこないか!?


本作には、押切蓮介の現在から過去の思い出話まで。
たくさんの“押切蓮介”が描かれているが…。
やはりダークな思い出話が印象的だった。

猫背を伸ばして02
生活のため、ディスカウントショップで働く作者。
だが最悪な上司のせいでストレスは極大値
辞めたくても辞められない切なさを描いた話。

猫背を伸ばして03
虚弱体質なおかげでままならない自分自身に、怒りをぶつける話。

中学時代に暴力教師と対決した話や、バイト先での怪談話…などなど。

ダークでもの悲しい。
けど、どこか笑える余白“”ある。


そんな“押切節”が楽しめる1冊です。

猫背を伸ばして04
いつも猫背で歩いている作者。

だけど、ダークな思い出話も“ネタ”として“消化”して。
過去の“おもり”がとれ、少しだけ背筋が伸びた気がする…そんな物語

先日紹介した「ピコピコ少年」とあわせて読むと、より楽しめるんじゃないかなと思います。


猫背を伸ばして(GAコミックス)
押切蓮介
Bbmfマガジン
売り上げランキング: 241
   23:18 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

「LO」表紙の絵師・たかみち「ゆるゆる」第13回登場!

10/19日発売の『月刊ヤングキング』2009年12月号iconに「COMIC LO」の表紙で有名な、たかみち先生の初めてのまんが作品「ゆるゆる」(第13回)が掲載中!!

たかみち「ゆるゆる」(月刊ヤングキング)関連まとめ

【あらすじ的なもの】
怖がりなのにオカルト好き。
怪談をした日の夜、ひとりで留守番することになったハルカ
だけどそんな彼女に恐怖が襲いかかる…!?

ゆるゆる0912_01
・たかみち「ゆるゆる」(第13話 呼びかけババアの呪い)

のっけからシャワーシーンで“サービスカット”!?
いやいや背後に気配が…。w

風呂場って怖いですよね。
頭を洗ってるときの、無防備な背後とか…。(キャー)

TVの心霊特集を見たあと、夜寝るとき。
月明かりで障子に落ちた影が怖かったのを思い出しました。
懐かしいなぁ。w

…そんな怖がりハルカに助っ人が。
ゆるゆる0912_02
ユキとみさきが来てくれました。
だけどついに…!!
ゆるゆる0912_03
…でた!?


なんとも可愛らしいエピソードでした。
そんなハルカのピンナップカレンダーがコレだ!!
ゆるゆる0912_04
・ピンナップカレンダー(たかみち)

立体感透明感
背景の描きかたとか、色の濃淡、ハイライトの入れ方とか。
印象的なシーンをスッと目の前に提示してくれるたかみち先生の画力に、ホントに驚かされます。

夏、日本のどこかで、こんな場面があった。
そんなイメージとしての“リアルを感じます。

たかみち先生3ヶ月連続のピンナップカレンダー…ということは、あとはユキとみさき!?
そして3枚ならべると大きな1枚の絵になったりするのか!?

…いずれにしても、来月が楽しみですね!!w


さて。
今月は載ってます「ハッピーネガティブマリッジ」!!
ハッピーネガティブマリッジ0912_01
・甘詰留太「ハッピーネガティブマリッジ」

いきなりの刺激的シーンに思わず前かがみになったキミ!!
こいつぁ夢ですよ、夢。ww

なんて残念な…ねえ。w

 
ハッピーネガティブマリッジ0912_03
佐藤啓太郎、30歳…いまだ童貞
女性とどう接したらよいか、わからない。
 
でも…好きになってしまった。
女神のような、あのひとを。

ハッピーネガティブマリッジ0912_02

女性とまともに話せない自分を恥じ、激しい自己嫌悪に。
結婚なんてハードルが高すぎる。

だけど、もしかして…!?
こんな啓太郎に、じつは同じ境遇の先輩もをみていた。

ハッピーネガティブマリッジ0912_04

ケータが結婚できたら

オレだって

かわれると思ったんだよ

結婚。
…それは30男にとってここまで遠い夢なのか…!?

あまりに悲しい30男の現実
啓太郎は一生ぶんの勇気をふりしぼり、ついに電話をかける…!!

そのとき志麻子さんは…。
ハッピーネガティブマリッジ0912_05
ヘコんでました。
…こいつぁ脈アリかも!?

啓太郎の電話でふたりはどうなったのか…。
ぜひ読んでみてくださいな。

次回は12月19日発売2月号
…待ち遠しいなぁ。


さて今月の「おくさん」は?
おくさん0912_01
・大井昌和「おくさん」(第10話)
「おくさん」コミックス第1巻のレビューはこちら。
大井昌和「おくさん」はバスト107cmの天然“おくさん”の楽しい毎日を描いた物語


ノーブラで胸を“ぶるんぶるん”させてました。
107cmの乳をっ!!

ぶるぶるん!

ハアハア。
なんか毎月こんなこと書いてますね…。w

でも、おくさんの胸はだーさん(旦那さん)のものなんですよ。
おくさん0912_02
名前は書いてませんけどね♡


さて今月も『月刊ヤングキング』を取りあげました。
「おくさん」や「ハッピーネガティブマリッジ」を取りあげると、どうしても記事が長くなってしまうので…どうしようか思案中。

いちいちエントリーを分けてたら読むのメンドクサイかなぁ。
でも検索はしやすくなるかもですよね…。
とりあえず、もうしばらくいまの形で様子を見ますね。

ではまた次回!


iconicon
『月刊ヤングキング』2009年12月号 icon
   23:35 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

森薫「乙嫁語り」は、中央アジアのちょっと可愛い嫁物語

ヴィクトリア朝時代のイギリスを描いた「エマ」で有名な森薫の新作は…シルクロード中央アジアが舞台!
カラフルで模様も美しい民族衣装を森薫が描く!
それだけでもうワクワクする…よね!?w

【あらすじ】
舞台は19世紀の中央アジア。
カスピ海周辺の地方都市。
12歳のカルルクのもとにやってきた花嫁は、20歳のアミル
山を越えて遠くの村から嫁いできたアミルと、まだまだ若いカルルク
日々の暮らしとともにふたりの愛は育っていく…。

乙嫁語り01
森薫「乙嫁語り」(1)(エンターブレイン)


8歳年上の“姉さん女房”なアミル。
ちょっと天然で可愛いんだけど…それだけじゃない。
馬上で弓を射てウサギも狩れる“デキる嫁”なのだ!
乙嫁語り02
ウサギ狩りのシーン、めちゃくちゃカッコよくて惚れました
獲物もちゃんとさばけて、頼れる姉さん女房
最高じゃないスか!?

ただちょっと心配性なところも。
カルルクが風邪をひいたとき、おろおろして過剰な看護を。
乙嫁語り03
こんな“弱さ”も魅力的。
カンペキすぎないところがまた…ねえ。w

こんなアミルが嫁なんて…うらやましすぎる。
誰かアミルをボクにください。


だけど不穏な空気も。
アミルの故郷から、彼女を連れ戻そうとする動きがあって…。

カルルクはアミルと幸せな家庭を築けるのか!?
今後の展開に注目…ですね!!


乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森 薫
エンターブレイン


【おまけ】
とにかく画が魅力的!

乙嫁語り04
コミックスを開いて最初のページが上のカット。
ここから一気に“中央アジア”の世界に入り込んじゃいました。

狩りのシーンもそうだけど、衣装、風景、動物…すべてに気持ちが行き届いている感じ。
濃密な空気感とでもいうんでしょうか。

しっかりと“世界”が描かれているから、心地よく物語にトリップできるんですね。
とても良心的な作品だなぁ、と思いました。


こんな良心的な(?)作家・森薫の関連記事を。

コミックナタリー Power Push 森薫「乙嫁語り」
ジャンプスクエア 森薫先生 直撃インタビュー完全版

コミックナタリーの記事は、森薫先生が作画する動画(!)があるので要チェックですよー。
   23:43 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

『月刊少年マガジン』2009年10月号で、雷句誠「アオソラ」を読んだ!!

10月10日の「王様のブランチ」でやっていた雷句誠特集。
そこに映し出された作品に、ボクのまんがレーダーがピリッときた。

これを読みたい…いや読まなくちゃダメだ

それは『月刊少年マガジン』2009年10月号に掲載された「アオソラ」である。

【あらすじ】
小学3年の時乃アオ雪間ヒデは、いつも一緒にガンプラを作る友だち同士。
ある日、模型屋の帰り道、ふたりは悲鳴を聞く。
同じクラスの浅倉裕子の声だった。
彼女の視線の先を見ると、車に轢かれた犬が車道に横たわっていた…!
アオヒデ裕子
3人の関わりと心の成長を描いた、作者の自伝的な作品である。

アオソラ01
・雷句誠「アオソラ」

車道に横たわった犬は、かろうじてまだ生きていた
だが…。
大人は誰も助けようとしない。
アオソラ02
ヒデは黙って犬を助ける。
そして助けた河原で、犬は死んだ。

その後、裕子は絵を描いてアオとヒデに見せた。
絵は、あの日の犬の元気な姿だった…。
アオソラ03

裕子に刺激され、絵が上手いアオにくわえて、ヒデも絵を描くと宣言。
3人は意識して絵を描きはじめる…。


いやもう、泣きそうになったよ犬を助けるシーン。
まっすぐで、つよくて、カッコいい。
信念のあるヒデの行動に、心から感動した

そしで、ズキンときた。
もしボクがその場に居合わせたら。
犬を助けず、見ないふりをした大人だったんじゃないか…!?
アオソラ04
くだらない大人になりたくない。

そんな“子供のころの視線”を忘れずにいたい。
そんな風にも思えました。


あと読み返して、裕子ちゃんの絵もいいよなー。
あんな事件のあとに、こんな絵をね…。
なんか泣けるわ、ホントに。


後半、アオたちの中学時代がまた感動的なんですが…ネタバレすぎてもつまらないのでこのへんで。

なんかこう、体の芯が熱くなるような。
何かをせずにはいられなくなる…そんな“”を秘めた作品でした。

雷句誠といえば「編集さんとトラブっちゃったアブナイ人」と思ってしまったキミにぜひ読んでいただきたい。
(つか自分がそうでした…スンマセン)
コミックス収録もどうなるのかわからないので、雑誌のバックナンバーでぜひ。
心からオススメできる佳作です。
iconicon
『月刊少年マガジン』2009年10月号 icon
   00:04 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

押切蓮介「ピコピコ少年」は、ゲーム野郎必見のファミコン熱中伝!!

TVの中のキャラを動かす、快感。
あやしく不安げな電子音…。
まさに“ピコピコ”していたファミコン世代の作者が描く、自伝的ゲーム青春録である。

【あらすじ】
小学1年生にしてゲームに熱中していた作者
幼なじみの女の子の影響で“ファミコン”にどっぷりハマる。
ゲームに取り憑かれたような青春は、ここからスタートする…!!

ピコピコ少年01
押切蓮介「ピコピコ少年」(太田出版)

ファミコンに熱中するあまり学力は最低。
反射神経はあるぜ! と豪語するもドッヂボールの球は避けられない。

三次元女性より二次元を選び、エロゲーに性春を捧げる…。
典型的な“非リア充”。

だが、それがなんだ!?

アホだのキモイだのいわれても。
コントローラーを握り、感情を叩き込み続ける。
ただただ純粋に、貪欲にゲームの世界にすべてを捧げた作者。

…それは、まぎれもなくだ。

現実かどうかなんて関係ない。
心から追い求めるモノがあっただけで、その時間は幸せだったのだ。
と断言しておきたい。

ゲームだってなんだって、熱中したもん勝ちですよ。
楽しんだ記憶は、宝物ですから。


で、ボクが気になったのは幼なじみの貴音ちゃん。
ピコピコ少年02
作者がファミコンにハマるキッカケとなった彼女。
その悪魔的な表情に、目がクギヅケになった。
ピコピコ少年03
なにこの甘美な誘惑
ボク、貴音ちゃんとなら堕落していいッス!ww


あとすごく個人的で申し訳ないんですが…。
ものすごく共感したのが、癇癪(かんしゃく)のエピソード。
ピコピコ少年04
誰しもコントローラーを投げつけたことくらいあるハズ。
まぁ、コントローラーくらいはね…。

ボクは恥ずかしながら、スーパーファミコン2台ぶっこわしました。
癇癪で。

それで、修理しようとノコギリで切断したり。
…なに考えてたんだろう、自分。ww


それはともかく。
秘密基地を作って友達とゲームボーイしたり。
ゲームショウに徹夜でならんだり。
なかなかにキてる“ゲーム野郎”の青春が追体験できるぞ!

プレステとサターン、どちらを買うか悩んでサターンを選んだキミ!
本作をとくに強くオススメします!


ピコピコ少年
ピコピコ少年
posted with amazlet at 09.10.10
押切 蓮介
太田出版

   23:24 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

田中ユキ「いもうとデイズ」は、健気な妹がかわいくて…おもわず妹がほしくなる?物語

【あらすじ】
売れないホスト・悠太のもとに、6年ぶりに親父がやってくる。
親父悠太が知らないうちに再婚していた。
…子連れのフィリピン人と。
その再婚したは交通事故で入院中。
悠太は“妹”になったフィリピン人少女・ディアナをしばらく預かることになる…!!

いもうとデイズ01
田中ユキ「いもうとデイズ」(1)(講談社)


突然、妹になったディアナはフィリピン人。
言葉もろくに通じなくて、生活習慣もちがう。
しかも10歳…人間が“デキて”ない悠太には、めんどくさい存在としか思えない。

だけど…。
冬の寒いなか、冷たい水で汚れたスーツを洗ってくれたり。
悠太が熱をだしてたら、一生懸命、おかゆをつくってくれたり。
なにより、こんなこといわれたら…。
いもうとデイズ02

オニサン ディアナ

キライ……イヤデス

オニサン ヤサシイ

惚れてまうやろー!!

ディアナ…おそろしい子!!

こんな健気でかわいいディアナと日々を過ごすうち、悠太もだんだんと“保護者”らしくなっていく…。
うん、いい話じゃないか。

ボクはディアナちゃんのこんな笑顔が見られればOKです。
いもうとデイズ03

あと、こんなのもあったりして。
いもうとデイズ04
だれかこんな妹くれーい!ww


   23:02 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

谷川史子「P.S.アイラブユー」は、仕事に没頭した独身女性の“もうひとつの可能性”を描いた物語

いまに不満があるわけじゃない。
だけど…。
もしあのとき、こうしていたら。
ふとしたときに振りかえる、過去の分岐点。
もしも枝分かれした先、もうひとつの可能性を見ることができたら。
私たちはなにを感じるのだろう。

【あらすじ】
伊勢一三子、33歳独身。
ドイツ語の翻訳家としてバリバリ働く“仕事大好き人間”である。
そんな一三子は、図書館で9歳の草市くんと出会う。
子供が苦手で最初は腰が引けていた一三子だけど、だんだん草市くんと親しくなっていく…。
表題作「P.S.アイラブユー」前後編+「Room201」3編、計5編の短編集。

P.S.アイラブユー01
谷川史子「P.S.アイラブユー」(集英社)

うしろから突然話しかけてきて。
自分の都合で帰っていく。
のびのびと明るい草市くんに振り回されていた一三子だけど…。
P.S.アイラブユー02

またあしたねー!

太陽みたいな笑顔にあったかくなって。
一三子のこころに小さな陽だまりができた。

…でも。
自分と同い年くらいの草市くんのお母さんを見て。
思いをめぐらせてしまった。
P.S.アイラブユー03
もし、あのとき結婚していたら。
草市くんみたいな息子がいたのかもしれない。

仕事は大好きで、いまが一番しあわせ。
選んだ道に後悔していない。
だけどだけど…。
それが正しいのかは、誰にもわからない。

一三子のまえに突然あらわれた“もうひとつの可能性”。
切なさはもちろんあった。
でも、それ以上に草市くんは愛おしかったんだ。
P.S.アイラブユー04

バイバイ、またね!

この地球のどこかで、草市くんは笑顔で生きている。
それを思うだけで、一三子は頑張れる気がした…。


いくらいまが充実していても。
“あのときこうしていれば”って思いは誰にもある。
だからこそ“失われた可能性”をネガティブに考えたくない。

あのとき選んだ自分がいたから、いまの自分がある。
過去に選んだ道が失敗だと感じていても、それを含めていまの自分を肯定したい。
みんなそうです…よね?

そんなあなたの背中の荷物が、ちょっとだけ軽くなる物語。
明日の朝は空を見あげて、大きく息を吸ってから会社にいこう。
…そんな気分にさせてくれます。

やっぱり谷川史子の短編にハズレはないですね!



   23:59 | Trackback:0 | Comment:4 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード