新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

美内すずえ「ガラスの仮面」連載再開第14回、送られた最後のバラ

1/26発売の『別冊花とゆめ』2010年3月号に「ガラスの仮面」連載再開第14回が掲載中!!

【いままでの記事はココ】
美内すずえ「ガラスの仮面」関連まとめ

【あらすじ】
部屋中に鈴をつるして特訓中の亜弓
少しずつ、いままでと違った演技に目覚めつつあった。
いっぽうのマヤには、紫のバラが届けられるが…。

ガラスの仮面1003_01

娘の狂気じみたw特訓に「手術を受けなさい」と説得する母。
紅天女を諦めれば、前途洋々たる女優としての未来がまっている。
まあ…母としては止めますよね、確実に。
ボクも娘がこんなコトしてたら「目ェ治せや!」とツッコミますね。

でも亜弓さんはキッパリといいます。
ガラスの仮面1003_02

わたしの人生よ

どうするかは

わたしが決めるわ

ママ…!

カッケェェェェーーー!!!
もう紅天女は亜弓さんでいいんじゃないか!?(←おい!!w)
つか、はやく試演が観たいというのが本音です。ww


いっぽうのマヤ。
紫のバラが届くんだけど…。
ガラスの仮面1003_03
ガラスの仮面1003_04
最後のバラ…!?
ま・さ・か。

ガラスの仮面1003_05
キターー!!
紫織のイヤガラセ炸裂!
思いのほかクリーンヒットらしく、もう立ち上がれない様子。
ガラスの仮面1003_06
ガクガクいっちゃってます。
マヤってメンタル弱いな…。
こんな様子で試演は大丈夫なんでしょうか。
試演はしばらく先だから平気!?
それを言っちゃおしまいですYO!ww


つか、紫織はあのあと拾って箱詰めしてたんですね。
えれェマメじゃんよ紫織。

で、このマヤの状況をいち早く感じていた人がいた。
ガラスの仮面1003_07
水城さんキターーァァ!!
そろそろスパイからエスパーに格上げしたほうがいいの…か!?

ちなみに真澄タンは。
ガラスの仮面1003_08
また白目むいてました。w
仕事とか、いろいろ大丈夫か!?
紫織にもマヤにも振りまわされっぱなしじゃんよ。

そろそろ真澄タンのデキる男っぷりも見たいのですが…ねえ。w




【追記】
更新が遅れてすみませんでした。
ツイッターでもつぶやきましたが、ちょっと仕事が尋常じゃなくいそがしかったのです。
とりあえず山は越えたので、2月はがんばります!
今後ともよろしくお願いしますー。
   00:25 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Web拍手への返事(2010年)のページをつくりました。

Web拍手への返事はずっと1つのページ(記事)でした。
いいかげん長くなってしまったので、1年ごとにページ(記事)を増やしていくことにしました。

Web拍手への返事(~2009)
Web拍手への返事(2010)

(~2009)は、去年までのコメントへに対するお返事。
(2010)は、2010年のコメントへのお返事です。

Web拍手でのコメントはとても嬉しいです!
気づいた時点でお返事を書きますので、感想をお聞かせください。


管理人にだけメッセージを送る”にチェックをいれた拍手コメントに関しては、“匿名希望”さんとしてお返事いたします。
その他の方は、基本的に名前を書いてお返事します
名前を伏せたいかたは、“管理人にだけメッセージを送る”にチェックをお願いします。

今年も「まんが人blog」をよろしくお願いします!
   09:35 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

やまむらはじめ「天にひびき」は、天才指揮者と奏者たちの音大青春ストーリー

【あらすじ】
オーケストラの練習を観に行ったヴァイオリン少年・久住秋央
だがムードはよくなかった。
指揮者はイメージを伝えるのに苦戦、練習は時間をオーバー。
ようやく休憩に入ったとき…ひとりの少女が現れる。
曽成ひびき
指揮者の娘という彼女は、突然指揮をはじめる。
そればかりか、プロの奏者たちを“音楽の高み”へと導いていく…!!
“奇蹟”を目撃した秋央は音楽大学に入り、そこでひびきと再会する…。

天にひびき01
やまむらはじめ「天にひびき」(1)(少年画報社)

天才”というと求道者感性鋭く内にこもったイメージがつきまとう。
しかし、ひびきは天真爛漫天衣無縫
いつの間にか人を巻きこみ、場の中心にいるようなキャラクター。
天にひびき02
子供のころから彼女の音楽に魅せられていた秋央は、ひびきの登場に動揺する。
追い求めていた理想が、そばにある。
かがやく才能が、手のとどく場所にいる。

否応なしに自分の力量との差を実感し、焦りを覚える。
それゆえに空回りし、次第に苛立ってくる。
そんな秋央に、ひびきはいう。

そっちはいつだって

演奏できる自分の楽器があるでしょう!

自分の音楽を探す事は

いつだって出来るって事よ!

指揮者は自分で演奏するわけではない
奏者がいなくては、自分の理想とする音楽を実現できないのだ。
そんな奏者たちと出会えるのかも、未知数
でも、だからこそ。
天にひびき03

だからこそ強く

つよく

自分の内に音楽を奏でておかなくちゃ なんないんだ

奏者ひとり1人の心の中にある、“音楽”。
秋央は自分の内に流れる“音”を追い求め、少しずつ努力をつづける…。

音大を舞台に、若者たちが才能と、自分と向きあう青春ストーリー。
オススメです。

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)
やまむら はじめ
少年画報社
   23:55 | Trackback:1 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード