新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

「ガラスの仮面」未刊行部分“おやりなさいませ”拝見ツアーに行ってきました!

6/25発売の『別冊花とゆめ』8月号 は「ガラスの仮面」休載中。
ということで、かねてから行きたかった国会図書館に行ってきました。
国会図書館へ03
もちろん“おやりなさいませ”をこの目で確認するために…!!(クワッ

じつは“おやりなさいませ”、かなり昔にネットで見て以来、長年確認してないんですよ。
正直、記憶が薄れてきているので、今回ガチで確認してきました。^^

あ、ちなみに肝心のトコの画像は掲載できません、スミマセン。
手順を詳細に記しておきますので、ガッツ出して見に行きましょう♪

(11/25追記)
国会図書館は普通の図書館と違い、休館日が特殊です。
行く前にぜひ、休館日カレンダーをご確認ください。

・利用時間 休館日
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/time.html


☆前準備☆
まずは“おやりなさいませ”が『花とゆめ』の何年何月号に掲載されていたか調べます。
下記のサイトによると「1991年17号(318話)」ということが分かりました。

(参考)
ガラスの仮面の最強?改稿・未刊行リスト

つぎは、蔵書検索で国会図書館に『花とゆめ』の1991年17号(318話)があるかどうか調べます。
(参考)
国立国会図書館


資料の検索NDL-OPAC(蔵書検索・申込)をクリック
国会図書館01
※クリックで拡大


一般資料の検索/申込
をクリック
国会図書館06
※クリックで拡大


「和図書」のチェックを外し「和雑誌新聞」をチェックした上で『花とゆめ』を検索
国会図書館02
※クリックで拡大


検索結果から『花とゆめ』をクリック
国会図書館03
※クリックで拡大


左下、所蔵詳細/申込みをクリック
国会図書館04
※クリックで拡大


さかのぼっていくと…ありました!
国会図書館05
『花とゆめ』“おやりなさいませ”号、ちゃんとありました!
本が傷んでいたら閲覧できない場合もあるので、要チェックですよ~。

☆いざ国会図書館へ!☆

準備長ぇww
だけど国会図書館でも上記の検索方法と同じなので、慣れておくとよいよ~♪

さっそく国会図書館のある「永田町」へ…!!
国会図書館へ01

3番出口から出ます。
国会図書館へ02

あっけなく到着。
いよいよ中に入りましょう!!
国会図書館へ04


まず専用の端末に住所・氏名などを入力。
“館内利用カード”を発行してもらいます。
ロッカーに荷物を預けたら、いよいよ内部に潜入です!

検索用の端末で『花とゆめ』“おやりなさいませ”号を検索します。
前準備のとき、国会図書館のHPで検索したのと同じ要領で検索。
閲覧申し込みをします。

国会図書館は閉架式なので、検索して閲覧を申し込まないと何も見られないのですよ…。

受け取りは“雑誌カウンター”で。
雑誌が届くと、入館するときにゲットした“館内利用カード”の番号がモニタに映し出されます(病院みたいw)。
届き次第、受けとりましょう。

受けとった『花とゆめ』1991年17号の表紙は「ぼく地球」!!ww
懐かしすぎるww
ほかにも「メイプル戦記」「動物のお医者さん」が載っていて、かなり懐かしかったですね~♪
そ・し・て。
もちろん“おやりなさいませ”もな!ww

…ん?
こ、これは…!?

あれ…意外でした。
“おやりなさいませ”って、ホテルマリーンの鍵を渡しながらのセリフと記憶していたんですが。
違いましたwww

長い時間の中で、記憶の混乱が生じていたようですw
真澄さんとの掛け合いで、聖さんがわりとあっさり言ってました

よく考えたら…。
ホテルの鍵を渡しながらだと、生々しすぎですよねwww
脳内補正いい加減すぎwww

せっかくなので、複写して家宝にすることにしました。


複写は1階の“複写カウンター”で。
端末からプリントアウトした用紙に、ページ数やコピーの大きさを記入。
雑誌にしおりをはさんで窓口に提出します。
(コピーは中の人がやってくれます)

B4見開きでコピーしてもらうことにしました。
コピー代は1枚24円(+消費税)。
館内利用カードの番号がモニタに出たら、受け取りカウンターで受けとります。
(コピー代の支払いもそこで行います)

“おやりなさいませ”ゲットだぜ!!ww
おやりなさいませ01
ちなみにコピー代は327円でした。

ついでに“郵送複写サービス”が使える“登録利用者”になってきました。
登録利用者制度のご案内

免許証など本人確認書類が必要ですが、比較的短時間で終了。
これでいつでも未刊行部分が取り寄せできるわけです…ムフフフ♡

…という感じの“おやりなさいませ”拝見ツアーでした♪
カメラ持ち込み不可なので、館内の写真がないのが残念なところ。

なんとなく敷居が高かった国会図書館ですが、行ってみたら楽しかったです!
関東近県の皆さんには、ぜひ一度行ってみることをオススメします!

閲覧だけならお金もかかりませんしww
未刊行部分、楽しいですよ♪
   00:41 | Trackback:0 | Comment:25 | Top

「LO」表紙の絵師・たかみち「ゆるゆる」第30回登場!

6/20日発売の『月刊ヤングキング』2011年8月号 iconに「COMIC LO」の表紙で有名な、たかみち先生の初めてのまんが作品「ゆるゆる」(第30回)が掲載中!!

たかみち「ゆるゆる」(月刊ヤングキング)関連まとめ

【あらすじ的なもの】
トリさんに餌をあげる、ハルカみさきユキ
だけど何度あげても他のトリに食べられてしまう、弱っちいトリさんが1羽。
ハルカたちは、あの手この手で食べさせようとするんだけど…!?


ゆるゆる1108_01
・たかみち「ゆるゆる」(第30話 最弱決定戦)


要領が悪いというか、ただニブイというか。
他のライバルがいないトコに投げてもらったはずが…。
ゆるゆる1108_02
コイの野郎に食われちゃう。
このコイ、得意気な顔してんなww
若干イラつくわww

陸地なら大丈夫!!
ユキちゃんのナイスアイデアだけど…。
ゆるゆる1108_03
カメの野郎に食われちゃう。

いやー。
コイツ動物界最弱じゃね!?ww
なんていってたら…エライことになってしまうんだけど…。
ゆるゆる1108_04
…というお話。


なんか兄弟でおやつの奪いあいをしてたころを思い出しましたw
兄貴は要領がいいから、ひとりずつに分けられたお菓子には手をつけないのよ。
食べるのは、場に出されたお菓子がなくなってから

分けられたお菓子は減らないから、残しておいてOKなんだよな…。
3歳年上の兄貴の知恵に、弟として震撼しましたよw
まさに、コイとカメに餌食われてポカンの状態ですわwww


さて。
今月号のピンナップは、うるし原智志
ピンナップ1108
・うるし原智志(ピンナップ)

(トリミングしてあります)

日本刀×女子の組み合わせ、イイですね~!
凜とした空気が伝わってきてドキッとします。
そして艶っぽさ。
1枚のピンナップですが、多層的な印象を伝えてくれる。
うるし原智志さんの画に込められた“思い”の強さなのかもしれません。


『月刊ヤングキング』は次号リニューアル!!
平綴じになって大増ページ!!
(マジか!?)
「ツマヌダ格闘街」「ブロッケンブラッド」「ブレイドブレイカー」と、『OURS』から3作品が移籍連載開始!!
月刊ヤングキング1108
変化がハゲしすぎて、若干不安なのですがww
いままで通り、ちゃんと買えるかしら!?
品薄とかにならないといいなぁ…。

とにかく、応援するぜ!ww

月キン1108
『月刊ヤングキング』2011年8月号 icon


りとうのうみ (WANIMAGAZINE COMICS)
たかみち
ワニマガジン社
   00:23 | Trackback:0 | Comment:4 | Top

カサハラテツロー「ザッドランナー」は、疾走感と、ひと癖もふた癖もある女のコが魅力の新感覚ロボットまんが。

【あらすじ】
2人1組、2台のロボットで疾走するスポーツ…XAD(ザッド)。
布袋千明(通称ポテチ)は、先輩とのコンビで出場する大会を楽しみにしていた。
だが先輩はケガにより出場を断念。
ポテチは新たなパートナーを探すのだが…。


ザッドランナー06  
カサハラテツロー「ザッドランナー」(1)(新潮社)


ライドバック(「RIDEBACK」(小学館))、タンデマイン(「タンデムLOVER」(芳文社) )など。
さまざまな搭乗型ロボットを描いてきた作者。
本作で描くのは“エクストリーム・スポーツ”として用いられるロボットである。

エクストリーム(extreme)とは“過激な”という意味。
BMXやスケートボードなど。
技のスピードや高さ、華麗さを極限まで追い求める、危険なスポーツ

その“過激さ”をロボットで追求するのが“XAD(ザッド)”である。

危険度ゆえに、天性のセンスと度胸が必要な競技。
新しいパートナーはまったく見つからない。
そんなポテチが目撃したのは。

民家の屋根から隣の建物へ
華麗なるジャンプで飛び移る少女の姿…!!
ザッドランナー01
彼女の名は飴園小梅
センスと度胸に惚れこんたポテチは、小梅に“バートナーになってくれ”と頼む…!!


この小梅がまたとんでもない爆弾娘
クチは悪いし攻撃的だし。
中学時代は角材で教師を痛めつけた伝説を持つ“鬼姫”。

ザッドランナー02
だがやはりセンスは抜群
初めて乗ったロボット、ザッドランナーを感覚で操ってしまう

さらに…操作できると分かったら、いきなり暴走
ザッドランナー04
初めて乗ったバイクで校内を暴走するような暴挙
想像を超える度胸っぷりにコーヒー吹きそうになりましたw

だけど…。
初めて乗ったロボットで走りまわって。
爽快感を味わった彼女の笑顔が可愛すぎるのである。
ザッドランナー05

し・か・も。
パートナーになってくれ”といったポテチのセリフを。
告白と勘違いしたようで…。

波瀾万丈は必至ですね♪ww

2人1組。
コンビを組んで競技する“XAD(ザッド)”で、ポテチと小梅は心を1つにできるのか!?

過激なスポーツ“ザッド”におけるロボットの疾走感
ひと癖もふた癖もある、小梅のセンス&度胸!!(あと可愛さw)
魅力がてんこ盛りの新感覚のロボットまんが
なかなかよいですよ~♪


ザッドランナー 1 (BUNCH COMICS)
カサハラ テツロー
新潮社 (2011-06-09)
   00:07 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

小坂俊史「遠野モノがたり」は、遠野に住む女子たちがモノローグで語る“遠野”ものがたり!

【あらすじ】
舞台は岩手県遠野。
東京・中野から遠野に引越した瀬戸なのか、生粋の遠野っ子で女子高生・みどり、10年ぶりにUターンしたアヤ
そして…なのかの部屋に棲む座敷わらし(エッ)。
4人の登場人物がモノローグで語る“遠野”のものがたりである。


遠野モノがたり01
小坂俊史「遠野モノがたり」(竹書房)


前作「中央モノローグ線」にも登場した、イラストレーター・なのか
ひとりで描いて、できた作品はメールで送信。
いつも通りの引きこもり生活
場所は中野から遠野になったけどな!w

じつは“かまくら”に憧れてたり。
遠野モノがたり03

マイナス10度
のなか、雪をモノともせずに流れる川を見て。
なぜか“あったかそう”と感じたり。
遠野モノがたり05

寂れた商店街にできた“雪かき”の跡に人の気配を感じたり。
日々の“遠野ぐらし”での“実感”が淡々と、切々と描かれていて。
とても穏やかな気持ちになれるんです。

ちなみに作者の小坂俊史さん。
実際に遠野に移住されて2年とのこと。

きっと小坂さんが肌で感じたこと
思ったことの“感覚”が再現されてるからなんでしょうね。

遠野モノがたり04
進路に悩む女子高生・みどり。

遠野モノがたり07
Uターンしてきたアヤ。

遠野モノがたり02
なのかの部屋の座敷わらし。

4人のキャラが語りかけてくる“遠野”のものがたり。

語り部によって語られる昔話のように。
雪のように静かに降り積もる感情と。
真冬のストーブのように温かく包んでくれる感動と。
とても読後感のいい4コマ作品です。

遠野モノがたり08

前作「中央モノローグ線」とともにオススメです♪



遠野モノがたり (バンブーコミックス)
小坂 俊史
竹書房 (2011-05-27)
   00:09 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

宮原るり「僕らはみんな河合荘」は、残念なキャラたちの破壊的日常が楽しい、ひとつ屋根の下“ラブ”コメディ!!

【あらすじ】
親の事情で1人暮らしをすることになった、高校生の宇佐
下宿先の“河合荘”には、憧れの律先輩も住んでいて…!!
ドキ♡ドキの下宿生活が待っている…と思いきや。
残念な住人たちに引っかき回される痛々しい日々がつづくのでした…。


僕らはみんな河合荘01
宮原るり「僕らはみんな河合荘」(1)(少年画報社)

本を読むのが大好きで。
自分の世界をもっている律先輩
なかなか素直に感情を表に出さないんだけど。
たまに見せる笑顔が可愛くて…!!
僕らはみんな河合荘05
思わずドキッとしてしまう。

…だけど。
こんな宇佐くんのささやかな青春も“河合荘”の面々にかかれば、アッという間に粉々にクラッシュ☆ですよーww

ヘタレでMのシロさん
僕らはみんな河合荘02

シロって呼んで
できるだけ犬っぽく

うぜえぇぇぇぇぇww

男運も酒グセも悪い麻弓さん
失恋中に声をかけたら、このあつかい。
僕らはみんな河合荘03

あんな童貞くさい奴にさえ
見向きもされない私って……

めんどくせぇ~ww

そして小悪魔…つか悪女!?
男をたぶらかしていじくっちゃう彩花さん
僕らはみんな河合荘08

家は秘密にしてたのに…
尾行が上手いとは思わなかった
ツメが甘かったな…

サイテーやww


ウザい・めんどくさい・サイテー。
恐怖の3バカトリオが“河合荘”で大暴れw

小ネタ下ネタどんとこい!w
僕らはみんな河合荘04
いやもう最低w(ホメてます)

こんな猛獣たちの檻の中ともいえる“河合荘”で。
少しずつ、少しずつ。
律先輩と心を近づけていく宇佐くん。
僕らはみんな河合荘09
青春ですなー!

思わず応援したくなっちゃいました。
宇佐くんが、あまりに不憫すぎるのでww

下ネタ暴走ワールドに加えて青春ラブ成分も楽しめる。
…ときどきだけどな!w
ちょっと変わった“ひとつ屋根の下”ラブコメディ

キャラの掛け合いが最高に楽しい1冊です♪

オススメ!


   13:04 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

西炯子「姉の結婚」は、“ひとり”を決めこんだアラフォー女子におとずれた、火花のような“恋物語”。

【あらすじ】
結婚、恋愛に嫌気がさして故郷に戻った岩谷ヨリ。
ヨリはいわゆる“アラフォー”世代である。
図書館でテキパキと働く彼女の前に、イケメン精神科医があらわれる。
強引に近づく彼、真木誠ヨリとかつての同級生だというのだが…。


姉の結婚04
西炯子「姉の結婚」(1)(小学館)

東京でなにかがあって。
しんどくなって帰ってきた故郷の地
 
ひとりでいるのが苦痛じゃなくて。
むしろひとりが気楽でいい。
姉の結婚05
女ひとりでこれからの人生。
淋しさを背負う勇気覚悟もあるつもり。

穏やかに朽ちていくような。
老後を見すえていた…。

そんなヨリの前に、男があらわれる。
姉の結婚02
精神科医・真木誠。
強引すぎる手段でヨリにせまる真木。

“あなたはほどほどの愛しか知らない”。

まるで火花のように。
ヨリのかたくなな心を、激しくかき乱す過激なアプローチ
姉の結婚03
ヨリさんの職場、図書館に押しかけて…。
激しいな、オイ!w

だけどだけど。
彼女にとって恋は遠い日の花火のようで…。
“ひとり”を決め込んだヨリのを動かすには。
生半可なコトでは難しいのかもしれません。

結婚間近の同僚を“いいなー”と遠い目で見守る。
そんなヨリの“結婚”“恋愛”は…!?
姉の結婚06

いっそ
本気で好きで愛してくれたら
私はラクになるのかしら?

真木の犯罪スレスレ(w)のアプローチに、冷静なヨリさんがわたわたするのが、ちょっと可愛かったりします。^^
アラフォーはまだまだ女ざかり!!
ヨリは真木と結ばれるのか…!?
“ひとり”を貫き通すのか!?
それとも…!?
これからの展開から目が離せませんね♪


   00:17 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

2011年5月に買ったコミックス(新刊のみ)

5月は沖縄に行ったりしました。
でしたけどwww
その影響もあってか(?w)、5月購入分はちょっと少ないでしょうか。

201105購入記録01
201105購入記録02

大和和紀「イシュタルの娘」(3)(講談社)
ジョージ朝倉「溺れるナイフ」(12)(講談社)
井上智徳「COPPELION」(10)(講談社)
鈴木マサカズ「七匹の侍」(1)(講談社)
谷川史子「おひとり様物語」(3)(講談社)
一色登希彦「水使いのリンドウ」(1)(集英社)
内藤泰弘「血界戦線」(3)(集英社)
森田まさのり「べしゃり暮らし」(12)(集英社)
原秀則「王様のホームタウン」(1)(小学館)
河合克敏「とめはねっ!」(8)(小学館)
西炯子「姉の結婚」(1)(小学館)
森生まさみ「もちもちの神様」(2)(白泉社)
麻生みこと「そこをなんとか」(5)(白泉社)
杉基イクラ「ナナマルサンバツ」(1)(角川書店)
よしだもろへ「いなり、こんこん、恋いろは。」(2)(角川書店)
笠井スイ「ジゼル・アラン」(2)(エンターブレイン)
笠井スイ「月夜のとらつぐみ」(エンターブレイン)
宮田紘次「ヨメがコレなもんで。」(エンターブレイン)
コージィ城倉「ももえのひっぷ」(3)(4)(日本文芸社)
Magica Quartet/ハノカゲ「魔法少女まどか☆マギカ」(3)(芳文社)
小野寺浩二「カバディ7」(1)(メディアファクトリー)
宮原るり「僕らはみんな河合荘」(1)(少年画報社)
押切蓮介「サユリ」(2)(幻冬舎)
遠藤彩見/佐藤いづみ「冷蔵庫探偵」(1)(徳間書店)
おかざき真里「& アンド」(2)(祥伝社)
小坂俊史「遠野モノがたり」(竹書房)


またレビュー少なめの月になってしまいましたが…。
6月はもうちょっと増やしていきたい!
(毎月いってますが…w)

いやいや。
今度こそ本気w
たまった良書のレビュー書かないうちは、安眠できない!
頑張るぞ~♪

という感じで、6月もよろしくお願いします☆
   00:38 | Trackback:0 | Comment:2 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード