新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

「ガラスの仮面」未刊行部分“おやりなさいませ”拝見ツアーに行ってきました!

6/25発売の『別冊花とゆめ』8月号 は「ガラスの仮面」休載中。
ということで、かねてから行きたかった国会図書館に行ってきました。
国会図書館へ03
もちろん“おやりなさいませ”をこの目で確認するために…!!(クワッ

じつは“おやりなさいませ”、かなり昔にネットで見て以来、長年確認してないんですよ。
正直、記憶が薄れてきているので、今回ガチで確認してきました。^^

あ、ちなみに肝心のトコの画像は掲載できません、スミマセン。
手順を詳細に記しておきますので、ガッツ出して見に行きましょう♪

(11/25追記)
国会図書館は普通の図書館と違い、休館日が特殊です。
行く前にぜひ、休館日カレンダーをご確認ください。

・利用時間 休館日
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/time.html


☆前準備☆
まずは“おやりなさいませ”が『花とゆめ』の何年何月号に掲載されていたか調べます。
下記のサイトによると「1991年17号(318話)」ということが分かりました。

(参考)
ガラスの仮面の最強?改稿・未刊行リスト

つぎは、蔵書検索で国会図書館に『花とゆめ』の1991年17号(318話)があるかどうか調べます。
(参考)
国立国会図書館


資料の検索NDL-OPAC(蔵書検索・申込)をクリック
国会図書館01
※クリックで拡大


一般資料の検索/申込
をクリック
国会図書館06
※クリックで拡大


「和図書」のチェックを外し「和雑誌新聞」をチェックした上で『花とゆめ』を検索
国会図書館02
※クリックで拡大


検索結果から『花とゆめ』をクリック
国会図書館03
※クリックで拡大


左下、所蔵詳細/申込みをクリック
国会図書館04
※クリックで拡大


さかのぼっていくと…ありました!
国会図書館05
『花とゆめ』“おやりなさいませ”号、ちゃんとありました!
本が傷んでいたら閲覧できない場合もあるので、要チェックですよ~。

☆いざ国会図書館へ!☆

準備長ぇww
だけど国会図書館でも上記の検索方法と同じなので、慣れておくとよいよ~♪

さっそく国会図書館のある「永田町」へ…!!
国会図書館へ01

3番出口から出ます。
国会図書館へ02

あっけなく到着。
いよいよ中に入りましょう!!
国会図書館へ04


まず専用の端末に住所・氏名などを入力。
“館内利用カード”を発行してもらいます。
ロッカーに荷物を預けたら、いよいよ内部に潜入です!

検索用の端末で『花とゆめ』“おやりなさいませ”号を検索します。
前準備のとき、国会図書館のHPで検索したのと同じ要領で検索。
閲覧申し込みをします。

国会図書館は閉架式なので、検索して閲覧を申し込まないと何も見られないのですよ…。

受け取りは“雑誌カウンター”で。
雑誌が届くと、入館するときにゲットした“館内利用カード”の番号がモニタに映し出されます(病院みたいw)。
届き次第、受けとりましょう。

受けとった『花とゆめ』1991年17号の表紙は「ぼく地球」!!ww
懐かしすぎるww
ほかにも「メイプル戦記」「動物のお医者さん」が載っていて、かなり懐かしかったですね~♪
そ・し・て。
もちろん“おやりなさいませ”もな!ww

…ん?
こ、これは…!?

あれ…意外でした。
“おやりなさいませ”って、ホテルマリーンの鍵を渡しながらのセリフと記憶していたんですが。
違いましたwww

長い時間の中で、記憶の混乱が生じていたようですw
真澄さんとの掛け合いで、聖さんがわりとあっさり言ってました

よく考えたら…。
ホテルの鍵を渡しながらだと、生々しすぎですよねwww
脳内補正いい加減すぎwww

せっかくなので、複写して家宝にすることにしました。


複写は1階の“複写カウンター”で。
端末からプリントアウトした用紙に、ページ数やコピーの大きさを記入。
雑誌にしおりをはさんで窓口に提出します。
(コピーは中の人がやってくれます)

B4見開きでコピーしてもらうことにしました。
コピー代は1枚24円(+消費税)。
館内利用カードの番号がモニタに出たら、受け取りカウンターで受けとります。
(コピー代の支払いもそこで行います)

“おやりなさいませ”ゲットだぜ!!ww
おやりなさいませ01
ちなみにコピー代は327円でした。

ついでに“郵送複写サービス”が使える“登録利用者”になってきました。
登録利用者制度のご案内

免許証など本人確認書類が必要ですが、比較的短時間で終了。
これでいつでも未刊行部分が取り寄せできるわけです…ムフフフ♡

…という感じの“おやりなさいませ”拝見ツアーでした♪
カメラ持ち込み不可なので、館内の写真がないのが残念なところ。

なんとなく敷居が高かった国会図書館ですが、行ってみたら楽しかったです!
関東近県の皆さんには、ぜひ一度行ってみることをオススメします!

閲覧だけならお金もかかりませんしww
未刊行部分、楽しいですよ♪
   00:41 | Trackback:0 | Comment:25 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
Amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード