新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

青木幸子「茶柱俱楽部」は、お茶の魅力が伝わる至高の“お茶まんが”!

【あらすじ】
静岡の老舗茶屋の娘・伊井田鈴は、移動茶店で全国をまわる旅に出る。
目的は人捜し。
偶然に出会ったおばあちゃんがくれた、素晴らしいお茶…。
“お茶に呼ばれた”そう感じたは、旅先で移動茶店を営みながら人捜しを続けるのだが…。


茶柱俱楽部01  
青木幸子「茶柱俱楽部」(1)(芳文社)

鈴の目的は“人捜し”。
だけど、それだけじゃない

お茶の本当の魅力を伝えたい。

茶葉の種類、産地によってさまざまな個性がある“お茶”。
さらにその個性も“煎れ方”で千変万化。
高温で出すと苦みが出る。
低温でゆったり出すと、逆に甘みと旨みが出る。
茶柱俱楽部04
お茶”と聞いてボクらが思い浮かべるものなんて、ホントにごく一部だったんだなーと思いました。


お茶は、乾いた喉を潤すだけのものじゃない。
ひととき休憩をいれることで、心身をリセット
気持ちを整えて、一日のリズムを作る。
茶柱俱楽部05
豊かな時間をくれるのが“お茶する”ってことなんだ。

移動茶店で、鈴はいろんな事情を抱えた人々との出会いを経験する。
さまざまな場所に息づく人生と触れあって。
お茶を通じて、心と心を繋いでいく…。

お茶する”ってホントにいいなぁ、と感じました。
茶柱俱楽部03  

日本各地を旅しながら、お茶が引き合わせる“出会い”をかさねて。
鈴は捜していた人に出会えるのか…!?

いままで意識せずに飲んでいた“お茶”が、ちょっと違って見えてくる。
本物のお茶、美味しいお茶の可能性に触れてみたくなる1冊です。
オススメ!


茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス)
青木 幸子
芳文社 (2010-10-22)
売り上げランキング: 14599
茶柱倶楽部 2 (芳文社コミックス)
青木 幸子
芳文社 (2011-11-22)
   23:59 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

美内すずえ「ガラスの仮面」連載再開第27回、ハミルのワンマンショーに酔っちゃいなよ!

11/26発売の『別冊花とゆめ』2012年1月号 に「ガラスの仮面」連載再開第27回が掲載中!!

【いままでの記事はココ】
美内すずえ「ガラスの仮面」関連まとめ

【あらすじ】
全体稽古に合流する亜弓だが、稽古中に視界がぼやけるなど前途多難。
そんな亜弓の状態に違和感を感じたハミルは、ついに行動に出る…!!


ガラスの仮面1201_02
『別冊花とゆめ』2012年1月号


をまえに、一瞬演技を止めてしまった亜弓さん。

あえていわせていただきたい。
オー・ノー!

さすがにハミルさんも、異変に気づきます。
亜弓さんの目の状態を確かめるために。
イタズラをしかけます。
 
“紅天女”の稽古中の写真をわたすハミルさん。
 
ガラスの仮面1201_04
だが…。
本当は、まったく別人の写真だったのだ!!
ガラスの仮面1201_05
て、地味にヒドくね!?ww
せめて「間違えました、こっちが亜弓さんの写真です」ぐらいの思いやりはほしいですよ、ハミルさん!


亜弓からすべての事情を聞いて。
ハミルは医者の忠告にしたがうよう勧めるのだが…。
当然、亜弓はつっぱねる。
それに対してハミルは…。
ガラスの仮面1201_06

いいえ
あなたは大事な
わたしの被写体だ
何かあれば
わたしの作品は
だいなしになる

ちょwwまてww
亜弓さんの身体じゃなくて、作品の心配しちゃったwww
そこは「アユミ、アナタガ心配デース」とか言っとこうよww

あえていわせていただきたい。
冷血仕事虫か!


たとえ目が不自由でも。
亜弓は闇の中で物音だけを頼りに動く特訓をつんできた。
 
ハミルを納得させるため。
一寸先も見えないの中。
亜弓はハミルを捕まえてみせる…!
ガラスの仮面1201_07

そして…。

ガラスの仮面1201_08
ドッキンコ!
ハートまで捕まえちゃったみたいですww

もうレンズの向こうに見ていた“被写体”じゃない。
逆境にありながら、誇り高く“紅天女”を目指す女優として。
気高く美しくたたかう女性として。
ガラスの仮面1201_09
亜弓さんは、ハミルにとって特別な存在になったんだ…!
 

いやー。
今回はまさにハミルのワンマンショー♪
読んでる自分のアゴも割れそうないきおいでしたw

少し気になるのが。
後半、ほとんどが未刊行部分とおなじなんですよね…。
もしかしたら、コミックスでは新エピソードに差し替え!とかあるかもしれません。
ケツアゴ大好きな“ハミラー”の人は必見ですよ☆(いるのか!?w)


…そして。
とうとうコミックス休暇休載に入ります!(涙)
連載再開は2/25発売の2012年4月号!(予定)
3ヶ月先ですよ…。

たぶん、コミックスと同時発売でしょう。
首を長くして、ファンみんなでその時を待ちましょう!


【おまけ】
いやいや、本当に今月はハミルさんのターンでしたね!w
これから亜弓さんを守るナイトになるわけですから。
ハミラーの人はワクワクが止まらないでしょう♪
(いるのか!?ww)

さて今月のツッコミどころ
上でさんざんツッコミいれてますけど、おまけということでご勘弁をw


というわけで。
写真をチェックするハミルさん。
ガラスの仮面1201_03
あえていわせていただきたい。
山での稽古のときからデジカメだったのか!?w



つぎに気になったのがこのコマ。
亜弓さんが目の病気と薄々感づいた記者たち
スクープを狙ってる感じのコマなんですけど…。
ガラスの仮面1201_10
あえていわせていただきたい。
変質者か!www
   00:53 | Trackback:0 | Comment:26 | Top

「LO」表紙の絵師・たかみち「ゆるゆる」第35回登場!

11/19日発売の『月刊ヤングキング』2012年1月号 に「COMIC LO」の表紙で有名な、たかみち先生の初めてのまんが作品「ゆるゆる」(第35回)が掲載中!!

たかみち「ゆるゆる」(月刊ヤングキング)関連まとめ

【あらすじ的なもの】
いつもの仲良し3人組、今日は日帰り温泉♪
ハルカユキみさきは優雅に楽しんでいたけど…!?


ゆるゆる1201_01
・たかみち「ゆるゆる」(第35話 アオバト、ライドオン!)

アオバトが飛来する青鳩町のはずれ。
温泉観光ホテル“アオバトヤ”で湯につかる3人。
アオバトヤだけに、アオバトをモチーフにしたアイテムがいっぱい。
ゆるゆる1201_02
アオバトシャンプー。
ちょっとカワイイww

ゆるゆる1201_03
そしてアオバトサブレー
どこかで見たようなwww

そして水槽
ん?
水槽。
ゆるゆる1201_04
アオバト関係なしw

アオバトより水槽を売りにしたほうがいいんじゃないの!?

みさきのひと言が予想外の事態を引き起こす…!!

アオバトグッズかわいいですね!
ストラップとかあれば売れるかも…。

鳩サブレーのストラップは見たことあるんですけどwww

仲良し3人組の意外な活躍、ぜひ読んでみてください。


さて。
今月号のピンナップは、麻生我等。
ピンナップ1201
・麻生我等(ピンナップ)
(トリミングしてあります)

めっさ地獄絵図ww
少女たちを取り囲むゾンビ的存在…。
緊迫したドラマを感じます。
これはまんがで読んでみたいですね!


今回のふろくも“ネイキッドクリアファイル”。
クリアファイル1201
今月は塩崎雄二「ガッデス」
中の紙を抜くとセクスィ絵が現れる神がかり的なふろくなわけですが。
こうきたか、という感じ。
何気なく描き込まれた背景が好きっすね。

次号の“ネイキッドクリアファイル”は…「おくさん」 ですよ!
満を持して登場の「おくさん」 が、何を見せてくれるのか!w
期待しましょう!


りとうのうみ (WANIMAGAZINE COMICS)
たかみち
ワニマガジン社
TAKAMICHI SUMMER WORKS (FLOW COMICS)
たかみち
茜新社 (2011-08-26)
売り上げランキング: 29400
   00:44 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

青木俊直「くるみのき!」は、“着ぐるみ”との出会いが内気な少女を変える、ハートフル青春ものがたり。

【あらすじ】
野木くるみ、19歳。
周囲に心を開けず、自分の殻に閉じこもっていた彼女には。
ひとつだけ“好きなもの”があった。
子供番組で着ぐるみたちがイキイキと踊る姿。
そんなくるみが“着ぐるみ劇団”の面々と知り合うのだが…。


くるみのき01
青木俊直「くるみのき!」(1)(新潮社)

田舎にいるのが、それだけで東京に出てきた。
好きでもないバイトをして。
自分が何をしたいか分からない
いつも自分の殻に閉じこもっていた。
くるみのき02
こんなくるみが“好き”と胸を張っていえるもの。
それは「いっちぃはっちぃ」

子供番組「いっちぃはっちぃ」の中で。
活き活きと踊る“いっちぃ”と“はっちぃ”を見ていたら。
嫌なことがあった日も元気になれた。
自由になれた気がしたんだ。

ある日、着ぐるみ劇団の面々と出会ったくるみ。
なんと着ぐるみを着て、助っ人として舞台に立つことに…!!

くるみのき03
「いっちぃはっちぃ」が大好きで。
踊りを暗記するまでDVDを見たくるみ。
好き”のパワー…だよね。

自分の殻に閉じこもっていた彼女だけど。
パズルのピースがはまるように。
好きなこと”と“やりたいこと”が組み合わさった着ぐるみ劇団との出会いによって、少しずつ変わっていく…。
くるみのき04
そう、笑顔になれたんだ。


演技も踊りもまだまだ学ぶことはいっぱい。
だけど“好き”の気持ちで上を向いて、歩きはじめたくるみ。
明日はきっと、明るいね♪

元気がもらえる1冊、オススメです☆


くるみのき! 1 (BUNCH COMICS)
青木 俊直
新潮社 (2011-11-09)
   00:52 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

ツナミノユウ「隠慎一郎の電気的青春」は、激しすぎる放電体質高校生の“電気的青春”ものがたり。

【あらすじ】
東京から地方都市・白杜市に転校してきた高校生、隠慎一郎。
彼には人から注目されると“エライこと”になる特異体質で…。


隠慎一郎の電気的青春01
ツナミノユウ「隠慎一郎の電気的青春」(講談社)


隠慎一郎の特異体質
それは…。
注目されると電気を出してしまうこと。
隠慎一郎の電気的青春02
放電キター!

この体質のせいで転校を繰り返してきた慎一郎。
目立たぬように。
人の視線を浴びないように。

努力を続ける慎一郎だが、なぜか裏目にでてしまう。

隠慎一郎の電気的青春04
学食でラーメン食べようとしたら、おばちゃんがアイスをくれてチャレンジャー認定w

隠慎一郎の電気的青春05
東京から来たことにめっさ食いつかれて話題の人にw


自分の放電で誰かを傷つけたくない
地味な存在”を目指す慎一郎だけど。
孤独になりたいわけじゃない。

そもそも注目されたくなかったら、学校に行かなきゃいい。
だけど慎一郎は、普通の高校生活を送ってみたいんだ。

青春”ってやつを味わってみたいんだ。

そんな彼だから。
目立たないようにした努力が裏目に出てしまったとき。
面白くて面白くて、つい爆笑しちゃうんだけど。
ちょっと切なさも感じるんだよね。
隠慎一郎の電気的青春06
彼の努力はいつか報われる
報われると信じてるぜ!(ズビシ


彼の名は隠慎一郎
ちょっと電気が出るだけの、普通の高校生。

面白くて、ちょっと切ない“電気的青春”ものがたり。
こいつぁビリッとくる1冊だ♪


隠慎一郎の電気的青春 (KCx(ITAN))
ツナミノ ユウ
講談社 (2011-11-07)
   00:16 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

石黒正数「外天楼」は、不思議な建物・外天楼を舞台に繰り広げられる、珠玉のSFミステリー!

【あらすじ】
外天楼という不思議な建物を舞台に展開される、全9話の物語。
エロ本をゲットするのに情熱をかたむける少年たちの物語。
感情をもつロボットの物語。
殺人事件を追う刑事・桜場冴子の物語…などなど。
1つ1つの物語は関連性をもち、やがて大きな物語が描きだされる…!!
SF、ギャグ、ミステリー。
さまざまな要素が組み合わさった作品である。


外天楼02
石黒正数「外天楼」(講談社)

となりの棟に行くのに、お店の中を通らなくてはならなかったり。
増改築を繰り返し、迷路のようになった建物…それが外天楼

その奇妙な建物を舞台に繰り広げられる、壮大な物語。
スタートは、エロ本入手のため、全知全能をかける少年たちの物語。
外天楼01
・第1話「リサイクル」より

えええww
信じられないけど、この第1話すべての始まりなんだ。

感情をもつロボットの物語。(第3話)
観賞用の人間もどき(フェアリー)を生み出す人工生命学が生んだ悲劇。(第5話)
そして外天楼でおきる殺人事件…!!
外天楼03
・第3話「罪悪」より

少年たちとは無関係にみえて、すべての物語が“繋がっている”んだ。

お店の中を通らないと、となりの棟に行けない“外天楼”のように。
物語と物語は、意外なポイントで結ばれている。
1つ1つの物語は連鎖し、ラストで壮大な“絵画”が眼前に広がるのだ。
外天楼06
・第8話「キリエ」より

この物語が繋がる”快感は必見である。


ロボットが人間と共存し、鑑賞用の人工生命体が存在するSF的世界。
ギャグとシリアスを織りまぜながら語られる、ある姉弟の物語
外天楼05
・第5話「フェアリー殺人事件」より

笑って感心して、楽しみながら読むうちに。
大きな“物語の渦”に巻きこまれていく…。

パタパタとドミノが倒れ、倒れたドミノによって美しい模様が描かれるように。
俯瞰の視点でも楽しめる本作。
構成の妙、物語のセンスを存分に感じていただきたい。
大傑作!


外天楼 (KCデラックス)
外天楼 (KCデラックス)
posted with amazlet at 11.11.09
石黒 正数
講談社 (2011-10-21)
   00:12 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

蒼星きまま「きのこいぬ」は、不思議かわいい“きのこいぬ”が心に寄り添う“癒し”の物語。

【あらすじ】
愛犬・はなこを亡くした絵本作家・夕闇ほたる
ショックから作品も描けず、無気力になっていた。
そんなある日、庭に生えたピンクのきのこが動き出し…。
なんとになっちゃった。
そんな不思議な“きのこいぬ”と、ほたるの心温まる物語である。


きのこいぬ01
蒼星きまま「きのこいぬ」(徳間書店)


絵本作家・夕闇ほたる
両親を亡くしたほたるは、愛犬・はなこ肉親のように思っていた。
それは、はなこも同じだった。

だけど…。
仕事で目を離した、ちょっとの間にはなこは亡くなってしまった。

喪失感と、後悔の“重さ”。
ほたるは身動きが取れなくなっていた。

きのこいぬは、そんなほたるの背中を押す
きのこいぬ07
というか、蹴り飛ばすww

見かけに似合わず、ハードな励まし方をするきのこいぬ。
ちょっと凶悪…だけどほんとうは、しっとりやさしい
きのこいぬ05
そんなきのこいぬ。
なんか見てると癒されるわ~w


ほたるの前に突然あらわれて。
ほたるの生きる気力を蘇らせていくきのこいぬだけど…。

きのこいぬは、庭の片隅でずっと見守っていたんだ。
ほたるの成長を。
きのこいぬ06
ほたるとはなこが心を通わせていた姿を。
そして、はなこを亡くし、落ちこむほたるを。

もうひとりの家族のように。

きのこいぬ02 きのこいぬ03
胞子を飛ばしたり、をかけると喜んだり。

きのこいぬ04
だけどメロンパンが大好物だったり。

不思議かわいい“きのこいぬ”がこころに寄り添う物語

ちょっと胸キュンの感動ストーリーです♪
オススメ!


きのこいぬ(リュウコミックス)
蒼星 きまま
徳間書店 (2011-10-13)
   00:48 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

2011年10月に買ったコミックス(新刊のみ)

ようやく秋らしくなってきましたね。^^
読書の秋、ということで10月もたくさん買っちゃいましたw
ということで、10月購入のコミックスです♪

201110購入記録01
201110購入記録02

雷句誠「どうぶつの国」(7)(講談社)
日向武史「あひるの空」(33)(講談社)
コージィ城倉「おれはキャプテン」(27)(講談社)
綱本将也/ツジトモ「GIANT KILLING」(21)(講談社)
石川雅之「純潔のマリア」(2)(講談社)
飛鳥あると「ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社」(3)(講談社)
石黒正数「外天楼」(講談社)
北島和洋/大井昌和「おいしい学び夜」(1)(講談社)
今日マチ子「みかこさん」(4)(講談社)
鎌谷悠希「少年ノート」(2)(講談社)
星野泰視「デラシネマ」(3)(講談社)
野村宗弘「とろける鉄工所」(7)(講談社)
鶴田謙二「冒険エレキテ島」(1)(講談社)
大場つぐみ/小畑健「バクマン。」(15)(集英社)
室井まさね「るべどの奇石」(2)(集英社)
夏川結真「永遠の!」(1)(小学館)
森田滋「ウルフ×ウルブズ」(1)(小学館)
ねむようこ「とりあえず地球が滅びる前に」(1)(小学館)
佐原ミズ「鉄楽レトラ」(1)(小学館)
吉田聡「七月の骨」(2)(小学館)
松山せいじ「ゆりてつ」(1)(小学館)
加瀬大輝「マンけん。」(1)(小学館)
堀江貴文/竹谷州史「拝金」(2)(徳間書店)
蒼星きまま「きのこいぬ」(徳間書店)
近藤ようこ「ゆうやけ公園」(徳間書店)
「人外萌え♡アンソロジー けもも」(2)(徳間書店)
びっけ「あめのちはれ」(5)(エンターブレイン)
だいらくまさひこ「グルタ島日記」(エンターブレイン)
星里もちる「ハルコの晴れの日」(1)(芳文社)
小坂俊史「球場のシンデレラ」(芳文社)
太田忠司/松島幸太朗「少年探偵 狩野俊介」(秋田書店)
埜納タオ「夜明けの図書館」(双葉社)
吉本浩二「日本をゆっくり走ってみたよ」(2)(双葉社)
阿部洋一「血潜り林檎と金魚鉢男」(1)(アスキー・メディアワークス)
六道神士「サラカエル」(1)(アスキー・メディアワークス)
小原愼司「コジカは正義の味方じゃない」(2)(メディアファクトリー)
磯本つよし「三代目は梅くくり!」(2)(幻冬舎)
紺野キタ「カナシカナシカ」(新書館)
わだぺん。「東京自転車少女」(1)(アース・スター エンターテイメント)

今月はレビューを書いた作品のほかに…。
「外天楼」 「冒険エレキテ島」 「きのこいぬ」 など、印象に残る作品が多かったです。
レビューがぜんぜん追いついてないです…(汗

…がんばろう!(^^;

11月もドキドキ&ワクワクの作品と出会えるといいなぁ。
それではまた!
   00:46 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード