新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

美内すずえ「ガラスの仮面」休載中! コラボもあるけど今月はふろくのファンブックに注目!

3/26発売『別冊花とゆめ』2013年5月号「ガラスの仮面」休載中
ちなみに連載再開情報もコミックス情報もありません。

ただAmazonでは5/27発売予定と出てますね。
正式に延期が決まりました。
現時点で発売日は未定です…(涙)。(2013/04/23追記)


ガラスの仮面 50 (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
白泉社

5月かぁ〜というのが正直なところですがw
まあ読者としては待つしかないわけです。
5月を楽しみに待ちましょうかね。(^^;

そして。
コミックナタリーに思いっきりネタバレされてしまいましたが。
「ガラスの仮面ですが」映画化決定
公式サイト

タイトルが「ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?」とのこと。
女スパイて…まさか水城さんが…!?
と思ったら違うみたいww
さあ、どうなることやら…。
ちょっと心配ww

…ということで。
『別冊花とゆめ』5月号ふろくのお話に行きましょう!!

「ガラスの仮面 スペシャルBOOK」です!!
ガラスの仮面1305_01

さっそく内容を見ていきましょう。
まずは…。
「ガラスの仮面 名台詞カルタ」 で源造の声を演じたケンドーコバヤシさんインタビュー。
真澄さんに対して「同世代の飲み仲間がいないというのがねえ」というひと言がツボでしたww
飲み仲間…いないよなぁww

久世番子さんのエッセイまんが「ガラスの嵐が丘」
ガラスの仮面1305_07
たしかに「嵐が丘」のオチ知らない…ww

そして注目が「ガラスの仮面」連載第1話をひもときながら美内すずえ先生インタビュー
ガラスの仮面1305_03
第1話の見開きカラーを1度ボツにして描き直した話とか。
アシスタントさんに変わり者がいた、という話。
ラストの月影先生は当時の担当がすごく褒めてくれたという話など。
当時の“楽屋ばなし”を語ってくれていて興味深かったです。

とくに印象的だったのが、マヤが出前の途中で映画館に寄り道して怒られるシーン。
その映画が、なんと「伊豆の踊子」
それを指摘された美内先生は…。
ガラスの仮面1305_05

美内 よく考えたら、今でもマンガの中で「伊豆、伊豆」とやっていますね(笑)。

伊豆、大事!
大事ですよ、伊豆!

重要なことなので2度書きましたww

そういえば「ガラスの仮面」、最初は地元・横浜が舞台でした。
中華街の裏通りにある“万福軒”探してみたいww

ラストは磁ロックスさんのまんが「芸能界弱肉強食物語」
ガラスの仮面1305_06
「ガラスの仮面 名台詞カルタ」のブックレットにも載った、亜弓さんの愛犬アレクサンダーを主人公にしたパロディですね。
「嫌いな虫はマダニ!」に吹きましたww

という感じで。
「ガラスの仮面 スペシャルBOOK」楽しませていただきました!
楽しませていただいたんですけど!!

…早く連載が読みたい!
(「早く人間になりたい!」風に)


美内先生!
コミックス50巻もだけど、連載再開も待ってますよ〜!!

   02:09 | Trackback:0 | Comment:11 | Top

『月刊ヤングキング』2013年5月号に、たかみち「ゆるゆる」がピンナップで登場!

3月19日発売の『月刊ヤングキング』2013年5月号 に、たかみち先生の初めてのまんが作品「ゆるゆる」のピンナップが掲載!

たかみち「ゆるゆる」(月刊ヤングキング)関連まとめ

ゆるゆる1305_01
・たかみち「ゆるゆる」ピンナップ
(トリミングしてあります)

連載終了後もイレギュラーにピンナップ登場
これは嬉しいサプライズですね〜♪

3月号では“”でしたが、今度は“”!
桜の下で楽しそうな笑顔の仲良し3人組がとてもいいですね〜☆

今年は桜の開花も早かったですし。
ピッタリのピンナップとなりましたね。

そして。
「ゆるゆる」の第3巻は“夏ごろ発売”とのこと!
描きおろしがあるのでしょうか…楽しみです!!

さらに。
たかみち先生の新作『ヤングコミック チェリー』に登場!
ゆるゆる1305_02
画像は思いっきり「ゆるゆる」ですがw
新作にドキがムネムネしますね…!!

ちょいとエロスな雑誌『ヤングコミック』がリニューアル!!
『ヤングコミック チェリー』として5月新装刊!!
ゆるゆる1305_03
甘詰留太先生W連載とは…!!
スゴイじゃないですか、これはチェックせねば。

たかみち先生は、この『ヤングコミック チェリー』に登場。
新たな場所で“新境地に挑む!!”たかみち先生。
応援してますよ〜!!
「百万畳ラビリンス」に注目です!!

   23:34 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

「ストーリー311」発売記念トークショー&サイン会に参加しました!

まんが家11人が東日本大震災で被災した人々を取材して。
その“ストーリー”をまんがとして描いた「ストーリー311」 というコミックスがあります。

ストーリー311 (ワイドKC)
ひうら さとる 上田 倫子 うめ おかざき 真里 岡本 慶子 さちみりほ 新條 まゆ 末次 由紀 ななじ眺 東村 アキコ
講談社 (2013-03-11)

ひうらさとる、上田倫子、うめ、おかざき真里、岡本慶子、さちみりほ、新條まゆ、末次由紀、ななじ桃、東村アキコ、樋口橘
11人の作家が描く、それぞれの“311”。
8ページに込められた“想い”に胸が熱くなる1冊です。

ストーリー311 漫画で描き残す東日本大震災(公式)
ストーリー311(ニコニコ静画)※少し内容が読めます♪

その出版記念トークショー&サイン会が開催!
ということで行って参りました♪

会場は講談社
ストーリー311_03
立派や!
出版社すげぇ!!
さすが大手は違いますな…!!
…とワケわからず感心しつつ受付へ。
ストーリー311_04
(もやしもん気になる…)

入館証なんて初めてもらった!w
ストーリー311_05

トークショーに参加されたのは、ひうらさとる先生、岡本慶子先生、さちみりほ先生、新條まゆ先生、うめ(妹尾朝子&小沢高広)先生
ストーリー311_06
ひうら先生が「ストーリー311」という本ができるまでの経緯を語るところからイベントがスタート。

まずは南三陸から“出張語り部”としてやってきた山内克也さんのお話。
(末次由紀さんが第1話で描いたご本人)

津波を見てみたいという気持ちがあった。
だけどふとおじいちゃんが気になって
のほうに車を向かわせた。

結果的にその行動が山内さんの命を助けるのですが。
途中で出会ったご友人を助けられなかった後悔。
親切な人たちに助けられたこと…。
じかにお話を聞くと胸にくるものがありました。

山内さんのお話で印象的だったのは。
道路に垂れた電線を素手でつかんで山内さんの車を通してくれた、おばちゃんのこと。
ストーリー311_01
・第1話 末次由紀(宮城県南三陸町)より

その後、おばちゃんの安否はわからない、とのこと。
会ってお礼をいいたい…。
だけど、もし亡くなっていたらと思うと(安否を)知りたくない気持ちもあるといいます。
津波があったことを忘れないでほしい
と語った山内さん
ここまで話せるようになるのは大変だったことでしょう。
お言葉を胸に刻もうと誓いました。


そして、まんが家さんのトーク開始
印象的だったのは“衝撃を受けた景色は?”との質問に、さちみりほ先生が答えたこと。
気仙沼、南三陸、福島と3カ所を取材したそうなのですが。

更地になってた気仙沼
瓦礫が残っていた南三陸
そして福島では、あの震災の日から時間が止まったような
“そのまま”の光景だった、とのこと。
まるで時間を巻き戻したかのような感覚になったそうです。

同じ質問に新條まゆ先生は“見渡すかぎりの草原”と答えました。
一瞬“公園?”と見間違えるような、緑いっぱいの草原。
だけど、ホントはここにがあったんだ…。
そう気づいたときのショックを語ってくださいました。

大切な人も、大切な場所も…すべてを失うってどんな気持ちだろう。
私は何を描けばいいのだろう!?

悩みながら描いたことを語った新條まゆ先生の“真摯な思い”にじんときました。

原発事故による避難の問題。
放射線の危険性の問題。

ストーリー311_02
・第6話 岡本慶子(福島県)より

…などなど、扱うのが難しいテーマに向き合って。
1人ひとりの作家さんが原稿に残した軌跡こそ。
素晴らしい“ストーリー”といえるのではないでしょうか。


最後に。
まんが家の皆さんが“描けなかった”と口をそろえたのは。
笑い話とのこと。

あれだけの災害に見舞われても。
笑うことができる、たくましさ。
本当はそこも描きたかったのだけど…。
難しいですね。
早くそういうことを描ける状況になってほしい、と祈るばかりです。


トークイベント終了後はサイン会
ずうずうしくも“ぜひとも第2弾を!”とお願いしちゃいました。
新たに参加を希望する作家さんもいる、とのことなので。
第2弾、実現してほしいですね〜!!
ストーリー311_07
サインもいただけて、楽しくて充実したイベントでした。

…あ、ひとつだけ心残りが。
新條まゆ先生に“ホタテ絵馬の効力はありましたか?”と聞けなかったこと。
ストーリー311_08
・第10話 新條まゆ(岩手県大船渡市・大槌町)あとがきより

聞ける雰囲気じゃなかったんだよな〜さすがにww
いい人見つかるといいですね、新條まゆ先生!!(`・ω・´)

   02:06 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

寺沢大介「キッテデカ」は、切手をめぐる“謎解き”に興味津々! 異色の刑事ものがたり。

【あらすじ】
警視庁刑事部特別捜査室に勤める切手マニア・前島郵雅
公務員なら気楽に仕事して、切手ライフを楽しめる…と勘違いしていた残念な刑事である。
しかし切手のことなら警視庁で1番のスペシャリスト!!
前島のマニアな視点が難事件を解決に導く…のか!?


キッテデカ07
寺沢大介「キッテデカ」(1)(小学館)

切手のことしか興味がない“キッテデカ前島
仕事中でも自慢の切手コレクションを整理
正直、残念な刑事であるw

だが切手のことなら目の色が変わる!
新人の宮園密香とコンビを組んで。
難事件を解決へと導くのだ…!!
キッテデカ02
…というか職権乱用してお宝切手を探してる一面もw

だがそのおかげで窃盗団の犯行にいち早く気づく!
盗まれたのは、手紙に貼った切手であった…。
キッテデカ03
その切手とは“見返り美人”。
切手好きなら知らない人はいない(と思う)有名な切手である!

キッテデカ04
この切手と、押された消印重要な秘密が隠されていた…!


切手と、それにまつわる逸話と。
そして登場人物の人生が交差する“謎解き”ものがたり。
数センチ四方の“紙片”である“切手”の歴史と、価値と。

それに魅せられた者たちのドラマは読みごたえ充分でした。


じつはボク、小学生のころ切手収集をしてましてw
主人公の“前島”と、コンビを組む“密香”という名前で「前島密」か!と一瞬で分かったのです。
前島密(wiki)

前島密が描かれた1円切手シート(100枚)で買ったのを覚えてます。
100枚買ってもたったの100円!w
キッズのお財布にも優しいんですよ!!ww
郵便局の人には苦笑されてましたけど…。(´・ω・`)

というわけで。
個人的にも懐かしい切手の話が読めて楽しかったです。

“ビードロを吹く娘”の謎、初めて知りました。
キッテデカ06
思わず手持ちの切手を確認したくなりました。^^;
(奥底にしまったのでアルバムが出てこないw)

切手好きそうでない人
ちょっと奥深い切手の世界に触れられる本作。
少しでも興味をひかれた方はぜひに。^^


キッテデカ 1 (ビッグ コミックス)
寺沢 大介
小学館 (2013-02-28)
   01:03 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

2013年2月に買ったコミックス(新刊のみ)

もう3月ですね。
ようやく温かい日が多くなってきました。
春ばんざい。
…ということで、2月の購入記録です!

201302購入記録01
201302購入記録02

曽田正人「capeta」(31)(講談社)
玉川重機「草子ブックガイド」(2)(講談社)
沙村広明「ベアゲルター」(1)(講談社)
金田一蓮十郎「ライアー×ライアー」(4)(講談社)
須賀達郎「マックミラン高校女子硬式野球部」(2)(講談社)
コージィ城倉「おれはキャプテン」(31)(講談社)
皿池篤志「レイチェル・ダイアル」(1)(集英社)
水沢めぐみ「寺ガール」(3)(集英社)
釣巻和「あづさゆみ」(集英社)
ヤマザキマリ「世界の果てでも漫画描き」(3)(集英社)
岡本倫/横槍メンゴ「君は淫らな僕の女王」(集英社)
河原和音/アルコ「俺物語!!」(3)(集英社)
金田一蓮十郎「あるみちゃんの学習帳」(1)(集英社)
山下和美「数寄です!」(3)(集英社)
ねむようこ「とりあえず地球が滅びる前に」(3)(小学館)
とよ田みのる「ラブロマ」(5)(小学館)
横山裕二「ツール・ド・本屋さん」(1)(小学館)
吉田戦車「まんが親」(2)(小学館)
高橋遠州/寺沢大介「キッテデカ」(1)(小学館)
片山ユキヲ「花もて語れ」(7)(小学館)
夏芽ミカン「まるふく片想い」(白泉社)
慎本真「君といただきます」(白泉社)
西川魯介「まかない君」(白泉社)
山本おさむ「今日もいい天気 原発事故編」(双葉社)
かがみふみを「1DK」(双葉社)
丸山薫「事件記者トトコ!」(1)(エンターブレイン)
瀬田ヒナコ「芦屋さんの猫。」(1)(少年画報社)
あさのゆきこ「閃光少女」(2)(メディアファクトリー)
六堂秀哉「Qgirl」(一迅社)
ドリヤス工場「あやかし古書店と少女の魅宝」(2)(一迅社)
ヤマザキコレ「ふたりの恋愛書架」(1)(芳文社)
川井マコト「幸腹グラフィティ」(1)(芳文社)
TOBI「屋上姫」(4)(フレックスコミックス)
八神健「えろまん。(仮)」(竹書房)
ささだあすか「きらきらのなつ」(新書館)
武富健治「惨殺半島 赤目村」(1)(アース・スター・エンターテイメント)
横槍メンゴ「クズの本懐」(1)(スクウェア・エニックス)※商品未着

2月は忙しかったうえに、28日しかないもので(当たり前)なかなか読書が進みませんでした。
記事も過去のイベントが多かったですね…。
3月はまんがのレビューをもう少し増やしたい!
と決意する今日このごろです。^^;

今月もよい作品と出会えることを祈りつつ…。
ではまた!
   22:35 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード