新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

美内すずえ「ガラスの仮面」休載中! ついに休載1周年♪

5/25発売『別冊花とゆめ』2013年7月号も「ガラスの仮面」休載中。
連載再開情報、50巻情報、ともになし。

2012年7月号連載の最後の回(亜弓さん家が火事になった話)が掲載されてるので…。
休載から丸一年経過したことになります!! (`・ω・´)b

「連載再開は今秋です」とか書いてあったな〜ww
1年もたってしまい、亜弓さんもう炭ですね…。(´・ω・`)

50巻はホントに発売されるのでしょうか?
もう、考えたらダメですね…www

ガラスの仮面 50 (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
白泉社

映画「ガラスの仮面ですがZ」の公開が6月22日なので。
来月号あたりに、何か情報を載せるのが効果的ですよね!w
…とボクのなかの楽観的な人格は申しております。

悲観的な人格は…。
7月くらいに発表されて発売が9月くらい。
連載再開があるとしたら年末ぐらい?

…なんて恐ろしいことを考えてます。
当たったら何かください>白泉社様


さて。
今月号のふろくは「ガラスの仮面ですが&Z」のDVD!
ガラスの仮面1307_02

収録は以下の通り。
・「ガラスの仮面ですが」第1話・第2話
・「ガラスの仮面ですがZ」第1話

・「秘密結社 鷹の爪」×「ガラスの仮面ですが」コラボアニメ


・映画版「ガラスの仮面ですがZ」予告編


BSが見られない環境の人には朗報ですね♪
50巻発売(するかも)記念ってトコに苦笑せざるを得ませんがww

高見沢俊彦さんも声優として参加!
ガラスの仮面1307_01
ファンの方は見逃せませんね…!!

でも横浜では上映しないんですよね。(´・ω・`)
豊島園か豊洲にいくしかない…いけるのか!?ww
いくのか自分!?ww
乞うご期待〜ww

   23:45 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

よしづきくみち「クーロンフィーユ」は“ワカメ髪少年”と“帯電少女”…超・特異体質の“ボーイミーツガール”ものがたり。

【あらすじ】
特異体質でワカメのような髪をもつ若井寛造、15歳。
その髪が原因でいじめを受けた寛造は、やがてキレて凶暴化。
結果的に東京を離れ、新天地へと旅立つことに。
寛造はそこで不思議な少女と出会う。
名前は穂刈ノエミ
彼女は寛造をしのぐ“特異体質”の持ち主だった…!


クーロンフィーユ06
よしづきくみち「クーロンフィーユ」(1)(講談社)

彼女の名は穂刈ノエミ
クーロンフィーユ04
ある事情から、人里離れた一軒家に、たった1人で暮らしている。
それは“超・帯電体質”。

日々生活するだけで大量の電気をため込んでしまうノエミ。
アース線に体を繋ぎ、人との接触は避けてきた。

なぜなら…。
クーロンフィーユ03
触れるだけで相手を感電させてしまうから。
それはもう雷レベルのショックなのである。

寛造も特異体質の“ワカメ髪”でイジメられて。
凶暴化して“怪人”となることで自分を守ってきた
クーロンフィーユ05

孤独だった。
それでも家族との触れ合いはあった。

ノエミは、たった1人でずっと耐えていたんだ。
誰とも触れ合えない、つらすぎる特異体質と…。

誤って寛造を感電させ、「キライにならないで」と涙を流すノエミ。
そんな彼女を見て寛造は誓うんだ

“俺は、絶対に一生ノエミを嫌いにならない”と…!!


特異体質が生んだ、悲しい運命を背負った少年少女は。
出会いによって何を得るのか!?
ふたりの今後はいかに!?
クーロンフィーユ01
ナイーブな心にそっと寄り添うような物語。
オススメです!

クーロンフィーユ(1) (クーロンフィーユ (1))
よしづき くみち
講談社 (2013-05-09)
   01:49 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

紺野キタ「女の子の設計図」は、凜々しくも可憐な少女たちの時間を描いた、作者初の百合作品集!

【あらすじ】
幼いころに両親が離婚。
離ればなれで暮らしていた姉妹・花南(かな)と青音(あと)。
家庭の事情でふたたび一緒に暮らしはじめる…。
表題作「女の子の設計図」(全3話)ほか、3編を収録。
作者初の百合作品集である。


女の子の設計図01
紺野キタ「女の子の設計図」(新書館)

花南と青音。
同じ両親から生まれた、11ヶ月違いの姉妹。

だけど。
ショートヘアで身長が高い“イケメン”な青音と。
背も低くロングヘアをなびかせる“女の子らしい花南と。

見た目だけでなく性格も正反対。
だけど“設計図”はおなじ。
ふたりは、同じ父と母のあいだから生まれたんだ。

離れていた時間を埋めるように。
少しずつ心を通わせていく、花南と青音。

…だけど。
花南のこころには、どうしようもなく湧きあがる“思い”があった…。
そして、青音にも…!
女の子の設計図02
女の子どうしで。
姉妹で。

いけないことは分かってる。

それでも。
心の声に素直でいたい。
いまの気持ちを大切にしたい。
女の子の設計図03
少女の時間”を一緒にすごそうと決めた、ふたりの凜々しさと可憐さ
思わずきゅーんとしてしまいました。^^
女の子っていいなぁ。

ほかには。
私の中の少年がいて、君に恋してます”と先輩から相談される「少年」が印象的でした。
女の子の設計図04
・「少年」より

窓辺で柔軟をする少女。
風に揺れるカーテン。
差し込む柔らかな光…。

しなやかな身体と。
短いスカートから伸びる脚。
ドキッとするシチュエーションですよね。
心に“少年”が目覚めてもおかしくないです。(`・ω・´)b

「ひみつの階段」 シリーズなどで思春期の少女を描いてきた実力が、いかんなく発揮された作品集といえましょう。
(百合作品描いてなかったの?と驚いちゃいました…)

絵柄にビビッときた方はぜひに。^^


   23:51 | Trackback:0 | Comment:1 | Top

施川ユウキ「オンノジ」は、誰もいなくなった街で生きる、少女と鳥のものがたり。

【あらすじ】
ある日、突然、世界から人が消えてしまう。
ひとりになった少女・ミヤコは、誰もいなくなった街を徘徊していた。
そんなとき、1羽のフラミンゴと出会う。
もともとは少年だった彼を“オンノジ”と名付けて。
ふたりは一緒に暮らしはじめる…!


オンノジ01
施川ユウキ「オンノジ」(秋田書店)

ある日、突然。
人がいなくなった世界。
ミヤコはひとりで、無人の街を歩き回っていた。
オンノジ02
時が止まったような、街。
いつもはできないことができるワクワクも。
不思議なことが起きるドキドキも。
やがて日常に変わってゆく。

誰もいない世界にたったひとりの“絶対的静止空間”。
音のないその世界を想像するだけで、ぞっとするものを感じてしまう。

やがてミヤコは記憶すら曖昧になっていく…。
そこに突然の出会いが待っていた。
彼女が“オンノジ”と名付けたその生き物は、フラミンゴ
オンノジ03
しかも元・中学生男子
言葉も話せるフラミンゴであった。

この世界は、自分の妄想じゃない
お互いの存在をにして。
不確かな謎の世界に自分を、意識をつなぎ止める。
変わらない無人の街を、お互いの存在が色鮮やかに変えていく。
オンノジ04
誰もいない街で生きていく。
たったふたりで生きていく。
この先もずっと…!!


やがて。
ふたりが未来への希望にたどり着くラストに感動しました。

オンノジ06
無人の街の不思議と孤独
誰かがいる安心感
そして、生きていく希望

作者が描き出す4コマまんがの詩的世界観にじんわりくる作品です。
オススメ!

   01:30 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

西村しのぶ「砂とアイリス」は、背筋を伸ばして歩く姿も魅力の“発掘女子まんが”!

漆の研究所で働く長瀬なぎさ
恩師・梶谷の呼び出しで発掘の現場に戻ってきた。
発掘大好き、現場大好きのなぎさは、今日もフィールドを駆けまわる!
ぴんと背筋を伸ばして歩く姿も魅力的な“発掘女子まんが”である。


砂とアイリス01
西村しのぶ「砂とアイリス」(1)(集英社)

愛車のスーパーカブで現場入り。
オシャレなブーツからドタ靴に履きかえて、発掘に熱中!

普段はヒールで街を闊歩する都会ッ子のオシャレさんが。
上機嫌で土とたわむれ、発掘作業
グッとくるシチュエーションだな!
砂とアイリス03


なぎさの恩師・梶谷は。
現場で姿勢良く歩くなぎさを、アイリスに例える。

砂とアイリス02
いつでも機嫌よ
く、筋を伸ばして歩く
わんこのように好奇心旺盛で。
気取らないけどオンナは捨てないw
 
作者の描くキャラクターはホントに魅力的なんですよね。

高校生のころ、カッコよく働く年上のおねーさんに憧れを抱くような。
西村しのぶ作品を読むと、いつもそんな気分にさせられちゃいます。

いつまでも手が届かない、憧れのおねーさん。
いいですなぁ。
(口調がオヤジ丸出しやねw)


いつでも学生を親身に世話してきた梶谷
だけどちょっと、なぎさは特別あつかい!?
なぎさも親身になってくれる梶谷を慕っていて…。

梶谷には妻がいて、なぎさには彼氏がいる。
お互いパートナーがいて、微妙で絶妙な距離感にドキドキ。^^
砂とアイリス04
ふたりの距離がどうなっていくのかも楽しみです。
いやぁ、素敵な1冊でした!

   01:10 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

2013年4月に買ったコミックス(新刊のみ)

GWいかがお過ごしですか?
ボクは潮干狩り…とか久しぶりに行きたかったです。^^
あとちょっと遠出とかしたかったなぁ…。(なぜか過去形w)

あ、5/5のコミティアはちょっと行こうと思ってます。
ながやす巧先生の原画展を観に!!

…という感じで(?)、4月に購入したコミックスです♪

1304購入記録01

押見修造「アバンギャルド夢子」(講談社)
押見修造「デビルエクスタシー」(1)(講談社)
若杉公徳「みんな! エスパーだよ!」(3)(講談社)
岡崎二郎「まるまる動物記」(2)(講談社)
綱本将也/ツジトモ「GIANT KILLING」(27)(講談社)
井上雄彦「バガボンド」(35)(講談社)
渡辺ペコ「にこたま」(5)講談社)
今日マチ子「みかこさん」(6)(講談社)
久保ミツロウ「アゲイン!!」(8)(講談社)
栗原まもる「つぶつぶ生活」(4)(講談社)
日生マユ「放課後カルテ」(4)(講談社)
諫山創「進撃の巨人」(10)(講談社)
羅川真里茂「ましろのおと」(8)(講談社)
西村しのぶ「砂とアイリス」(1)(集英社)
万城目学/関口太郎「偉大なる、しゅららぼん」(2)(集英社)
渡辺ペコ「ボーダー」(1)(集英社)
マドカマチコ「WxY」(3)(集英社)
きら「僕らはみんな死んでいる♪」(8)(集英社)
聖千秋「四百四病の外」(1)(集英社)
若木民喜「神のみぞ知るセカイ」(21)(小学館)
荒川弘「銀の匙」(7)(小学館)
やまむらはじめ「神様ドォルズ」(12)(小学館)
山田玲司「美大受験戦記アリエネ」(6)(小学館)
シギサワカヤ「お前は俺を殺す気か」(1)(白泉社)
今日マチ子「U」(太田出版)
吉富昭仁「スクール人魚」(1)(秋田書店)
施川ユウキ「鬱ごはん」(1)(秋田書店)
施川ユウキ「オンノジ」(秋田書店)
市東亮子「やじきた学園道中記Ⅱ」(6)(秋田書店)
宮崎克/吉本浩二「ブラックジャック創作秘話」(3)(秋田書店)
長月みそか「少女素数」(5)(芳文社)
才谷ウメタロウ「ガズリング」(3)(芳文社)
小池田マヤ「老いた鷲でも若い鳥より優れている」(双葉社)
松本藍「コドモの味方」(双葉社)
山本健太郎「ウインド・ハート・ブレーカー」(エンターブレイン)
金平守人「働け! ハタラキさん」(エンターブレイン)
杉基イクラ「ナナマルサンバツ」(5)(角川書店)
鈴木小波「ヤオツクモ」(1)(角川書店)
肉子「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記」(宙出版)
村上かつら「Hatch」(2)(祥伝社)
土田世紀「かぞく」(日本文芸社)
紺野キタ「つづきはまた明日」(4)(幻冬舎)
施川ユウキ「バーナード嬢曰く。」(一迅社)
渡辺静「思春期のアイアンメイデン」(1)(スクウェア・エニックス)
小坂俊史「モノローグジェネレーション」(竹書房)

4月も買いました〜(毎回言ってるw)。
「つぶつぶ生活」が打ち切り、という話には驚きましたね。
アニメ放送中の「惡の華」ですが、話題もあってか作者の過去作品が新装版で登場するのはイイですね!
「アバンギャルド夢子」、かなりキていて面白かったです。^^

いや〜5月もいい作品と出会えることを祈りつつ…!!
ではまた!!
   01:29 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード