新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

美内すずえ「ガラスの仮面」休載40ヶ月! 某国で謎のドラマが進行中…!?

(2015/10/06追記)

9/25発売『別冊花とゆめ』2015年11月号も「ガラスの仮面」は休載中。


またもや連載再開も50巻発売情報もありません。
安定の情報なしっぷり。…安定してほしくないよ!(´・ω・`)

さて、つい先日行われた新作能「紅天女」
みなさんは観に行きました!?

ボクは行ってませんが、ツイッターなどで感想を拾い読みしてました。

そしたら驚くべき事実が。
新作能に月影先生が出たっていうじゃない!?
…マジか。(´・ω・`)

コレを見て心配になりましたが、感想を読んでいくと好評だったようでちょっと安心

美内先生のトークですが、断片的な情報しか手に入りませんでした。

能として上演するにあたって、美内先生の要望は2つ。
(1)まんがの読者にも分かりやすい言葉を使うこと。
(2)天女の美しい舞にたっぷり時間をとること。

そして「紅天女」は最終的に能のような形になるのでは?と美内先生の発言があったとのこと。

フム…。
余分な要素を極限まで削ぎ落とした“能”の表現まで高めないと、「紅天女」の世界は表現できないともいえるのか。
マヤにも亜弓さんにも、かなり困難な挑戦になりそうですね!
つか、美内先生にとっても50巻はかなりのハードルなのか!?w

あと美内先生の招待で古武術の研究家である甲野善紀さんが「紅天女」を観たそうなんですが、面白い“気づき”があったようで…。

ふむ…。
能の動きの中に古武術との共通点などがあったのでしょうか!?
こりゃ11月発売の『新潮45』が気になりますね!!


もうひとつ「ガラスの仮面」関連の記事が。

『ガラスの仮面』茶話会に見たファンの熱量―「紅天女問題」「月影先生の年齢」白熱の120分
8月30日には、「小さな茶話会in鎌倉」と題し、カフェ「読ム読ム」で、『ガラスの仮面』について語り合うイベントが行われました。
(記事より引用)
ちょ…こんなイベントあったの知らなかったよ!
誰か教えてよ!w

というイベントですが、ちょっと気になる発言が…。

茶話会で盛り上がったのが「好きな男性キャラ」について。
たいていの人は「速水真澄さん」と回答していました。
捨て子というアンニュイな過去、厳しく育て られた不幸な子ども時代、「紫のバラの人」と言い張ってマヤに対して素直になれないシャイなところ……。
どこをとっても女性のツボみたいです。

ヘイ! 提督!!

久々にでっかい文字でツッコミ入れてしまいましたが…。
真澄さんは捨て子じゃないでしょ(´・ω・`)
Wikipediaにも載ってるので確認しようよ…。

「ガラかめ」長いから記事書くために全部読むのは大変だけど。
とりあえず調べて読んだ気にはなってよ!w

そして…できれば読んでベッドでゴロゴロ転がってちょうだい。
さらに驚愕だったのは、てっきり60代後半くらいだと思っていた月影先生が40代らしいということ。
(記事より引用)
そうなの?(´・ω・`)
(しかしあらためて読み直してみると、終戦時にだいたい20歳くらいだったらしいので、連載が始まった76年には51歳という計算に。それでもびっくりですが)
(記事より引用)
ふむう…。
ちょっと待って。
「ガラかめ」には東京都庁が登場しますよね。
都庁の完成は1990年12月です。
月影先生が終戦時に20歳だったとすると、生まれたのは1925年
当時65歳ということになります。

そして「ガラかめ」内での衝撃の事件!!
携帯電話の登場ですよ!!
カメラ付き携帯電話が発売されたのは2000年ですから、当時75歳ということに。

そうそう、スマートフォンも出てました。
iPhoneの発売は2007年。ん? 82歳!?

…ひとり加速度的に年齢を重ねている月影先生。
そりゃ死にそうにもなりますよww

つか、月影先生…連載開始当初はそんなにババアでもなかったと思うんですが、時空のゆがみのおかげでリアリティがでてきましたね。
(よかった…のか!?ww)


さていよいよタイトルに書いた謎のドラマですが…。
ドラマ「ガラスの仮面 2015」(仮題) ロケーション・制作発表プロモーション OST Concert

「ガラスの仮面2015」? なんじゃそれ!?
個人的にはビリビリに破れたズボンのキャラが気になるのだが…。
どうやら韓国の作品みたいなんだけど、よく分からない。

検索したら別の記事がひっかかりました。
VIXX ホンビン出演!「ガラスの仮面 2015」ロケーション・制作発表プロモーション&OSTコンサート開催決定

VIXX ホンビンが韓国ドラマ「ガラスの仮面 2015」(仮題)の出演を確定。ホンビンは今回の作品で5人組アイドルグループ(ペンタゴン)のリーダーの役割を引き受けて熱演を広げる見込みだ。ペンタゴンというプロジェクトバンドが広げる魅力に注目が集まっている。
(記事より引用)

ははーん。
VIXXというアイドルグループの中のひとりがリーダー役をやるっつうことね。
で、どんな話?

「ガラスの仮面 2015」は国民俳優とトップアイドルグループを取り巻く芸能界のスキャンダルを扱った16部作ロコミック(ロマンス+コメディ)ミステリードラマである。
(記事より引用)

だから知らないよ!w
韓流ドラマで「瑠璃(ガラス)の仮面」という復讐劇があるけど…タイトルだけ拝借してるのかしら?

※本作品は、日本の漫画作品「ガラスの仮面」とは一切関係ありません。
(記事より引用)

そりゃそうか(´・ω・`)

イベントも延期になってしまったようで…。
なんかいろんな意味で残念だw

延期とか…そういうとこだけ「ガラかめ」のマネしなくてもよろしい。

という感じで今月はこの辺で。
愉快に気長に「ガラかめ」再開を待ちましょう♪

   02:15 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

2015年6月に買ったコミックス(新刊のみ)

はい!
9月になっちゃいましたね…。(´・ω・`)
購入記録もサクサクいかないとたまる一方!
ということで、6月に買ったコミックスですよ!!

購入記録1506

ムサヲ「恋と嘘」(2)(講談社)
三田紀房「インベスターZ」(9)(講談社)
川三番地「あしたのジョーに憧れて」(1)(講談社)
ハロルド作石「RiN」(10)(講談社)
あだち充「MIX」(7)(小学館)
荒川弘「銀の匙」(13)(小学館)
松永肇一/うめ「スティーブズ」(2)(小学館)
河原和音/アルコ「俺物語!」(9)(集英社)
光永康則「カコとニセ探偵」(2)(集英社)
市東亮子「やじきた学園道中記Ⅱ」(11)(秋田書店)
高田桂「アクトンベイビー」(3)(秋田書店)
折笠格/友井マキ/西出ケンゴロー「ウメハラ FIGHTING GAMERS!」(2)(KADOKAWA)
麻草郁/小島アジコ「アリス イン デッドリースクール」(KADOKAWA)
鈴木健也「おしえて! ギャル子ちゃん」(2)(KADOKAWA)
樋口橘「アンのマゴマゴ図書之国」(1)(白泉社)
黒釜ナオ「魔女のやさしい葬列」(1)(徳間書店)
えびはら武司「藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道」(竹書房)
玉井雪雄「じこまん」(3)(日本文芸社)
横槍メンゴ「クズの本懐」(5)(SQUARE ENIX)


6月のおすすめ作品
3作品


巨匠・ちばてつやのもとでアシスタントとして働き始めた田中くん(川三番地)が、現場でプロの仕事の凄さを知っていく…という感じの話。

ちばプロは、まさに“プロの現場”!
独特のパース技術、温かみを生み出すためのペンの使い方、仕事場の掃除のときでもモノの形の観察を怠らない…。
豊かな表現を生むために積み重ねられた創意工夫は、まさに“究極の手仕事”!!
読んでたら、ちば作品を読み返したくなっちゃいました…!!w

アナログ技術の粋、巨匠・ちばてつやの仕事ぶりを記録するという意味でも価値がある作品。
ぜひご一読を〜!
すごいよ。


藤子スタジオアシスタント日記~まいっちんぐマンガ道~
えびはら 武司
竹書房
売り上げランキング: 5,219

こちらは「まいっちんぐマチコ先生」の作者・えびはら武司が藤子プロでアシスタントをしていたころの話を描いた作品。
基本は4コマ+ショートまんがの体裁でテンポ良く語られる思い出話が面白いです。
マイペースで温厚な藤本先生、明るく楽しい話題をふりまく安孫子先生…このふたりを唯一本気で怒らせたアシスタントとは!?
子どものころから藤子ファンだったんですが、藤本先生、安孫子先生の意外な一面などを知ることができて、ちょっと嬉しかったです。^^



舞台は19世紀のロンドン。
まるで墓場のような“ブレイロック骨董店”には陰気な店主・ブレイロックと無邪気な少女・リラ…好対照なふたりの姿があった。
そんな骨董店に毎日花を届けに行く“花売り娘”ナンシーは、やがてこの店に隠された秘密を知ってしまう…!

陰気な店主そのままに“”のイメージに包まれた“骨董店”。
そこに元気でバイタリティあふれる“”のイメージを持つナンシーが関わることで、物語は動き出していく。

のんだくれ親父に代わってきょうだいを養うしっかり者。
姉御肌で竹を割ったようなパキッとした性格のナンシーがめっさ魅力的で惚れるわー。

魔女”というタイトルに触れずにあらすじを書くこの大変さよww
そう、魔女についてはぜひ、本編を読んで確認していただきたい。
骨太のゴシックファンタジー「魔女のやさしい葬列」、こいつぁ傑作ですわ。


というわけで6月の購入記録でした。
まだ7月、8月分と残っている訳ですが…w
地道に紹介していきます♪

名作佳作に出会えることを祈りつつ…!
ではまた!!
   01:07 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード