新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

美内すずえ「ガラスの仮面」休載44ヶ月! 名台詞シール第2弾&コラボがやばい!

1/26発売『別冊花とゆめ』2016年3月号も「ガラスの仮面」休載中。


50巻&連載再開情報はありません!
(いつも通り…w)

しかし!
今月もふろくがついてくる!!

「ガラスの仮面」名台詞シール(月影千草と仲間たち)です!
ガラスの仮面1603_06
(クリックで拡大)

仲間たちてw
源造さんは分かるけど、桜小路くんww
しかも白目ww
ガラスの仮面1603_07
彼の役どころを象徴するシールに爆笑しました!
つか、これどこで使えと!?(´・ω・`)

そして…。
月影先生の“おそろしい子”いただきました!!
ガラスの仮面1603_08
しかし「オーホホホ」って笑い声、スゲェなw
書き文字が恐怖まんがっぽいんだけどww

ちなみに来月の名台詞シールは速水真澄と大都芸能
ガラスの仮面1603_05
さあ水城さんのシールはどんなのだ!?w

という感じで『別冊花とゆめ』の記事は終了なんですが…。
今月は高島屋とのBIGコラボのニュースがありました!!

「高島屋」×「ガラスの仮面」BIGコラボ
アムール・デュ・ショコラ

新宿店には「ガラスの仮面カフェ」が登場!!
キャラをイメージしたメニュー、マヤプレート&亜弓プレートも!
「ガラスの仮面カフェ」

うむ…これは行くしかないのか!?(`・ω・´)
久々に聖地巡礼の血が騒ぐ…!!クワッ


さらに!
さらにですよ!

「ガラかめ」ファンが震撼したのは、カタログ&アプリで「ガラスの仮面 特別番外編」が読めるということですよ!

しかも描き下ろしですよ!
描き下ろし!!(`・ω・´)


そんなの描いてるヒマがあったら…という全世界の読者の気持ちを鼻歌うたいながら蹴飛ばして描いた“描き下ろし特別番外編 愛のメソッドですよ。

マジ…かよ。
そんなの手に入れざるを得ないじゃないか…。
ガラスの仮面1603_01
で、カタログもらってきました。テヘッ

肝心の描き下ろし特別番外編ですが…。
宣伝色が濃すぎて進研ゼミのまんがみたいになってたらどうしよう!?
と思ったんですが、ちゃんと「ガラかめ」ですこれ!
ますます50巻を…とか思っちゃいますが(笑)、まあとりあえず置いといてw
  ガラスの仮面1603_03ガラスの仮面1603_02
ちなみにカタログに16ページ(前編)、アプリでは27ページ(後編)、合計43ページが読めます。
おそらくこれで3ヶ月は50巻の発売が遅れたと思われますがww
意外や意外、ちゃんと「ガラかめ」してる今回の特別番外編、ファン必見といえますよ!

ちなみにカタログは「アムール・デュ・ショコラ」開催の高島屋で入手できますが、WEBでも見られます
アムール・デュ・ショコラ カタログ

そしてアプリなんですが、タカシマヤアプリになります。
タカシマヤアプリについて

ただし、特別番外編(後編)が読めるのは“1/26〜2/15の間のみ”なので注意!!
早めのチェック、よろしくお願いいたします!!

さて。
カタログを見てもらえば分かりますが、かなり本気度の高いイベント
キャラをイメージした「マヤ・ショコラ」「アユミ・ショコラ」も本気価格
ガラスの仮面1603_09
(クリックで拡大)

そして紫のバラをイメージしたショコラも…!!
ガラスの仮面1603_10
(クリックで拡大)

チョコレート好きなんですが、これは…お財布が軽くなるヤツじゃないですか!?(´・ω・`)

という感じで鬼アツイコラボイベント開催中です!!

さすがにこの季節に男性がチョコを、しかもこの会場で買うのはハードルが…w
さらにカフェ訪問も…www
いろいろヤバイ…ww

さて次回の記事はどうなるか!?
お楽しみに〜ww

   00:31 | Trackback:0 | Comment:10 | Top

「まんが人blog」2015年オススメまんが!

2015年の間に更新できなくてスミマセン。
わりとリアルに燃え尽きてました…w

毎年恒例!!
2015年に発売されたまんがの中でオススメの作品を紹介します!

選考の基準はいつもと同じ。
ボクが「面白いな」「オススメしたいな」と思える作品。
かつ、2015年に第1巻が発売された作品です。(または全1巻の作品)

これが「まんが人blog」の“2015年オススメまんが”です!!


九井諒子「ダンジョン飯」(KADOKAWA)


もはや説明の必要がないヒット作!
2015年を代表する作品といってもいいのでは!?

RPGの世界観をベースにした“料理まんが”という切り口には驚かされました…!
食べるためにモンスターの生態を解き明かしていく“謎解き”的な要素も描かれていて、ホントに面白かったです。
文句なしでオススメの作品です!


眉月じゅん「恋は雨上がりのように」(小学館)


17歳女子高生・橘さんが、バツ1子持ちの45歳・さえないファミレスの店長に想いを寄せる…という物語。
想いをこめて見つめていたら店長に“睨まれてる”と思われたり。
橘さんの不器用なトコも魅力です♪

年の差的には“圏外”のハズなんだけど…という感じの片恋ピュアラブストーリー
甘酸っぱい気持ちが味わえる作品です♡


田中相「その娘、武蔵」(講談社)


主人公は身長184cmの“巨娘”兼子武蔵(女の子ですw)。
中学ではバレーボール全国優勝の立役者になったものの、突然辞めてしまう。
高校ではのほほんとした日々を過ごしていた武蔵だけど、案の定、バレー部主将に目を付けられて…!?

身長もデカいんですが、男勝りで竹を割ったような性格の武蔵ちゃんが魅力的。
型にハマらずワイルドかつパワフルな武蔵ちゃんが、バレー部でどんな活躍を見せてくれるのか!?
続きが非常に楽しみな作品です!


古屋兎丸「女子高生に殺されたい」(新潮社)


タイトル通り“女子高生に殺されたい”という欲望に取り憑かれた教師の物語。

すべては女子高生に殺されるために。
周到な計画を立てた主人公は、ついに実行へと移す…!!
教師の異常な欲望と、“犯人”に選ばれた女子高生の抱える秘密
次巻が待ち遠しい作品です。


甘詰留太「いちきゅーきゅーぺけ」(白泉社)


1994年、オタクがまだ日陰の存在だったころ。
田舎から上京し、大学のまんがサークルに入った主人公・中井純平のオタクライフを通して、1990年代のオタクカルチャーを描き出す…という作品。

作者の自伝的な内容にも興味津々ですが、作家名や書店名が実名というのが嬉しい!
当時の空気を緻密な描写で伝えるストーリー!!
これは1人のオタクの歴史であり、90年代の記録でもある。
注目しています!!


沙村広明「波よ聞いてくれ」(講談社)


舞台は北海道。
飲み屋で失恋話をしていた鼓田ミナレは、なぜかラジオでDJをすることに…!?

姉御肌で気っ風がよくて滑舌もイイ。
そしてなんといっても喋りが面白い!!
とはいえ、素人がラジオに出演…しちゃうの!?

人生は転がる! 思いも寄らない方向に…しかも猛スピードにな!!
素人DJはラジオ界に嵐を起こせるのか!?
超オススメ作品です♪


野田サトル「ゴールデンカムイ」(集英社)


舞台は日露戦争後の北海道。
かつて“不死身”と怖れられた兵士・杉元は、アイヌの少女・アシリパとともに埋蔵金を探す…!!
という感じの物語。

狩猟にグルメ、アクション、埋蔵金、アイヌ…いろんな要素たっぷりの極上エンターテイメント。
とくにアイヌの少女・アシリパの強さには驚かされるし、獲物の調理法には興味津々。
文句なしでおすすめできる作品です!


山本さほ「岡崎に捧ぐ」(小学館)


小学4年生の山本さんは、クラスで変わり者の岡崎さんと出会う。
そして2人は、特別な友情で結ばれるようになる…。

大人になって昔を思い出すと、仲良かったあの子の家庭環境、やばかったんじゃ…!?ってことはままある。
でも子どものころって気が合いさえすれば、お互いの家庭環境の違いなんて関係ないんだよね。

そんな子ども時代の自由さと、たくましさ
さらには90年代のノスタルジーも感じさせてくれる作品。
子ども時代の思い出と、胸にしみる友情を味わえる佳作です。


光永康則「カコとニセ探偵」(集英社)


天才少年探偵として数々の事件を解決してきた高校生・六波羅覚
彼の武器は明晰な頭脳と“霊感”。
覚は死者の声を証拠に推理をすすめ、犯人にたどり着く…。

そんな覚が出会ったのは、自称“高貴な”地縛霊・カコ
怨霊を退治できるカコの力を借り、覚は怪奇な事件を次々と解決していく…!

ホラーとミステリー、2つのジャンルの融合が新鮮で面白かったです!
全4巻完結、実写ドラマ化とかしたらいいのにな…と思うくらいの佳作ですよ!!


川三番地「あしたのジョーに憧れて」(講談社)


主人公の田中くんは、作者自身(川三番地)
巨匠・ちばてつやのアシスタントになった作者自身が、プロの技術と創作への執念の凄まじさ、当時の思い出について描いた作品。

そこは本物の“プロ”が集まる現場。
独特のパース技術、温かみを生み出すためのペンの使い方、掃除のときでもモノの形の観察を怠らない心構え。
最高の作品を創りあげるための“創意工夫”がいくつも積み上げられていることに、もう感嘆するしかない。

アナログ技術の粋、巨匠・ちばてつやの仕事ぶりを記録するという意味でも価値がある作品。
ちばてつや作品が好きな方は、ぜひ読んでほしい作品ですね。


ツナミノユウ「蝉丸残日録」(講談社)


ある日、朝起きたら蝉になっていた
そんなサラリーマン、蝉丸を描いた物語。

よく考えたら、蝉って1週間の命なんじゃね!?
やばい!!と思って煩悩にまみれたハードディスクを削除したり。
辞世の句を考えてみたり…。
会社ではお別れ会が開かれちゃったり。

ところが…あれ? まだ死なないの!?w
こうなったらいつ死ぬかわからないけど、カッコ悪いから未練が無いように装わなきゃ!
蝉丸の迷走と空回りっぷりが面白い作品です。


安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社)


町田くんはメガネをかけてるけど成績は中の下。
運動は女子並みで不器用で…得意なことがないと本人は思っている

だけど、町田くんはクラスメイトの名前も近況も、しっかり覚えてる。
困ってる人がいたら遠慮なく手をさしのべるし、冷たくされても一歩踏み込むことを迷わない。
ナチュラルに人を愛する。
だから人から愛される。

町田くん…マジでいい人じゃないか。

そんな町田くんが見ている世界はどんなだろう!?
ぜひ読んで体験していただきたい作品です。


宮崎克/あだちつよし「怪奇まんが道」(集英社)


古賀新一、日野日出志、伊藤潤二、そして犬木加奈子。
怪奇まんが界を代表する4名の作家にインタビュー!!
彼らの“創作秘話”を描いた作品である。

「ブラックジャック創作秘話」と同じ原作者のもと、描き出される“怪奇まんが家”の人生
命を塗り込めるように日野日出志「蔵六の奇病」。
連載終了後は髪がまっ白になった古賀新一「エコエコアザラク」。

怪奇まんが家として生きざるを得なかった“業”
彼らが原稿に込めた“念”の凄まじさにゾクッときました…!!

怖いまんがが好きなキミに超オススメの1冊です。


西尾雄太「アフターアワーズ」(小学館)


エミが渋谷のクラブで知り合ったのは、年上でクラブの楽しみ方を心得ているケイ
意気投合した2人は、一緒に夜を明かして…
エミはケイに導かれるままクラブカルチャーの世界へと足を踏み入れていく…!!

クラブでDJをしたり、仲間とイベントをしたり。
エミにとって初めて見る光景は、とてもとても刺激的で。
新しい世界の扉を開いた気がした…!!

百合成分ありありのガール・ミーツ・ガール物語!
オシャレでオシャレでシャレオツな作品ですよこんなのボクが読んでいいんでしょうか。
いいんです!w (`・ω・´)キリッ


曽根富美子「親なるもの断崖」(宙出版)


青森から北海道・室蘭の遊郭に売られてきた4人の少女
彼女たちの生き様を中心に、昭和初期の厳しい時代を描いた物語。

人権なんて意識は、まだない。
繁栄のためにモノのように利用された、遊郭の女たちの血の涙が染みこんだ室蘭という土地。
平成の世に眼前にさらされた“昭和”の壮絶さに息を呑みました。

時代という言葉には収まりきらない人々の絶望と慟哭
それでも生き抜いた人々の姿には、もうショックでしたよ…。
多くの人に読んでいただきたい傑作です。


上記15作品に納まりきらなかったオススメ作品+α12作品です!



+αも含めた、合計27作品2015年のオススメ作品です。
今年もよい作品に出会えることを祈りつつ…。

2016年も“まんが人blog”をよろしくお願いいたします!!

   02:48 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード