新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

宮崎駿「崖の上のポニョ」は童心にかえれる“活動大絵本”

観に行ってきました! 「崖の上のポニョ」!!

感想は、とにかく“楽しかった
“面白かった”というより“楽しかった”です。


魚たちが、海が、動く動く!!
ポニョが泳ぐ泳ぐ!! ・・・そして走る!!w

カラフルなの洪水と、とにかく心地よい動きの質と量!!

これはもう、「動く絵本」です!
活動大絵本です!!



“絵本”って書いた意味はもう1つあります。
ネットで「崖の上のポニョ」の感想を読んでみると、けっこうツッコミいれてる人も多いんですよ。
「崖の上のポニョ」は、ふつうの物語みたいに、合理的な説明があまりないんです。
たしかに「えっ!?」と思う場面もあります。w

・・・でも。

たとえば「おおきなかぶ」という絵本があります。
単純に、“おおきなかぶ”を引っこ抜く話ですが、犬やネコまでお手伝いするんですよ。
それにツッコミいれるのってどうでしょう?

・・・すごく野暮じゃないですか?



これから「崖の上のポニョ」を観るかたに、1つの呪文を教えましょう。

「これは絵本だ、これは絵本だ」

「崖の上のポニョ」を観ていて「アレ?」と感じたら、この呪文をとなえてください。
きっと楽しく観られるハズですよ。


「崖の上のポニョ」は、“スクリーンに映し出された絵本”なんです。
リクツなんて抜きに、楽しんだモノ勝ちですよ!!





【主題歌】
崖の上のポニョ
崖の上のポニョ
posted with amazlet at 08.07.22
藤岡藤巻と大橋のぞみ 大橋のぞみ
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2007-12-05)
売り上げランキング: 18
主題歌も可愛いですよね。
劇場を出るときは、つい頭の中を回っちゃいます。w
「崖の上のポニョ」を観るにあたって、宮崎駿「折り返し点」(岩波書店) を読んでたんですが、おもしろい記述をみつけました。


「もののけ姫」公開時の、佐藤忠男さんとの対談での、宮崎駿さんの言葉です。

「この映画には実はあちこちに穴が空いていて。(中略)そういう後始末ができていないことが無数にあって。映画の中で完全に後始末をしようとすると映画のスケールが小さくなるんですよね」(p68-69)


「崖の上のポニョ」のスケールが大きいかどうかは別としてw
宮崎駿さんは、整合性よりも大切なことがある、って考えが前からあったみたいですね。



折り返し点―1997~2008
折り返し点―1997~2008
posted with amazlet at 08.07.22
宮崎 駿
岩波書店
売り上げランキング: 200
関連記事
   11:05 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/12-38f6ae57
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード