新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

室井滋/たきむらりゅう「東京バカッ花」は、演劇少女の昭和青春ストーリー

昭和50年代、春。
ひとりの少女が上京した。
名前はムロイさん。
彼女は東京で“女優”を目指すのだが…!?

【あらすじ】
「演劇のサークルに入って女優を目指す!」
目標をかかげて早稲田大学に入学したムロイさんは、つぶれかけの演劇サークルに入る。
先輩とムロイさん、たったふたりの演劇サークル。
芝居やバイト、生活について…。
さまざまなことを学ぶムロイさんだったのだが…。

東京バカッ花01
室井滋/たきむらりゅう「東京バカッ花」(上)(メディアファクトリー)

早稲田大学に入学し、演劇サークルの部室をまわるムロイさん。
だが元陸上部で演劇経験の浅いムロイさんにとって、本気度が高すぎる早稲田の演劇サークルは“ハードルが高すぎた”(元陸上部だけにw)。

そんな中、ひろってくれたのが“天転舎”のカッチャン先輩であった。
東京バカッ花02
なんとなくカラスヤサトシに似ている気もするが、女性である。
カラスヤサトシ01←カラスヤサトシ。似てるなぁ。w


カッチャン先輩とムロイさん、たったふたりの演劇サークル
芝居もバイトも、東京での生活も。
カッチャン先輩からマンツーマンで学び素直に吸収していった。

そんなある日、カッチャン先輩はさびしそうに語りはじめる
東京バカッ花03 東京バカッ花04

「ただ好き」では進まんくなるとわかると

誰もが突然夢から覚めたようになるのんや


そんな時はもっぺん胸に手を当てて

思い起こしてみるんやな


自分は何で上京してきたんやろう

何が一番好きやったんやろう……って


自分が思うように進めんでも

本当に好きなこと忘れたらあかんよ

この直後、カッチャン先輩はサークルを辞めてしまう
カッチャン先輩は、ムロイにかつての自分の姿を見ていたのだろうか。
希望にあふれ、夢中になって演劇に打ちこんでいた日のことを…。

カッチャン先輩は、新たな道を歩くことを選んだ。

先輩は、きっと…自分に言い聞かせていたんだ。
絶対に“本当に好きなこと”は忘れない忘れたくない、と…。

ほろ苦い、夢と人生のゆくえ
夢への一歩を踏み出したばかりのムロイさんは、何を感じただろう…。


そのほか、なぜか風呂に入らなくなった同級生の話や、ムロイさん自身の恋物語もアリ。
今まで長髪だった友人がショートカットにした「嘆きのショートカット」もいい話でした。

室井滋のエッセイを漫画化した、ちょっと切ない青春“演劇”ストーリー
昭和の香りも甘酸っぱい、感動物語です。
オススメ。


東京バカッ花 上 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
東京バカッ花 (文春文庫)
室井 滋
文藝春秋
売り上げランキング: 298183
関連記事
   21:27 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/155-5453a73b
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード