新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

『月刊少年マガジン』2009年10月号で、雷句誠「アオソラ」を読んだ!!

10月10日の「王様のブランチ」でやっていた雷句誠特集。
そこに映し出された作品に、ボクのまんがレーダーがピリッときた。

これを読みたい…いや読まなくちゃダメだ

それは『月刊少年マガジン』2009年10月号に掲載された「アオソラ」である。

【あらすじ】
小学3年の時乃アオ雪間ヒデは、いつも一緒にガンプラを作る友だち同士。
ある日、模型屋の帰り道、ふたりは悲鳴を聞く。
同じクラスの浅倉裕子の声だった。
彼女の視線の先を見ると、車に轢かれた犬が車道に横たわっていた…!
アオヒデ裕子
3人の関わりと心の成長を描いた、作者の自伝的な作品である。

アオソラ01
・雷句誠「アオソラ」

車道に横たわった犬は、かろうじてまだ生きていた
だが…。
大人は誰も助けようとしない。
アオソラ02
ヒデは黙って犬を助ける。
そして助けた河原で、犬は死んだ。

その後、裕子は絵を描いてアオとヒデに見せた。
絵は、あの日の犬の元気な姿だった…。
アオソラ03

裕子に刺激され、絵が上手いアオにくわえて、ヒデも絵を描くと宣言。
3人は意識して絵を描きはじめる…。


いやもう、泣きそうになったよ犬を助けるシーン。
まっすぐで、つよくて、カッコいい。
信念のあるヒデの行動に、心から感動した

そしで、ズキンときた。
もしボクがその場に居合わせたら。
犬を助けず、見ないふりをした大人だったんじゃないか…!?
アオソラ04
くだらない大人になりたくない。

そんな“子供のころの視線”を忘れずにいたい。
そんな風にも思えました。


あと読み返して、裕子ちゃんの絵もいいよなー。
あんな事件のあとに、こんな絵をね…。
なんか泣けるわ、ホントに。


後半、アオたちの中学時代がまた感動的なんですが…ネタバレすぎてもつまらないのでこのへんで。

なんかこう、体の芯が熱くなるような。
何かをせずにはいられなくなる…そんな“”を秘めた作品でした。

雷句誠といえば「編集さんとトラブっちゃったアブナイ人」と思ってしまったキミにぜひ読んでいただきたい。
(つか自分がそうでした…スンマセン)
コミックス収録もどうなるのかわからないので、雑誌のバックナンバーでぜひ。
心からオススメできる佳作です。
iconicon
『月刊少年マガジン』2009年10月号 icon
関連記事
   00:04 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

Comment

1450 2014.12.15 Mon 04:09  同感です
自分は18になって、逃げ場のつもりで漫画に入った者です。アメリカで一通り学業を終え、大学に進む時期。最後に日本に行くチャンスがもらえ、そこで何かを得てくるつもり。自分は英語と日本語がほぼ同一なほど達者なもので、自分に向いてるのは法曹界だと思い、民法に努力を捧げました。しかし早くも自分の悪い癖が出始め、途中で脱落。結局アメリカに戻り、普通に科学専門で大学に進みました。いい友だち、甘酸っぱい青春、過酷なテスト期間。。。いろいろありました。。。しかし、一番楽しかった時は、カフェで友達と話しながら絵を書くことでした。。。少し不思議な光景なのですが、友達と普通の会話、そして自分の意見を交えると、自分の中の何かが開放された気分でした。繋がりが生まれた。。。そんな気分でした。期末まで一週間もない時期、自分は一秒も休まず、ただただネームを書きました。そして作品ができ、今はデジタル・アナログコンプレックスやトーン選びに苦戦してる最中です。今、貴方様が投稿した雷句誠サンの作品について、読んだ後不本意ながら英語で不法にネットで拝見させてもらいましたが。。。不思議にも自分がヒデに重なりました。絵はカタッピシ、表彰や崇拝さえ設ける友達に少し遠い目で見てた。。。ただ、今となっては考えることは一つ。友のため、家族のため、そして自分の自我のため、漫画を描くこと。あなたの投稿を見て、また一歩前にすすめる気がします。ありがとうございました
#Wvuy9hLg 上ノ山[URL][Edit]
1451 2014.12.27 Sat 00:27  Re: 同感です
> 上ノ山 さん

コメントありがとうございます!
返信が遅れちゃってスミマセン…!!

紆余曲折ありながら、まんがを描くことに向かっている姿、いいですね!
きっと今までのいろんな経験が作品を描くうえでの糧になっていると思います。^^

カフェで友だちと話しながら描いていたときの“楽しさ”を忘れず、描き続けてください!
応援してますよ〜☆

ではまた!!
#- hebitaro[URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/168-5bf5a203
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード