新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

江平洋巳「恋ひうた 和泉式部異聞」が描きだす、全身で恋をした、ひとりの女性の物語

平安時代。
男に愛されることが女の価値であった。
女は片目をつぶって世界を見るくらいでちょうどよい、と言われていた。
そんな時代に、“すべて”を知りたいと願った女性の物語。
全身で恋をした、ひとりの女性の物語。


【あらすじ】
ふたりの皇子と身分違いの大恋愛に落ちた和泉式部
その恋の相手、ふたりの皇子がともに病死したことから、大スキャンダルに発展。
京の都から出て行かざるを得なくなった。
歌の才能がありながら、男相手に憂さ晴らしの日々・・・。

だが時の権力者、藤原道長の娘・彰子に親王が誕生。
祝賀の歌合(うたあわせ)に招かれる。

華麗な恋愛遍歴から、藤原道長に“浮かれ女”と評された和泉式部。
だがその真実の姿とは・・・。

【カット】※許子とは、和泉式部の若いころの呼び名です。
恋ひうた  
江平洋巳「恋ひうた 和泉式部異聞」(1)(小学館)



和泉式部の口から語られる過去の恋物語は、ロマンチックでスリリング

結婚が決まった彼女のもとに、突如現れた謎の男。
いきなり唇を奪い、去っていく・・・。
高貴な顔だち、切れ長の冷たい目をしたその男とは——?


平安の世の、いわゆる“恋多き女”の物語。
当時の時代に逆行する「派手な生きかた」みたいな印象だけど、彼女は自分の心に素直に生き、行動した結果なだけなのだ。


唇を奪われた“謎の男”を探して、寺から寺へと歩き回る彼女。
当時の女の子としては“ありえない”行動力・・・そうまでしても求めて止まない心こそ、「ってヤツなんだよなぁ。


胸に恋心を抱きつつ探し当てたその相手は、なんと弾正宮
冷泉帝第三皇子為尊親王・・・とんでもない身分違いの相手であった!!
それを知りながら、焦がれる女として探しつづけ、ついに再会をはたす・・・!


平安の時代、全身で恋をした、ひとりの女性の物語。
思わず引きこまれる魅力がありますよ。





関連記事
   00:16 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/17-45896f8b
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード