新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

末次由紀「クーベルチュール」は、あまいだけではない、深く濃く、熱い恋物語

あまくて、口にすると幸せな気分にしてくれるもの。
それは“チョコレート”。
うまくいかないで迷うこと、悩むこと…。
いろいろあっても、口にするだけで気持ちがやさしくなる。
そんな小さな魔法のような“チョコレート”をあつかう専門店を中心に描かれた物語である。

【あらすじ】
美形兄弟、一郎二郎が営むチョコレート専門店“クーベルチュール”。
“ここでバレンタインのチョコを買うと100%恋が叶う”ともいわれるチョコレートは、まさに至福の味。
訪れた客、1人ひとりの心を溶かし、あたたかく包みこんで…。
やさしく幸せな気持ちにしてくれる。
そんなチョコレート専門店を中心に繰り広げられる、4編の物語を収録した短編集である。

クーベルチュール01
末次由紀「クーベルチュール」(1)(講談社)


100%恋が叶う”というチョコも、あげる勇気がなければ意味がない
ホワイトデーなんか関係ないよ…と負のオーラをはなつ、小春。
クーベルチュール02
だが、ひとりの少年の存在に気づき、ハッとなる。

小春がバレンタインにチョコをあげられなかった、麻生くん
彼がホワイトデーのチョコを買いにきたのだ。
100%恋が叶うというチョコを…誰に渡すの!?
気になった小春は、あとを追うのだが…。

中学卒業後、仲間がはなればなれになる直前。
15歳・小春の恋を描いた2編目の「春味」が印象的だった。

たとえ失敗しても。
勇気を出せば、きっと心になにかが“のこる”はず。
恋して、破れて…そのくり返しが、心を輝かせるのかもしれない。

小春の“ちいさな勇気”と、それを引き出したチョコレート
胸がきゅんとする、いい話でした。


テンポ良く流れるモノローグ
感情を“切りとる”セリフ
そして気持ちが伝わる目の“表情”。
クーベルチュール03
をかけて、をかけて作り上げる最上級のチョコレートにも似た。
極上の物語

「このマンガがすごい! 2010」オンナ編で第1位になった「ちはやふる」でいま注目の、末次由紀が描くオムニバス。
あまいだけではない、深く濃く、熱い恋物語を堪能してほしい。



関連記事
   22:26 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/182-bb3e4c89
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード