新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

麻生みこと「路地恋花」は、古都・京都を舞台にした“つくる人”の恋ものがたり。

【あらすじ的なもの】
舞台は古都・京都。
街外れの細い路地にある長屋には、職人や芸術家の卵ばかりが住んでいる。
製本、銀細工、蝋燭など“つくる人”たちの恋を描いた短編連作である。

路地恋花01 路地恋花02
麻生みこと「路地恋花」(1)(講談社)

京都の長屋で暮らす職人芸術家たち。
さまざまな“想い”を目に見える“かたち”として表現する人たち。
いとしくて切なくて、苦しくて…。
彼らの“恋のかたち”がうつくしい。

路地恋花03
好きな女性の結婚指輪を作ることになった、銀細工職人の決意。
才能はあるが素直で上手いだけの画家の卵が、恋でえたもの
副業にしていた喫茶店で知り合った少女と小説家の耽美的(?)な恋

アーティストの創る意匠と、恋の甘さ、切なさ、可笑しさが優しく結びついた“恋ものがたり”。
小さくて美しい珠のような“職人恋愛オムニバス”。

こつこつと作りあげる“手仕事”が好きなあなたにオススメです。


路地恋花 1 (アフタヌーンKC)
麻生 みこと
講談社

【おまけ】
「路地恋花」で麻生みこと作品が気になったキミにオススメはコレ。

ことのは01
麻生みこと「ことのは」(白泉社)

書道部の先輩にひと目ぼれして、恋文をしたためる少女。
だが恋文は“添削”されて帰ってくる…。
「ことのは~薄様の付け文~」などなど、タイトル通り“言葉”にスポットを当てた物語
ことのは02
言葉はをあらわす。
そして感情もあらわす。
絶望も希望も。
相手に伝える“気持ち”によって、言葉はときに人を傷つけもする。
ことのは03
好き。
嫌い。

こんな単純な言葉に、ボクらは一喜一憂する。
なぜなら、言葉の向こうに無限の感情の海が広がっているのを知っているからだ。

うむー。
こんなに面白い短編集が、在庫なしとはこれいかに。
機会があればぜひ入手していただきたい!


ことのは (花とゆめCOMICS)
麻生 みこと
白泉社
関連記事
   23:48 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/200-e2b10c5c
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード