新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

一色登希彦「Dust to Dust はじめの1000マイル」は、若者が“世界”と“人生”を知る冒険ものがたり!

【あらすじ】
運動能力が高く、なんでもソツなくこなす18歳の五代陸(ごだいりく)。
亡くなった祖父の遺産を受けとる条件として、バイクのレースに出ることになる。
その名も“バハ1000”。
昼夜を問わず砂漠を1000マイル走る過酷なレースに、は挑戦する…!!

はじめの1000マイル01
一色登希彦「Dust to Dust はじめの1000マイル」(集英社)

祖父の遺言でアメリカに渡ったリク。
祖父の友人・チャーリーに遺品のバイクを手渡し、サインをもらうだけ。
それで遺産は手に入るハズだった。

だが祖父の手紙の指示により、リクはレースに出るハメに。
バハ1000”…砂漠を1000マイルも走破する過酷なレースに、である。

チャーリーの孫娘、メリー・ルゥに“砂漠の走り方”を学ぶリク。
持ち前の器用さでソツなくこなした…かに見えた。

だが。
それはメリー・ルゥのうしろを走っていただけだ。
ひとたび前に出ると、なにもない砂漠が眼前に広がる。
はじめの1000マイル02

あっれ……?

ええと

どっちに進んで

何をすれば

いいんだっけ?

こっちは危ない。
そっちは安全。
砂漠にそんな指標はない
時速100マイルの猛スピードでカッ飛ばしながら、瞬時に“決め”なくてはならない。
じゃないと、死ぬ。
 
日本ではだ。
たくさんの人が、進むべき道を“ほしがって”いる。
それに応えるように、矢印があふれてる
はじめの1000マイル04

自分だけの道なんて

どうやって見つけたら

いいかって前に

道を見つける必要が

あるのかどうかさえ

わからなくなっちゃう…!!

若者が、日本の若者が砂漠を1000マイル走ったとき
いったい何を手に入れるのか…!?

若者が“世界”と“人生”を知る冒険ものがたり!
示唆に富んだセリフとストーリーは、きっとキミに価値あるものを残してくれるハズである。

関連記事
   23:43 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/218-5bf24243
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード