新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

石黒正数「響子と父さん」は、家族の“ほんとうの日常”を描いた物語。

【あらすじ】
旅行好きのにかわっての世話をするのは、イラストレーターで長女の響子
庭で刀を振りまわし“暴れん坊将軍”になりきる、ちょっと変わった
響子の、漫才みたいなやり取りが楽しい家族モノである。

響子と父さん01
石黒正数「響子と父さん」(徳間書店)

暴れん坊将軍になりきって、庭で華麗に刀を振りまわす父さん。
響子に頼まれていた「暴れん坊将軍」の録画を忘れてしまう。
響子と父さん02

ま…俺が暴れん坊将軍だったということで

ちょ…ww
父さんオモシロすぎ。ww


さらに、響子と出かけたときに「娘さんですか?」と訊かれた父さん。
響子と父さん03

妻です!

えええええww
父さん読めねぇーww

なぜにソコに見栄を張るのかわからん。
だれか“お父さんスイッチ”のありかを教えてくれww

…という感じで、とにかく父さんのお茶目っぷりがパネェ。
でもまんがだから笑えるけど、身内にいたら絶対ウザイと思う!ww
響子と父さん04
まるっきり昭和の反応w
カワイイっちゃーカワイイんですよねww

…と、ゆかいな父さんが魅力的な作品。
そして、もうひとつの魅力として挙げたいのが“日常描写”だ。

お茶目すぎる父さんと、ツッコミキャラな響子と、旅行好きの母さん。
そして、家出して行方がわからない次女・春香。

4人がけのテーブルに、ひとつ空いた春香のイス
「若い女性で身元不明の遺体があがった」とニュースが流れると、冷たい空気がはりつめるリビング。

丹念に、丁寧に。
そこにいない、“不在”の家族を含めた“家族の空気”が描出した本作。
石黒正数が描く“日常”の筆域が拡がったといっても過言ではない。


父さんと娘のボケとツッコミが楽しい“家族”ものがたり。
そして…。
淡々とつづく毎日が、可笑しくてせつない。
家族の“ほんとうの日常”を描いた物語。
ホームドラマが好きなキミは、必読である。
超オススメ。


響子と父さん (リュウコミックス)

【おまけ】
本作で家出中の妹・春香は、別作品「ネムルバカ」の主人公・鯨井ルカという設定。
(鯨井は母の旧姓、はるか→ルカということか)

大学の女子寮で同じ部屋になった、先輩と後輩の日常を描いた物語。
駄サイクル”なんて名造語(?)も生まれました。
青春モノの傑作です。

ちなみにボクはサイン本を持ってたりします。ムフー

関連記事
   23:02 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/231-2f872cc8
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード