新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

SUEZEN「パーコレイション」は、こころ深くに浸透(parcolate)する少女の成長物語。

【あらすじ】
黒葛野(つづらの)藍、16歳。
最近ちょっと遅れ気味の反抗期。
夏の日、神社のコマ犬が動いたのを見たことがキッカケで、の日々は動きはじめる…!!
1999年刊行のコミックスの新装版である。


パーコレイション01
SUEZEN「パーコレイション」(ジャイブ)

神社のコマ犬が動くのを見たことがキッカケで、藍はいろんなことに気づくようになる。
周りの環境や、自分自身の感情の変化

楽しいこと、悲しいこと…。
成長とともに、受ける感情も変わっていく。
いま”の思いは本当に、“いま”だけなのだ。

藍は、流れていく気持ちを日記にとどめることにした。
パーコレイション03
一番の理解者である、おじいちゃんに見守られながら。
藍を大きく成長させるが、今はじまる…!!


生きていれば、楽しいことばかりじゃない。
悲しいことつらいこと淋しいことだってある。
パーコレイション02
この物語で、藍は大切なものを失ってしまう。
…だけど。
悲しみにとらわれず、受け入れて

さまざまな感情を経験し、それがこころの深いところ浸透(parcolate)するとき。
ひとは成長して、大人になっていくんだと思う。
パーコレイション04
失うものがあれば、きっと得るものだってあるんだ。

16歳から17歳にかけて。
多感な少女の成長物語が堪能できる1冊。
ツリ目スキーのボクだけじゃなくw、万人にオススメでする佳作です。



【おまけ】
1999年に刊行されたコミックスの新装版
当時雑誌か何かでカットを見て、キレイだなーと思ったのを覚えてます。
で、いま見てもやっぱりキレイですね、線が。

そして表紙!
いかにも反抗期っぽいツリ目少女!!
ツリ目スキーのボクにはドストライクです。
ズビシッ!と心に響く感じです。ww

というわけで、ツリ目スキーのキミはぜひに。ww

   23:48 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

Comment

64 2010.04.15 Thu 21:55  丁寧なお返事ありがとうございました。
ボーーーッの亜弓さんの時にコメントしましたねこです!
売野機子さんの魅力は、本当に言葉にするのが難しいですよね。引力っていうか、強い感受性がそのまままんがになっているというか…。意味解りませんねw

おおお、新作レビューが沢山!嬉しい!
しかも一色まことさんではないですかっ。
この方の描く女の子は、とくにかわいくて大好きです。
出直しといで!花田少年、ピアノの森然り。いや、男の子からおじいちゃんおばあちゃんまでが人間くさくてかわいいんですけれど。しかし、ガキの頃からは、…読んでない!なんということだ!でもレビューを読むと成程、一色さんの得意分野っぽいお話ですね。しかも初期作品にしては絵が変わらない…。ここまで絵が変わらない作者様も珍しいですよね。

そして、パーコレイション!私もつり目の女の子、しかも思春期真っ盛りの女の子って(しかもショートカット!)大好きなんですよ~!そしてこの絵も雰囲気も好きです。是非読んでみたい!

こはるの日々のレビューはw
キャアアアアw
いや、このレビューはたぶん、まんが人blogの中で一番笑わったかもしれません。 (私は)買いませんけどwwwこのお話は、1巻で完結なのでしょうか?2巻が出るようなのでしたら、是非とも!感想待ってます。
いや~、うまい、うまいですよ!絶妙です。笑いましたぁ。
#- ねこ[URL][Edit]
65 2010.04.18 Sun 22:43  Re: 丁寧なお返事ありがとうございました。
>ねこ さん
> ボーーーッの亜弓さんの時にコメントしましたねこです!

やっぱりそうでしたか!
どこかで見た気がするな、と思ったんですよね。
ふたたびのコメントありがとうございます!
「ガラスの仮面」以外の記事も読んでいただけて嬉しいです。^^

> 売野機子さんの魅力は、本当に言葉にするのが難しいですよね。引力っていうか、強い感受性がそのまままんがになっているというか…。意味解りませんねw

“引力”ってわかります!
ぐっと作品世界に引っ張り込むパワーがありますよね。
おっしゃるとおり言葉にするのが難しいんですが、骨太というか“大物感”というか。
浮ついてない、しっかりと根が張った表現がすごくいいんです。
これからドンドン伸びてほしい作家さんです。

> しかも一色まことさんではないですかっ。
> この方の描く女の子は、とくにかわいくて大好きです。

一色まことさんはキャラの感情表現がいいですよね。
絵柄だけじゃなくて存在がかわいい感じ。
ボクも大好きです!

> 出直しといで!花田少年、ピアノの森然り。いや、男の子からおじいちゃんおばあちゃんまでが人間くさくてかわいいんですけれど。しかし、ガキの頃からは、…読んでない!なんということだ!でもレビューを読むと成程、一色さんの得意分野っぽいお話ですね。しかも初期作品にしては絵が変わらない…。ここまで絵が変わらない作者様も珍しいですよね。

「出直しといで!」懐かしい!
『スピリッツ』読者だったんで、雑誌で読んでましたよ~。
長期休載になっちゃいましたが…。
茜かわいいよ茜!w
「花田少年史」はダダ泣きの名作ですよね。
一色さんの描く、ダメな親父とかがまたイイ味で好きです。
ちょっとボケたじいさんとか、近所のおばちゃんとか。
感情とか愛情とかの“情”を描くのがうまいのかな。
「ガキの頃から」は20年ほど前の作品ですが、ぜんぜん古く感じませんでした。
当時から作風がブレてないんでしょうかね。
いわれてみるとめずらしいタイプの作家さんかもしれません。

> そして、パーコレイション!私もつり目の女の子、しかも思春期真っ盛りの女の子って(しかもショートカット!)大好きなんですよ~!そしてこの絵も雰囲気も好きです。是非読んでみたい!

おお~!
ねこさんツリ目スキーですか。
しかも思春期女子&ショートカット好きとは…。
ボクのツボと丸かぶりですよ!!ww
SUEZENさんはいいツリ目を描くかたなので、オススメです♪
(「ヤダモン」もめっさツリ目ですよねw)

> こはるの日々のレビューはw
> キャアアアアw
> いや、このレビューはたぶん、まんが人blogの中で一番笑ったかもしれません。 (私は)買いませんけどwwwこのお話は、1巻で完結なのでしょうか?2巻が出るようなのでしたら、是非とも!感想待ってます。
> いや~、うまい、うまいですよ!絶妙です。笑いましたぁ。

タテ笛ですねww
ちょっとコワい的な感想を聞いてたのですが、かなりキました、あのシーン。
しかもけっこうえげつなく吸ってるんですよね…ぞわっとします。
キャアアアですよ、ホント。ww

「こはるの日々」は連載中なので、順調にいけば2巻もでると思いますが…。
2巻のレビューとなると、1巻の展開を含めないと書けないのでネタバレる可能性が高いんですよね。
その点をうまくボカして書けば…できるかな!?
せっかくなので、ちょっと前向きに考えてみますね。

ずいぶん長文になってしまいました。
いつも楽しく読んでいただけて嬉しいです。
今後ともよろしくお願いしますー。m(__)m
#- hebitaro[URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/243-f4ccac33
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード