新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

たかみち「ゆるゆる」は、女の子3人組の楽しい毎日を描いた、極上の“オールカラー”まんが!

【あらすじ的なもの】
天真爛漫なハルカと、しっかり者のユキ、気さくな性格のみさき
海で、お祭りで、学校で。
なかよし3人組の楽しい毎日を描いた“オールカラー”まんが。
人気イラストレーター・たかみちの初コミックスである。


ゆるゆる07
たかみち「ゆるゆる」(少年画報社)


2008年8月に「ゆるゆる」の記事を書いて
から1年半…。
ついにコミックス発売です!
しかも念願のフルカラー…嬉しくてたまりませんっ!
バンザイ!! バンザイ!! バンザーイ!!

…さて、落ち着こうか。w
あらためて第1話から読んでみると、画的な変化を感じました。
ゆるゆる02
・第1話「ハルカの来々軒」より
ゆるゆる05
・第15話「私たち」より

画像ちいさくて分かりづらいかもしれませんが…。
1話の絵は線が細くてディテールも結構描きこんであります。
15話になると輪郭線が太くなり、まんがらしく適度に省略
この辺の話が『月刊ヤングキング』2010年6月号巻末インタビューに載ってました。

初期はイラスト的に見せるように努力していましたが、ストーリーがほとんどなくなってしまいキャラクター性が出しにくいので、より漫画的に表現できるように描き方を調整し続けています。
今後は漫画風の回とイラスト風の回と分けて考えてみたいと思っています。
(巻末インタビューより)

なるほど!
ボクが大好きな第5話「待ちあわせ」は“イラスト風の回”ですね。
ゆるゆる01
・第5話「待ちあわせ」より

刻々と変わる朝の光とともに。
待ちあわせの時間を間違えた、みさきを描いたお話。
叙情的に画の美しさで魅せ、オチもついたお気に入りの回です。

このあたりから“イラスト→まんが”という変換ルートを通って描かれていたものが、“まんが”として変化。
3人それぞれの性格にスポットをあてた物語がはじまっていった気がします。

作者自身が“試行錯誤の連続で描いた”という「ゆるゆる」。
“まんが”という表現に初挑戦した一流イラストレーターが、柔軟に変化しつつ、楽しみながら描いた“なごみの物語”。
女のコたちを温かく見守りながら、ぞんぶんに癒されようじゃありませんかー。
超オススメ!


【おまけ】
巻末インタビューには、こんな質問も。

──たかみち先生が考える“女の子を可愛く描くコツ”を教えてください!
たかみち 純朴感ではないでしょうか。容姿も表情も飾らずありのまま生きているという感じ。
(巻末インタビューより)

そうそう純朴!!
過剰に女であることを意識している“オンナ”じゃなくて。
純で素朴な女の子。
すごく自然体で、のびのびしていて…。
ゆるゆる06
かわいいんですよね!
彼女たちの“ゆるゆる”とした日々から目が離せません。

ちなみに“キャラ設定票”はこんな感じですー。
ゆるゆる08
(クリックで拡大)

ここから「ゆるゆるファミリー」は増えていくのか!?
ゆるゆるとした変化にも期待しています!!

関連記事
   23:47 | Trackback:0 | Comment:4 | Top

Comment

66 2010.04.20 Tue 22:33  なるほど確かに絵が違う
祝単行本発売!!
さっそく4冊GETしました!!

アオバトばかり注目してしていたので、気がつきませんでしたが、
確かに絵が変化していますね。6月号の巻末のインタビューと比較をするとはさすがです。

アオバトに関しても若干絵に変化がありますね。
当初は、鳩らしい感じがしたのですが、だんだんデフォルメになってきていますね。

この部分もイラストから漫画への変換ルートということでしょうか。
#x/TI8HlY aobatokn[URL][Edit]
67 2010.04.21 Wed 23:19  Re: なるほど確かに絵が違う
>aobatokn さん

お久しぶりです!
4冊ゲットとはすごいですね!!
もしかして、特典つきの書店をハシゴしたりしたのでしょうか!?

> アオバトばかり注目してしていたので、気がつきませんでしたが、
> 確かに絵が変化していますね。6月号の巻末のインタビューと比較をするとはさすがです。

さすがaobatoknさん!
ホントにアオバト好きなんですね…GW開けごろ、ボクも照ヶ崎海岸行ってみます。
写真が趣味なので、撮れるといいなぁ。

絵の変化は連載中も漠然と感じていたんですが、やはりコミックスになると比較しやすいですね。
どんどんまんがっぽく整理された線になってるのが感じられます。

たかみち先生が描く少女イラストのような「少女A」から、ハルカやユキ、みさきといった血の通った個別のキャラクターへ。
絵とともにキャラの内面も変化していったんじゃないかなーと思いました。

> アオバトに関しても若干絵に変化がありますね。
> 当初は、鳩らしい感じがしたのですが、だんだんデフォルメになってきていますね。
>
> この部分もイラストから漫画への変換ルートということでしょうか。

アオバトもデフォルメされてますね!
より“キャラ”っぽく変化してるのかもしれません。
なにせ準レギュラーですからねww


それにしても連載再開は嬉しいですね!
アオバトの登場する機会もどんどん増えそうですし…ww
また一緒に「ゆるゆる」を応援していきましょう!
#- hebitaro[URL][Edit]
68 2010.04.25 Sun 22:21  照ヶ崎に
応援していきましょう!

残念ながら、ハシゴしたのは2冊のみ。
残り2冊は楽天ブックスで購入しました。

1冊は自分用で、あと3冊は好きな人にあげたり、格安で売ったりする予定です。


GW明けに照ヶ崎へ来られるのですね!

今年は寒く、アオバトが来ているか微妙なところという状況で・・。
もし、御連絡いただけるのであれば、ご案内いたします。
ブログのコメント欄などで連絡いただければと思います。
#x/TI8HlY aobatokn[URL][Edit]
69 2010.04.27 Tue 21:26  Re: 照ヶ崎に
>aobatokn さん

> 1冊は自分用で、あと3冊は好きな人にあげたり、格安で売ったりする予定です。

直接的布教とは素晴らしい!
ボクは地道にWeb布教です…。
ちなみに「たかみち ゆるゆる」の検索数はまんが人blogの検索ワードランキングトップ3に入ってます。w

> GW明けに照ヶ崎へ来られるのですね!
> 今年は寒く、アオバトが来ているか微妙なところという状況で・・。

気候や天候も影響するんですね。
なにも知らなかったです。
行けば見られるかなーと軽い感じでしたw

> もし、御連絡いただけるのであれば、ご案内いたします。
> ブログのコメント欄などで連絡いただければと思います。

了解です。
その気になったら連絡しますー。
よろしくお願いします。
#- hebitaro[URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/245-33294f50
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード