新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

羅川真里茂「朝がまたくるから」は、“罪”をテーマに人間を深く描いた“重くて切ない”短編集。

【あらすじ】
和菓子屋で働く新田鈴は、バイク屋で働く青年に恋をする。
彼の名は宇佐美孝要、23歳。
人にはいえない秘密を抱えていた…。
という「葦の穂綿」ほか3編収録。
“罪”をテーマに人間を深く描いた短編集である。


朝がまたくるから01
羅川真里茂「朝がまたくるから」(白泉社)

自転車がパンクして鈴が困っていたところ、彼は助けてくれた。
笑顔が素敵な彼にズキュンときてしまった鈴。
仲良くなろうと、何度かアプローチを試みるのだが…。
朝がまたくるから02
・「葦の穂綿」より
僕は
あなたから貰った和菓子を
食べませんでした
あまりにつめたく突き放す

彼は。
他人と深く関わることも。
家族をつくることも、しない。

なぜなら、彼は過去に罪を犯していたから
とても重い、罪を。

彼は命を絶つことなく生きつづけ、謝罪しつづける。
幸福になることを拒絶して…。

あまりに悲しい人生
砂を噛むような償いと戒めの日々…。
そこに一瞬、鈴のあたたかな心が重なるラストが切なかった。


…という「葦の穂綿」ほか。
女性カメラマンが女装を趣味とする少年と深く関係していく様を描く「半夏生」
育児放棄された双子を連れ、ヤクザから逃亡する青年を描く「冬霞」
合計3作を収録。
心の底、ふかい場所までとどく“重くて切ない”物語
朝がまたくるから03
・「冬霞」より

いまはに閉ざされていても、明けない夜はない
そう。
――朝がまたくるから。

タイトルに込められた作者の“願い”に、熱いものが込みあげる。
ひとり静かに向きあってほしい1冊である。
…傑作。


関連記事
   23:47 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/249-3056dcfa
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード