新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

水上悟志「戦国妖狐」は人を知り、闇を知り、世界を知るための物語

かつて。
人と、人でない者・・・闇(かたわら)混在して生きていた
人は闇を狩り闇は人を喰らい・・・生きていた。

そんな時代の物語である。


【あらすじ】
ときは室町時代、戦国の世。
仙道・迅火と、妖狐・たま・・・義姉弟の契りを結んだふたりは、乱世において互助と博愛を説く“世直し旅”をつづけていた。

その旅の途中で出会ったのが、“自称・武芸者”兵頭真介
元農民で弱さゆえに虐げられていた過去を持つ真介は、“強さ”をもとめてふたりの旅に同行するのだが・・・。

【カット】
戦国妖狐_01
水上悟志「戦国妖狐」(1)(マッグガーデン)



人間でありながら闇(=化物)に共感し、闇になりたいと願う迅火
そんな迅火だが、妖狐でありながら人好きで世直しをしようとするたまに従い、人間のための“世直し”を手伝っている。

人間を憎み闇になりたい人間と、人間のために世直しをする妖狐(=闇)
本来なら交わらないふたりが、“義姉弟”という契りで結ばれて旅をつづけている。

この旅の理由はいったい何なのか。

闇である、たまの血を吸うことで“精霊転化”し、霊力を極限まで発揮する(闇に近づく)迅火
そんな迅火に対し、たまは何を思うのか


ふたりが出会う者たちに、物語のカギが隠されている。


“自称・武芸者”兵頭真介。
元農民で、力がないゆえに虐げられてきた経験をもつ。
力を欲し、たまと迅火の“強さ”に惹かれて旅に加わる・・・人間

“霊力強化改造人間”灼岩
闇と対峙するために霊力を鍛えた僧兵集団・断怪衆により、霊力強化改造人間の実験体となった少女。
望まぬままに闇の力を得、居場所をもとめて旅に加わる・・・人と闇との狭間の者



彼らを護り、戦いながら旅をつづけること。
それは、を知りを知り、世界を知ること。
魂の在り方を、知ることだ。



たまは義姉として、迅火を導こうとしているのだろうか。
なぜ? どうして?
・・・真意はいまだ謎
である。

とはいえ、戦いの中から迅火は何を学び、どう変化していくのか

また同じように、真介と灼岩はどのような生き方を見せてくれるのか
彼らの旅の行方が、じつに楽しみである。



【情報】 原画展開催中!

・「戦国妖狐」発売記念原画展のお知らせ(マッグガーデン)

・「戦国妖狐」原画展(有隣堂横浜西口コミック王国)
9/7(日)まで


横浜西口コミック王国の原画展、行ってきました!!

ボクが行ったときは、断怪衆と迅火が戦う、迫力の見開きなどが展示されていて、思わず魅入ってしまいました!!

やっぱり、プロの原画って“オーラ”がありますよ


ちなみに同店で「戦国妖狐」のコミックスを買うと、メッセージペーパーがついてきます
ブレイドオンラインの情報によると、絵柄Aみたいですね。
(web通販のCの絵柄いいなァ・・・w)

戦国妖狐_02  
・メッセージペーパー。ちょっと色っぽい。

抽選でサイン入りのコミックスが買える!とのことなので、申し込んでおきました。

原画展の場所に申込用紙がありますが、わからないときは店員のかたに聞くといいと思います。
あ・・・運良く購入できたら、必ず報告しますーw


【気になる言葉】
虐げられるのは弱いからだ
弱い奴には生きてる価値なんかねえんだ
だから強く偉くなりてえんだよ


戦国妖狐(1) (BLADE COMICS)
水上悟志
マッグガーデン
関連記事
   11:44 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/25-896a49a7
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード