新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

上野顕太郎「さよならもいわずに」は妻を亡くした喪失感を描いた、哀しみと愛の物語。

【あらすじ】
妻のキホと娘の華凜と。
3人で穏やかに楽しく暮らしていた作者
だがある日、突然別れがおとずれる…。
妻を亡くした作者の、どうしようもない喪失感、哀しみ。
その先にようやく見えた希望を描いた物語である。


さよならもいわずに01
上野顕太郎「さよならもいわずに」(エンターブレイン)

2004年12月10日、午前0時。
その日の仕事を終え2階の仕事場から降りてきた作者。
開けっ放しの引き出し、冷蔵庫。
つけたままのテレビ。
おや? と思った瞬間、目に飛びこんできた。

うつぶせに倒れた妻の姿が。

救急車で病院に運ばれ心肺蘇生を行うも…。
息をひきとった。

34歳だった。


警察の事情聴取。
親戚や友人への電話。
そして葬儀。

生前の記憶とともに綴られる、現実の記録
さよならもいわずに02
温かな夫婦の情愛と、それを隔てた“死”の手触りと。
大切な人を失った“心の穴”が際立つ描写に、熱いものがこみあげた。


さよならもいわずに03
どこからか
低いうなり声が
聞こえる……
それは初めて聞く
自分の嗚咽だった
どうしようもない喪失感
抑えきれない哀しみ

日常”を積み重ねることで“痛み”は和らいでいくと思いきや。
大切な人がいない“日常”はむしろ喪失感という強い影をつくって。
心の裏側には大きな穴が育っていた。

…死。

奈落へつづく心の穴のふちを撫でるように。
死を望みながら息をしていた作者。
それを踏みとどまらせたのはの存在だった。

さよならもいわずに04
絶望の淵までつづいた物語は、ラストで希望の光を感じさせてくれる。

「つらい時に
つぶやける名前が
あるのは素敵なこと」
とキホは言った。

あなたはつらい時、誰の名前をつぶやくだろう。
大切な人がいるあなたに、ぜひ読んでいただきたい作品です。


さよならもいわずに (ビームコミックス)
上野 顕太郎
エンターブレイン
関連記事
   23:05 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/280-3b909402
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード