新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

美内すずえ「ガラスの仮面」連載再開第2回と「逃げた小鳥」

再開直後に休載する可能性もあるんじゃない!?
・・・なんて思っていた「ガラスの仮面」ですが、ぶじ第2回が掲載!!

めでたい! そして嬉しい!!
このままコミックスまでぜひ突っ走っていただきたい!!
できれば加筆修正は控えめに・・・www

【あらすじ】
亜弓の演じた完璧ともいえる「紅天女」の試演がTVで放映。
マヤはその圧倒的な演技にショックを受ける。

「どんな紅天女を演じればいいの・・・?」

迷いの中にいるマヤに、真澄はアドバイスをする。
「おれに紅天女を信じさせてくれ・・・!」

その言葉をヒントに、紅天女の気持ちに気づいたマヤ

「あたし・・・! 演れるかもしれない・・・!」

雨の中、確信にも似た思いを抱いたのであった・・・。

「別冊花とゆめ」10月号


風・火・水・土。
すべての要素を表現力高く演じ、みごと“梅の木”になってみせた亜弓。
この辺はさすがです。
ガラスの仮面2_005  
美しい・・・。


当然のごとく落ち込むマヤ。
そこにやはり、この男が現れます。

ガラスの仮面2_002  
真澄さんキター!!
雨の中、傘もささずにww


ちなみにマヤの居場所がわかったのは、黒沼監督の情報です。
水城さん情報ではありませんw

ガラスの仮面2_003

「現実の世界に紅天女がいる」。
そう、観客に信じさせる
そんな演技は、マヤにしかできないだろう。


だが、マヤ自身が紅天女を信じ切れていなかった・・・。
ガラスの仮面2_004_2    
マヤは、通りがかった子供の言葉で「紅天女の気持ち」に気づく・・・。


圧倒的な表現力で“外側”から紅天女に迫り、ほぼ完璧につくりあげた亜弓。
それに対して、マヤは“内側”から紅天女に迫ろうとする。


このマヤの「内側から演じる演技」への驚きは、「ガラスの仮面」ファンなら何度も味わっているハズ。


そう、「ガラスの仮面」第1巻 収録の「逃げた小鳥」のパントマイムのころから。

 
カゴから部屋の中に逃げ出した小鳥をつかまえようと追い回すマヤ。
だが、突然動きを止めてしまう。

理由は・・・。
ガラスの仮面2_007  
そう、捕まえかたがわからないから。

天然・・・?w

いや、ちがう。
亜弓はマヤの才能を見抜いていた。
ガラスの仮面2_009   
マヤは「信じていた」。
本気で、信じていた。
見えないはずの小鳥が、部屋じゅう飛びまわっていたことを・・・。


たとえ見えない存在であろうと、本気で信じ切ることがリアリティを生む
マヤは1巻の時点ですでに、本能的に身につけていたのだ。
演じる、ということの本質を・・・。



いっぽう、興味深いのは亜弓の行動だ。
ガラスの仮面2_008_2   
亜弓は「捕まえかたがわからない」と困惑するマヤに対し、完璧なまでのパントマイムで、見えない鳥を捕まえてみせるのである!


この展開、まさに紅天女の演技対決そのもの・・・!!


長い年月を経て、お互いが経験をつみながら、やはり究極の勝負はここにある。

持って生まれた【才能】か、努力で身につけた【技術】か。


凡庸な庶民であるボクとしては、つい亜弓に肩入れしてしまう。
だが、常識を越えるマヤの才能も見たいのである・・・!!


紅天女の“内側”に迫るヒントを得たマヤが、これからどう演じていくのか・・・!?
楽しみでならない。
さあ、来月も本屋さんにダッシュ!!だ。

(願わくば休載なきよう・・・ww)



【情報】
「別冊花とゆめ」10月号 にも、トリビュートまんがが掲載されてます。

今回はこのお2人。


・絵夢羅
ガラスの仮面2_010  
ボクは自分の文章を音声ソフトで読ませたことがありますが、死ぬほど恥ずかしかったです。


・魔夜峰央
ガラスの仮面2_011_2   
「パタリロ!」で昔パロディーをやったそうです。(コミックス37巻 収録
「ガラスのパタリロ仮面」)
ちなみに、美内先生の暴露話は…ありませんでしたw



あと個人的にちょっとツボだった場面を。
ガラスの仮面2_001  
真澄さんコワすぎる。
白目むいて怒らなくても。
関連記事
   21:46 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/31-1b2d0be3
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード