新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

カラスヤサトシ「おのぼり物語」は、カラスヤ版「男おいどん」である!!

アフタヌーン連載中「カラスヤサトシ」 で有名な作者が、自身の上京体験をまとめた物語。
おなじみの“奇行”(?)もさることながら、ふるさとを離れた不安や孤独も描いた本作。

カラスヤ版「男おいどん」といっても過言ではない、笑いと涙の佳作である。

【あらすじ】
大阪で会社員とまんが家、二足のわらじをはいていた作者
だが、休日返上で描きつづける生活も限界がある。
あるとき上司に、「仕事とまんがとどっちをとるんや!?」と詰め寄られ、迷わず退社。
東京への上京を決めるも、掲載誌が休刊。
二足のわらじをほぼ同時に失う。

無職のわらじをはいて、カラスヤサトシは無謀にも上京をするのだが・・・!?

【カット】
おのぼり物語01
カラスヤサトシ「おのぼり物語」(竹書房)


松本零士の「男おいどん」という作品がある。

男おいどん (1) (講談社漫画文庫)
松本 零士
講談社
売り上げランキング: 451279










九州から上京し、四畳半の下宿で生活する大山昇太の物語。
押し入れに突っ込んだパンツからキノコが生えたり(サルマタケという)、インキンタムシをばりぼり掻いたり・・・という貧乏ギャグが有名だ。
けど、加えて秀逸なのは、故郷から上京した者の思いを痛切に描いているところである。

プラネタリウムで故郷の星空を見て涙したり、寂しさからほのかな恋心を抱いたり、「いつかなにかをやってやる!」という夢をもってたり。

笑いとともに哀感が胸にグッとくる物語は、「おのぼり物語」にそのまま当てはまる。



段ボールをかぶって“ロボット”の格好をして1人スベリしたり、入居したての部屋で“エア風呂”したり。

“カラスヤ節”炸裂のしょーもなさ(ホメ言葉ですw)の間に、異郷で孤独に生きる切なさがスッとたちあらわれる。

東京での初めての夜、静寂につつまれ感じた漠然とした不安。
パーティに参加したものの、自分が何者なのか説明する言葉すら持たず、感じた孤独。

ひとが、ひとりで生きること。
その根源的な淋しさが、切なさが胸をうつ。

仮面ライダーのガシャポン遊びも、きっとこの淋しさ、切なさを紛らわすために生み出したんだと思う。
・・・たぶんw

おのぼり物語02
・「おのぼり物語」より

男おいどん01
・「男おいどん」より

将来への不安を抱えながらの、ひとり寝の孤独。
淋しさが胸をうちます。



「カラスヤサトシ」 に見られる日常ネタそのままで、哀感を含みつつ繰り広げられる本作だが、後半一気にトーンを変えてゆく。
父の病気が発覚するのである。

上京、まんが家への夢、そして父の病気。
ひとりの青年が直面した、これ以上ない人生の節目。

その時々の感情を、記憶を丁寧にすくいとった表現に、思わず熱いものがこみあげた。

ウソじゃなく、カラスヤサトシのまんがで泣けるのである。
カラスヤサトシは、それだけ懐の深さを持った“表現者”なんだと気づかされました。
すごいですよ、ホントに。


東京で右往左往する日常を笑うネタの数々。
故郷を離れ、ひとりで夢へと向かう青年の孤独と淋しさ。

笑いと涙と感動が渾然一体となって押し寄せてくる、カラスヤ版「男おいどん」、必見です!!



【情報】
発売中の「アフタヌーン」2008年11月号 のふろくに、カラスヤサトシと女神さまのコラボフィギュアがっ!!

・「アフタヌーン」2008年11月号ふろく
アフタヌーンふろく01
・・・これ、カラスヤサトシと女神さま、それぞれ別に飾ったほうがいいんじゃね?
と思ったんですが・・・。
アフタヌーンふろく02
無理でしたw
まぁ、別々にできるようにしたら、みんな考えることは同じですからね。


アフタヌーンふろく03
めっちゃくっついてますやん!!←なぜか関西弁にw
アフタヌーンふろく04
そしてスゲーうれしそう・・・ww

女神さまに守られたカラスヤサトシのこれからの活躍に期待です!!(マジで)
関連記事
   13:57 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/42-7522e91d
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード