新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

岡本健太郎「山賊ダイアリー」は、猟師まんが家がつづる実録猟師ストーリー!!

【あらすじ的なもの】
近所に住む猟師のおじいちゃんに憧れた少年時代。
大人になった岡本(作者)は、恋人に「いつか地元で猟をしたい」と語るも“野蛮”と一蹴。
さよなら山賊さん、という言葉を残して別れることに…。
そんなこんなで地元に戻った作者は、空気銃を握って今日も猟にでる!
猟師でありまんが家である作者が、猟と獲物の料理について綴った実録ストーリーである。


山賊ダイアリー01
岡本健太郎「山賊ダイアリー」(1)(講談社)

イノシシ一頭100万円!
ウサギにハトにカラスにマムシ…。
さまざまな獲物を解体して、胃袋におさめていく。
命をいただく。
山賊ダイアリー02
猟師は、いたずらに動物をあやめるわけじゃない。

仕留めたカモを回収するため、真冬の水の中にも入っていく。
けっして命を無駄にしないんだ。
あくまで猟師としてルールを守り、感謝して“命をいただく”。
野生の命との真摯な向きあい方に、ちょっと感動してしまいました。

じつはボク、猟師に興味があったんですよ。
「自殺島」で知られるまんが家・森恒二と、京都大出身の猟師・千松信也対談記事を読んだことがあったので…。
webにも記事があったので、リンクを貼っておきますね。
「自殺島」特別対談“命を食べるということ”

自然と対話し、そのふところで生きる。
感覚を研ぎ澄まし、一度のチャンスを狙う…!!
おのれの腕だけが頼りの生活。
うーん、憧れます!(とインドア派のボクが言ってみるw)


カラスは警戒心が強く、80m離れていても飛び去ってしまったり。
カモは獲ってすぐ腸を抜くと肉の味が落ちないとか。
罠をしかけて猟をするには罠猟の免許が必要…などなど。
山賊ダイアリー04
猟にまつわるさまざまな知識や体験が面白い!!

狩猟免許の取り方から獲物の調理法まで!
猟師まんが家がつづった実録猟師ストーリー
山賊ダイアリー03
猟師ってホントに面白い。
オススメです!


山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
岡本 健太郎
講談社 (2011-12-22)
関連記事
   00:16 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

Comment

948 2012.01.17 Tue 22:33  
実は、アオバトも1コマだけ登場していたりします。
#x/TI8HlY aobatokun[URL][Edit]
950 2012.01.21 Sat 21:34  Re: タイトルなし
> aobatokun さん

> 実は、アオバトも1コマだけ登場していたりします。

コミックスに載ってましたっけ?
雑誌では見たんですが…。

これ読んだらちょっと猟師に憧れちゃいました。^^
#- hebitaro[URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/430-bc1596a4
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード