新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

「マガジン」読者の9割は「ネギま」に関心がない!?

赤松健先生の日記を拝見すると、アンケート結果に対して真剣に分析をされていました。
この“プロフェッショナル”な姿勢に感銘をうけたので、ボクも少し考えてみました。


赤松健先生の日記をまず読んでみていただきたい。

【リンク】
日記帳
http://www.ailove.net/diaries/diary.cgi
(アンケートについて言及されているのは、10月1日、6日、8日、9日の日記です)

引用(10月9日より)

★ マガジンの人気アンケートの質問文について

まず注目しなければならない点は、マガジンのアンケートの”質問文”についてです。

お手元の少年マガジンの巻末、人気アンケートのページをご覧下さい。

(あ)「今週号を読んで面白かったものを、左に上げた作品リストの中から5つ選んで下さい」 ・・・と書いてあります。

いわゆる「面白5つ」ですね。 まあ、これは特に問題ありません。 (※ちなみにジャンプでは「好きな”順番”で3つ」だったりします。) 重要なのは、その次。「面白1つ」の文面です。

(い)「前問[あ]で選んだ中で一番おもしろかったものを1つ選んで下さい。」

・・・となっています。注目は、”前問[あ]で選んだ中で”という箇所ですよ。う~む、お分かりでしょうか、この違和感。(笑)

すなわち、「面白1つ」で作品Aに投票するためには、「面白5つ」にも必ず作品Aを入れておかなくてはならないのです。 つまり、本来なら「面白1つ」で上位なら、連動して「面白5つ」でも上位になってしかるべきなのです!

だからネギまのように、  「面白1つで1位だが、面白5つでは8位。」 などという現象は起こらないはずなのですよ!!(^^;)

引用おわり


>本来なら「面白1つ」で上位なら、連動して「面白5つ」でも上位になってしかるべき
普通に考えるとその通りですが、実際は「面白1つで1位だが、面白5つでは8位」とのこと。
これが一体何を意味するのか。
赤松先生もシミュレーションをしていますが、具体的に考えてみました。


読者からの投票総数が1000票だったとします。
10月8日の日記にある“支持率”の基準値を参考に計算すると・・・。

引用(10月8日より)

基準値として、「面白1つ」で11%。これより上での1位が望ましいです。

でも9%でも1位は取れます。(たまに2位になるかも) 「面白5つ」では26%。これ以上ならベスト5は堅いです。(面白5つは全体で計500%)

引用おわり

  • 「面白1つ」で1位になるのに必要な票数・・・110票(11%)
  • 「面白5つ」でベスト5に入るのに必要な票数・・・260票(26%)

ということになります。

しかし、「ネギま」は「面白5つでは8位」とのことなので、実際の得票数は260票より少ない数になるはずです。
200票とか、180票くらいかもしれません。

仮に180票だと考えると、「面白5つ」で「ネギま」に票を入れた61.1%が「面白1つ」にも入れていることになります!!
・・・って、この特異性、あんましわかんないかw

つまり「ネギま」を「面白い」と感じた“5人のうち3人以上が「一番面白い」にも票を入れている”わけです。
これはまさに「熱狂的支持」ですよ。

引用(10月9日より)

作品Aは、面白1つの対象として非常に支持されているのですが、読んでいない読者には全く副読されていないことが分かります。

引用おわり

まさに赤松先生がシミュレーションした通り。
  • 「ネギま」支持者のほとんどは、「マガジン」で「ネギま」が一番面白い、と考えるくらいの“熱狂的支持者”である。
  • そして、それ以外の読者の多くからはスルーされている。
と断言してもいいのではないでしょうか。


極端にいうと。
「ネギま」に「面白1つ」で投票した11%以外の読者(89%)は、「ネギま」に関心がない!!
なんてことも言えてしまいます。(もちろん、実際には違います(^^;)


ファンの裾野が極端に狭く、裾野からゆるやかに高くなる“山”ではなく、いきなり高くなる“塔”のように“極端な”存在。
「ネギま」は「マガジン」のなかで、そういう作品になっているようです。
(「萌え」の回で支持率が低くなるのは、狭い裾野の部分がさらに狭くなるため、と考えられます)

こういう“存在自体がオンリーワン”の作品は、雑誌にとって「キラーコンテンツ」として非常に有効です。
でも“人気”がなくなると・・・!?

「面白5つ」「面白1つ」の双方で中位になってしまうと、それはもう“普通のまんが”です。
裾野が狭く「ネギま」一点買い的な“離れ小島”読者層は、雑誌の発展にとってどうなのか?
・・・と編集さんが考えださないともかぎりません。

引用(10月8日より)

ところが最近のことです。

「面白1つ」の方が「ずっと2位で、まれに3位」という流れにシフトしたのではないか、という観測がなされました。(※まだ1回だけですが)

引用おわり

・・・よくない流れがきているような!?

ま、でも仮にアンケートが中位になっても、そうそう打ち切りにはなりません
まだまだ波に乗ってる作品ですし、ちゃんとした着地点まで描けることはほぼ確実でしょう。

ただ、想像以上に「ネギま」の「マガジン」での立ち位置は難しいんだな、とアンケートについて考えてみて思いました。

転ばぬ先の杖・・・アンケートはやっぱり大事ってことですよね。



関連記事
   21:15 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/48-4a3a2cbb
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード