新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

トークイベント「永遠の少女マンガ 名物編集長が語る少女マンガ史」(第2回)に参加しました!

江東区の森下文化センターにて開催された「永遠の少女マンガ 名物編集長が語る少女マンガ史」(第2回)に行ってきました!(2013/01/20)
永遠の少女マンガ03_04
・森下文化センター

元『別冊マーガレット』編集長で『花とゆめ』『LaLa』の創刊に関わった少女漫画界の伝説的人物・小長井信昌さんが語る“少女まんがの歴史”講座

第2回は「マンガ家と語ろう(1)」。
ゲストは成田美名子さんでした。
(聞き手として『メロディ』の編集長さんも)

→ 第1回記事(近日公開予定)
第3回記事


第2回は、白泉社が発掘した新人第1号という成田美名子さんをゲストに、当時のエピソードなどが語られました。

毎度のことながら走り書きのメモを頼りに書いてますので、間違いがあったらご容赦ください。

・デビューについて
デビューの前に『LaLa』の似顔絵コンクール2位に入賞
カラーテレビをゲットしたとのこと。
のちに『花とゆめ』に掲載される「一星へどうぞ」でデビュー。
当時17歳。
小長井さんいわく「新人でこれだけ描ける人は見たことがない」

成田さんの絵のホントの凄さ原画を見るとわかります。
1998年だったかな!?
「少女まんがの世界展」という展覧会で成田美名子さんのカラー原画を見て、印刷技術って限界があるんだ、と思いました。
チャンスがあれば、ぜひ原画を見てほしいですね。

・家庭環境など
まんがを描いてなかったらデザインの学校に行きたかった、という成田さん。
(デビュー作「一星へどうぞ」のタイトル文字は自分で描いた)
まんが家になることに家族の反対はとくになかった。
それはおじ(成田亨)がいたからだと思う。

成田亨は「ウルトラマン」のデザインを手がけた有名なデザイナー
成田亨wiki

成田さんファンには有名ですが、結構知らない人が多かったみたい。
ボクは知ってましたけどねw ドヤア
(青森県立美術館に常設展示されています)
成田亨所蔵作品リスト(青森県立美術館)

・絵のエピソード
「CIPHER」においてアメリカの日常生活を描くため、アメリカから家庭ゴミを送ってもらっていた。
傘についた水滴の絵を描くため、実際に傘に霧吹きで水をかけて観察した

そのほかファンに有名な話として。
「NATURAL」でバスケを描いてたんだけど、参考のためバスケットシューズを手に入れ、裏側の凸凹を1時間くらい眺めてた…とかw
ホントに“絵描き”なんだな、と感嘆しちゃいます。
ちなみに、最近日本画を習い始めたそうです。
(当然その絵も激烈に上手かったですw)

・創作について
毎回、次回の話がわからない。
1話終わって次回はどんな話ですか?と聞かれても答えられない。
→キャラクターの生き方、行動ありきで話を考えているため。

ちなみにラストだけは決まっているそうです。
(現在連載中の「花よりも花の如く」もラストは決まっているとのこと)

…という感じでした。
いまメモを読み返したら、意外と記事にできるトコが少ない…。
第3回よりボリューム少なめでスミマセン。

あと質疑応答で印象的だったのが。
「最近は伏線を分かってもらえていない気がする」と成田さん。
いままでまんがを読んでなかった人が読んでるのかしら?」とおっしゃってました。

成田さんがデビューしてから35年
時代とともに読者はどんどん入れ替わってますからね。
そんな中、まんが家として一線で活躍しつづける成田さん。
ホントに凄いです。

興味を持った方は、ぜひ作品をチェックしてください。
とくにオススメは「エイリアン通り」「CIPHER」です。

エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)
成田 美名子
白泉社
売り上げランキング: 175,301
Cipher (第1巻) (白泉社文庫)
成田 美名子
白泉社
売り上げランキング: 108,837
関連記事
   00:10 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

Comment

1237 2013.02.24 Sun 01:14  
記事UPありがとうございます!

第2回は成田さんだったのですね・・・!
実はガラかめと同じくらい「花よりも花の如く」もお気に入りなので(出会いの早さ、4年に1度しか出なかった焦らし等で思い入れはガラかめの方が強いですが(^^;))、記事読んでてすごく嬉しかったです

成田さんのカラー原画はそんなに素晴らしいんですね。
ぜひ見てみたいです。機会があったらというか、むしろ機会を作る勢いで!笑
また、記事にも出てきた「日出処の天子」のカラー画もまるで日本画のような独特の美しさがあって素敵ですよね(“成田さんが日本画を~”の“日本画”からこの作品のことを連想してしまいました・笑)

「エイリアン通り」や「CIPHER」も気になってはいるもののまだ読めていないんです(TT)
でもいつか絶対読みます(笑)

長々と失礼いたしました~><
#- akashi[URL][Edit]
1238 2013.02.26 Tue 00:47  Re: タイトルなし
> akashi さん

コメントありがとうございます。
そうなんです、第2回は成田美名子さんだったのです…。

> 成田さんのカラー原画はそんなに素晴らしいんですね。
> ぜひ見てみたいです。機会があったらというか、むしろ機会を作る勢いで!笑

イベントが行われた森下文化センターで、2月上旬くらいまで展示してあったんですよね。
成田さんのカラー原画。
記事を書くのが遅れて申し訳ありませんでした…。
「日出処の天子」のカラーも独特で美しいですよね。^^

> 「エイリアン通り」や「CIPHER」も気になってはいるもののまだ読めていないんです(TT)
> でもいつか絶対読みます(笑)

「CIPHER」良いですよ!
「花よりも花の如く」がお好きなら文句なしでオススメです。
「エイリアン通り」はちょっと昔っぽい感じですが、描いてる内容は成田節そのものです。

「エイリアン〜」は読者から支持してもらうため、模写しやすい構図の絵をわざわざ入れたとか。
キャラクターがワードローブを持ってて、持ってる服を着回ししている、とか。
「CIPHER」では同じ容姿の双子をちゃんと描き分けたり。
(立つときの重心が違うとか、クセの設定があった)
“すごいな”と思う逸話がてんこ盛りです。

まだ読んでないということは、これからモリモリ楽しめるじゃないですか!^^
うらやましいw
いつかカラー原画を見て、ため息ついてください。^^
それではまたー。
#- hebitaro[URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/524-2d85a08a
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード