新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

Boichi「HOTEL」の圧倒的“重さ”を目撃せよ!!

【あらすじ】
温暖化が絶望的なまでに進行した未来。
地球が“金星化”したなか、人類はわずかな希望を127光年先の宇宙にもとめ、「方舟」計画を実行する。

そしてもうひとつ。
南極に4720メートルの塔を建設し、人間以外のDNAを保存することになる。
やがて「ホテル」と呼ばれるようになったその塔の人工知能“ルイ”は、ただただ任務に忠実に、無数のDNAを守りつづける。

そして、気の遠くなるほどの時がたち・・・「ホテル」が見た未来とは!?

【カット】
HOTEL02
Boichi「HOTEL」(講談社)


表題作「HOTEL」を含め、全5編(+描きおろしshort SFが4編)がおさめられた短編集

重量感のある画が描き出すスケール感とイマジネーション。
特別なSFファンじゃないボクの心にも、ズシンと響くヘヴィ級の“物語圧力”にページをめくるたび、グイグイと引きこまれた。

この“物語圧力”=ヘヴィな演出力があったからこそ、マグロが絶滅した世界でマグロを蘇らせようと狂気で突っ走る研究者を描いた収録作「全てはマグロのためだった」が絵空事にならず、きちんとした“笑い”になったのだと思う。

圧倒的な画力と、ヘヴィな演出力で堪能できる“骨太なSF世界”。
これだけで一読に値するのだけど、Boichi作品の“もうひとつの魅力”を語りたい。


それは、セリフのチカラ。



収録作「HOTEL」にて、温暖化が進み人類が地球を捨てて宇宙に希望を求めたとき。
なぜ、のちに「ホテル」と呼ばれる塔を建設し、人間以外のDNAを保存するのか!?

人々は問う。
「いつか環境が回復するということなのか?」
「じゃあ人間のDNAを保存すればいいじゃないか!」


その答えが下記である。

違います。地球環境が回復する可能性はなく、貯蔵されたDNAが発現する可能性もありません

塔の目的はただ・・・・・・

“責任”を負うことです。人類が犯した罪の責任を・・・・・・



苦悩と、絶望、そしてわずかな矜持…人類の未来を背負った者の感情が“伝染”し、確信した。
これは、小手先の設定だけで物語を作っていない、“本気のSF”なんだ、と。


こんなBoichi作品集。
豪華装丁で印刷部数も少なめ? の心配もあり。
本屋でみたら、チェックしてみてくださいまし。















【おまけ】
【カット】
サンケンロック01
Boichi「サンケンロック」(1)(少年画報社)

Boichの他作品を紹介。

「ヤングキング」で隔号連載中の「サンケンロック」は、韓国を舞台に日本人の少年・北野堅がギャングのボスとして活躍する物語。

こいつもヘヴィな迫力と“言葉”で酔わせてくれる作品です。
機会があればぜひ。

(1~6巻が発売中。7巻が11/25(火)に発売)



関連記事
   17:32 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

Comment

41 2010.03.24 Wed 21:34  サンケンロック読みたいけど…
サンケンロック…僕もこの漫画知ってますね。読みたいけどバイオレンスに不道徳さが飛躍的で精神病院暮らししていた僕にはとても読めません,
どうせならバスタードの萩原一至に見せれば大うけしてたと思うんですが…萩原氏にサンケンの主人公、ボウイチ氏にガラ、をガン付け睨み喧嘩してるアートワークを見てみたかったですね。
#BlZaZHdk ドラゴン坊主Z[URL][Edit]
44 2010.03.25 Thu 23:11  Re: サンケンロック読みたいけど…
> ドラゴン坊主Z さん

コメントありがとうございます。
「サンケンロック」、たしかに暴力的ですし劣情をもよおすシーンもありますね。
しかもわりと不自然にww
掲載誌の影響なんでしょうかね…Boichi先生ご本人はSFのほうが好きな感じはします。
ま、ただそれを考えてもボクにとっては魅力的な作品でもあります。
主人公・ケンの“言葉”がカッコ良くて好きなんですよね。

> どうせならバスタードの萩原一至に見せれば大うけしてたと思う

ベクトルは似てる気がしますね。
あのへんの作家同士がコラボとかしたら、かなり異常な感じで面白いでしょうねー。
そういやBoich先生、今度「トライガン」のトリビュート作品を描くそうです。
そっちもちょっと楽しみではあります。
#- hebitaro[URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/56-def32204
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード