新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

手原和憲「68m 手原和憲 高校サッカー短編集」は、サッカーが好きで好きでたまらないヤツらの“人生の1ページ”を描く珠玉短編集!

【あらすじ的なもの】
出番の少ないキーパーの控えの心情を描いた「ベンチウォーマー」や、ケガで走れなくなった選手がFKの“ピンチキッカー”として活路を求める「Pinchkicker あるいは走れない代打」など全5編を収録。
高校サッカーに打ちこむ選手たちを描いた短編集である。


68m01.jpg
手原和憲「68m 手原和憲 高校サッカー短編集」(小学館)

熱血”や“根性”など、スポーツまんが的な文法ではなくて。
作者独特のゆるい雰囲気ギャグが特徴の本作。

描かれているのは、サッカーに熱中する少年たちの姿。
68m02.jpg
サッカーが好きで好きでたまらないヤツらの“人生の1ページ”なんだ。


レギュラー争いをするチームメイト、勇退となる老監督などなど。
サッカーにまつわるドラマを描く作品群のなかでも、とくに必見は表題作の「68m」だ。
68m03.jpg
・「68m」より

Jリーグのユースからサッカー部にやってきた佐藤
左サイドバックだった小野田はあっけなくポジションを奪われ、右サイドバックにコンバートされる。

抜群のテクニック才能を見せつける佐藤。
努力でどうにかなるレベルを超えている…小野田は自信を打ち砕かれていた。

だが。
そんな佐藤もユースでは自分のプレーに自信が持てていなかったんだ。

左と右。
ピッチの端と端、反対側に位置する佐藤と小野田。
ふたりは次第に
お互いを理解し、大きく成長していく…!
68m05.jpg
才能を発揮できない男と、可能性を信じられない男。
佐藤の古巣、ユースチーム相手に連係プレーで得点を決めるシーンには胸が熱くなった。
 
しかし、物語はここで終わらない。
佐藤はJ1に入団、小野田はJFLで。
ふたりは別のステージでサッカーを続けるも、高校時代とは対照的な未来が待っていた…。

まだ何者にもなっていない高校時代に出会った佐藤と小野田
左サイドと右サイド…ピッチの反対側だけど、一緒にボールを追いかけた日々はいつまで経っても色あせない。
たとえお互いがどんな立場になっても、ふたりで会うときは“あの時のサッカー少年”なんだ。

現役サッカー選手に区切りをつけた佐藤と小野田が、新たな未来へと歩きだす物語
苦さ切なさ、そして希望が描かれたストーリーにグッときました。


ちなみにタイトルの「68m」とは、ピッチの横幅の長さ
ピッチの左と右に位置する佐藤と小野田、ふたりの関係性を象徴したセンスのいいタイトルだと思います。^^

サッカー好きなら思わず笑ってしまうギャグもちょこちょこ。
68m04.jpg
高校サッカーを通して描かれる人間ドラマに注目の1冊。
サッカー好きには文句なしでオススメです!


関連記事
   23:24 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/562-26045ec9
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード