新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

石井光太/村岡ユウ「葬送 2011.3.11 母校が遺体安置所になった日」は震災当時、遺体安置所で働きつづけた歯科助手の“忘れられない記憶”の物語。

【あらすじ】
岩手県釜石市で歯科助手をしていた、大谷貴子さん。
2011年3月11日、東日本大震災発生後、津波で亡くなった人々の身元確認のため、遺体安置所で検案作業をすることになる。
その遺体安置所は、彼女の母校であった…。
ひとりでも多くの遺体を家族のもとに返すため。
奮闘した一市民の証言記録である。


葬送01
石井光太/村岡ユウ「葬送 2011.3.11 母校が遺体安置所になった日」(秋田書店)

岩手県釜石市で育った大谷貴子さん。
中学時代の淡い初恋
結婚就職、そして出産
…さらには離婚

貴子さんの汗も涙も。
喜びも悲しみも、釜石の土地にしみついていた。

そんな釜石が震災で、津波で失われた。
葬送03
たくさんの人々が津波で亡くなって。
遺体安置所に運ばれてきた。

その遺体安置所で、歯科助手として検案作業を手伝うことに…!
しかもそれは、貴子さんの母校の中学校だった。

中学時代、淡い初恋に胸を焦がしたその場所が。
無数の遺体で埋まっている。
現実じゃないみたい…でも、これが現実なんだ
葬送06
悲しみもやり切れない思いも。
すべてを飲み込んで目の前の仕事に没頭する貴子さん。

だが、かつてお世話になった人の遺体を見て、抑えていた気持ちがあふれだす。
葬送04
遺体安置所で懸命に働く歯科助手から、ひとりの女性に戻った瞬間だった。

胸をつぶされるような悲しみ。
…だけど遺体はどんどん運ばれてくる。
葬送05
「今はあなたのできることをして」。
亡き社長の奥さんの言葉を胸に刻み、貴子さんは再び検案作業へと戻っていく。

そこには。
泥だらけになって遺体を運び込む自衛隊の方。
遺体を綺麗にしながら検案する警察官
遺族の心のケアにあたる方。
遺体の尊厳を守ろうと、懸命に働く人々の姿があった。

遺体安置所での“修羅の日々”を駆け抜けた、貴子さんの生々しい記録。
誰もが、こんな経験をするとは思っていなかっただろう。
状況の壮絶さと、人々の真摯なまなざしのコントラストに胸がつまる思いがした。


時が経ち、いまは幸せに暮らしている貴子さん。
彼女のようなごく普通の人たちが震災当時の混乱のなか懸命に働いて。
いまの釜石があるのだろう。

たまたま震災と人生が重なった普通の人たちの、生きた軌跡。
想像を超える震災の現実に、あらためて被害の激しさを実感しました。

もし自分があの場にいたら。
何かできるのか!?
いや、何ができるのか。
胸にとどめて、生きたいなと思いました。

ごく普通の市民だった大谷貴子さんの“忘れられない記憶”の物語。
いつまでも胸の奥に残る作品である。


関連記事
   11:54 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/566-b5c75018
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード