新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

広井てつお「W1ララバイ」 蘇るバイク魂に胸が熱くなった。

8月28日、まんが家・広井てつおが亡くなった

彼が最期の仕事として熱望していたのが、この「W1ララバイ」の復刊である。
病魔に冒されて時間のない中、たくさんの人の助けで復刊の話はすすむ。
紛失した原稿をスキャンで復活させたり…さまざまな努力のすえ、出版への最終チェックまでこぎつける。
病床でチェックをし、指示を出して・・・発売を待たずに亡くなった。

ひとりのプロ作家が、執念で送りだした最期の仕事
じっくりと目に焼きつけてほしい。

【あらすじ】
高校3年の池上隆一は、ペンキ屋のとふたり暮らし。
から譲られたバイク・W1に乗って6ヶ月・・・そろそろ新しいバイクがほしい時期。
だがは、あと6ヶ月待てという。

ふてくされつつW1に乗りつづける隆一は、ある日おなじバイクに乗る老人と出会う。
老人はW1に乗り、九州まで息子に会いにいくという。
老人隆一にバイクのなんたるかを話し、去っていった・・・。

隆一と、彼のまわりのバイク仲間を描いた物語である。

【カット】
W1ララバイ01
広井てつお「W1ララバイ」(少年画報社)


バイクと、それを愛する者たち。
とびきり馬鹿で、あったかくて、どこか淋しい・・・。
そんな“バイク者”たちを詩情豊かに描いた物語。

ボクがとくに印象に残ったのは、隆一行きつけの喫茶店のマスターが家出少女と出会う「ノースランド コンチェルト」だ。


家出してバイクに乗り、「流氷をみたい」と北をめざした少女。

ここより遠い場所へ。
ここより綺麗な場所へ。
バイクなら連れて行ってくれる。

何かを断ち切りたくて。
そして何かを得たくて。
少女はバイクで旅立ったのだろう。

言葉にできない思いを抱え、自分の“命”の燃やしどころもわからない。
そんな心境を象徴するように、バイクの故障で立ち往生してしまう。

偶然通りがかり、少女を助けたのは喫茶店のマスター。
マスターはバイクを直し、ふたりはテントで暖をとっていた。
テントの外は吹雪・・・優しく助けてくれたマスターに少女は言う。

「抱かせてあげようか?」

マスターは少女の頬を張る。

「心はそんなに寒かないぞ」

少女に対し、あくまで“オトナ”として接するマスターの格好良さ。
いや、“格好良い”なんて言葉が軽薄で、恥ずかしく感じてしまうほどの“厚み”を感じるセリフである。
この20年で世間の大人が失ってしまった、人生を背負う者の威厳といえばいいのか。
ときに若者をはね返し、ときに包みこむ“本物の大人の存在感”に胸が熱くなった。

こんなマスターとともに見た海に、“流氷”という名の“希望”をみつける少女・・・。
バイクという乗り物が生んだ出会いは、おそらく一生彼女の心に残ることだろう。
そして、この物語に触れたボクらの心にも・・・。


ときには笑い、ときには涙し。
バカみたいに熱中し、いつまでも子供のように無邪気で・・・。

バイクと寄り添うように生きる者たちの物語。


大切な何かが心に残る1冊、機会があれば手にとって読んでみてほしい。





【付記】
60年に満たない生涯を、バイクとともに走り抜けた作者。
あとがきによると、この「W1ララバイ」は掲載誌である「ミスターバイク」の発行元であるモーターマガジン社から発売される予定だった

だが、「広井てつおさんの最期の作品になるだろうから、まんが出版の老舗である少年画報社から出してほしい」とモーターマガジン社からの申し出があったという。
業界としては考えられない申し出・・・この事実が、“広井てつおがどれだけ愛されていたのか”の証明になると思う。

バイクを愛したひとりの男のために、たくさんの“仲間”が彼の魂を形にした、一冊
ただ懐かしいだけじゃない、熱く、魂に染みわたるメッセージが感じられるはずである。
関連記事
   23:19 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/57-444a8d7f
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード