新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

「まんが人blog」2013年オススメまんが!

2013年もあと少し!…ということで。
今年発売されたまんがの中で、オススメの作品を紹介します!

選考の基準は変わらず
ボクが「面白いな」「オススメしたいな」と思える作品。
かつ、2013年に第1巻が発売された作品です。(または全1巻の作品)

順位も関係なし!
“2013年オススメまんが”です!!


・施川ユウキ「オンノジ」(秋田書店)(紹介記事)


誰もいなくなった世界で生きる、少女オンノジという名の鳥を描いた4コマ作品です。
時が止まったかのような世界で繰り広げられるシュールなギャグ
それが、だんだんと哲学的な要素を含むストーリーへと広がって…。
ラストには生きる希望へと繋がっていく…!
必見の1冊です♪


・手原和憲「68m 手原和憲 高校サッカー短編集」(小学館) (紹介記事)


出番の少ないキーパーの控えの心情を描いた「ベンチウォーマー」や、ケガで走れなくなった選手がFKの“ピンチキッカー”として活路を求める「Pinchkicker あるいは走れない代打」など。
高校サッカーをテーマに描いた全5編収録の短編集。

スポーツまんがだけど、熱血や根性とは違うベクトルが特徴的。
飄々としたキャラクターで描かれる笑いと、哀感と。
サッカーが大好きで、サッカーにうちこむ“サッカー少年”たちの人生がさまざまな角度から描かれた短編集。
サッカー好きには特におすすめです♪

また、現在『ビッグコミックスピリッツ』にて「夕空のクライフイズム」を連載中!
合い言葉は“無様に勝つくらいなら美しく散る”!
クライフの追い求めた理想の攻撃サッカーを実現しようとする高校生たちの物語。
こちらも超オススメですよ〜!!


・松田奈緒子「重版出来!」(小学館) (紹介記事)


新人まんが編集者の奮闘記。
まんが家との二人三脚だけじゃなく、営業部員や書店員など。
まんがの現場で働く人たちとも心を合わせ、作品を世に送り出す姿が描かれていることに胸が熱くなります。

作品を生み出すために。
作品を届けるために。
真剣に働く人たちの物語。

まんが好きに超オススメです♪


・武田一義「さよならタマちゃん」(講談社)(紹介記事)

さよならタマちゃん (イブニングKC)
武田 一義
講談社 (2013-08-23)

まんが家のアシスタントを生業としている主人公を襲った病は、精巣腫瘍…睾丸のガンだった…!
これは作者自身の体験をもとに描いた、まんがによる“ガン闘病記”なのだ。

病になって初めて実感した命の重さ、人との絆。
そして、献身的な奥さんの姿にじんときました。
…いいまんがです♪


・高尾じんぐ「くーねるまるた」(小学館) (紹介記事)


ポルトガルから日本の大学院に留学したマルタさん。
修士論文を提出しても母国に帰らず、日本でのんびりビンボーぐらし。
町の人たちと関わりながら、食べて、寝て。
日本を満喫するマルタさんの“グルメな日々”を描いたものがたり。

日本人より“日本通”なマルタさんの日々の愛おしみ方、食への好奇心が興味深い作品。
マルタさんの食べ物への関心の高さ…という名の食欲、食べてるときの可愛さに惹かれちゃいます♪


・葦原大介「ワールドトリガー」(集英社)(紹介記事)

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)
葦原 大介
集英社 (2013-07-04)

舞台は異世界からの侵略者“近界民(ネイバー)”の脅威にさらされている三門市。
正義感の強い少年・三雲修が出会ったのは、謎の転校生・空閑遊真。
遊真は、のんびり屋に見えて好戦的。
修羅場をくぐってきたかのような迫力をもつ不思議な少年だった。
彼との出会いが修の運命を大きく変えていく…!!

「賢い犬 リリエンタール」でファンタジックな世界観を描いて人気を博した作者の新作は、異世界からの侵略者とのバトルもの
綿密に練られた世界観とキャラクターにまんが力の高さを感じる“骨太SFアクション”が魅力です♪


・オジロマコト「富士山さんは思春期」(双葉社)(紹介記事)

富士山さんは思春期(1) (アクションコミックス)
オジロ マコト
双葉社 (2013-05-28)

勇敢にも(?)女子の着替えを覗いた中学2年の上場。
彼の目に飛び込んできたのは、身長181cm、女子バレー部のエースで幼なじみの富士山さん。
あまりの発育のよさに火がついてしまった上場は、富士山さんに告白。
付き合うことになるのだが…!?

発育、成長、第二次性徴…妄想とエロスが暴走する男の子の目線がフェティッシュでちょっとエッチ。
思春期の甘酸っぱさも香るストーリーが秀逸です♪


・今井哲也「アリスと蔵六」(徳間書店)

アリスと蔵六 1 (リュウコミックス)
今井哲也
徳間書店 (2013-03-30)

“想像したことをすべて具現化する能力”をもつ超能力少女が出会ったのは、昭和の頑固爺さん。
世間から隔離された施設で育った超能力少女が、爺さんとの出会いによって“生きること”の意味を知り、やがて居場所を獲得していく…。
“出会い”がもたらす、心の変化に熱いものがこみあげます。
いいよ!


・ニコ・ニコルソン「ナガサレール イエタテール」(太田出版)

ナガサレール イエタテール
ニコ・ニコルソン
太田出版

3.11で実家を津波に流された作者。
祖母は認知症、母はガンが発覚という波瀾万丈を経て、実家を再建するまでを描いたエッセイまんが。

震災で失ったもの、震災でも失わなかったもの。
家とともに家族のつながりも“再建”していく様子をユーモアをまじえて描いた佳作です。


・KAITO「クロス・マネジ」(集英社) (紹介記事)


新しい部活を探し始めて1ヶ月。
櫻井はどこの部でも長続きはしなかった。
ある日、櫻井は1人でラクロスの練習に没頭する深空と出会う。
挫折から“本気”で取り組むことに臆病になっていた櫻井が、ついに見つけた“本気”になれること。
それは、ラクロス部のマネージャーだった…!

少年の揺れる心情と、少女の熱き想い。
スポーツをめぐる“青春模様”を丁寧に描かれている。
プレーヤーたちと、マネージャー、それぞれの心に寄り添った成長物語に注目♪


・大亜門「わたしはキャワワワ!!」(集英社)(紹介記事)


ぬいぐるみ大好きな女子中学生・イヨが出会ったのは、ウサギのぬいぐるみ…によく似た生き物・エイナス。
エイナスは強引にイヨを“伝説の戦士・キャワワワ”にスカウト。
この世をキモく変えようとする“テラキモス帝国”と戦うことに…!!

必殺技で敵のキン○マを締めあげたり、ア○ルに似た口からムリムリッと変身用リップを取り出したり。
ギリギリ…アウトっぽい下ネタが最高w
やはり青年誌連載作だけはあるww

読む人を選びますが、ボクは大好きです♪


・折笠格/西出ケンゴロー「ウメハラ To live is to game」(PHP研究所) (紹介記事)

ウメハラ To live is to game

PHP研究所
売り上げランキング: 3,507

日本初のプロ格闘ゲーマーとなる伝説の人物・ウメハラこと梅原大吾の少年時代を描いた物語。
天才的頭脳を持つ姉を身近に見ていたウメハラは、姉のような“才能”に勝つための方法を感覚的に知っていた。

それは圧倒的な“努力”である。
カンや経験に頼らず、他人が驚くような“圧倒的な”努力を積み重ねる。
ただ、勝つために。

ゲームという勝負を通じて、練り上げられた生き方の“哲学”にシビレる1冊。
平成の「空手バカ一代」ともいえる作品。
はやく続きが読みたい!


・賀東招二/カサハラテツロー「フルメタル・パニック! ZERO」(富士見書房)


小説が原作の「フルメタル・パニック!」を、ロボットの描写に定評がある作者が描いた作品。
小説版を作者流に咀嚼し、新たな魅力が紡ぎ出されています。
(原作を変えた部分には賛否両論あるようです)

ちなみにボクは原作を読んだことがないですが、スピーディな展開と迫力の描写でめちゃめちゃ楽しかったです。
いいよ!


・麻生みこと「海月と私」(講談社)(紹介記事)

海月と私(1) (アフタヌーンKC)
麻生 みこと
講談社 (2013-08-07)

駅にも浜にも温泉にも不便な民宿・とびうお荘。
仲居の求人を見てやってきた梢は、辺鄙な民宿には似つかわしくない若い女の子。
主人は断ろうとするけど、人懐っこくて如才ない梢にうまく乗せられちゃって…!?

辺鄙な宿にやってきた、謎の女性・梢
明るくて人懐っこい笑顔で周囲に溶け込み、人と人とを繋いでいく…。
寡黙な主人と梢の関係にも注目のドラマです♪


・石井光太/村岡ユウ「葬送 2011.3.11 母校が遺体安置所になった日」(秋田書店)(紹介記事)


岩手県釜石市で歯科助手をしていた、大谷貴子さん。
2011年3月11日、東日本大震災発生後、津波で亡くなった人々の身元確認のため、遺体安置所で検案作業をすることになる。
その遺体安置所は、彼女の母校であった…。

何もなければ、普通の人生を送っていた人が。
災害がキッカケで過酷な仕事をすることになってしまう…。

亡くなった人と。
亡くなった人の家族と。
それに関わる人々の
慟哭にも似た物語が胸にせまります。


・岡本倫/横槍メンゴ「君は淫らな僕の女王」(集英社)


超名門私立に通うお嬢様・昴に10年ぶりに再会した幼なじみの主人公。
だが、昴にまるで虫のような扱いを受けて大ショック。
思わず口にした“おまじない”が2人の関係を劇的に変える…!

ビックリするくらいえろいエロコメや!w
少年が読んだら前かがみ必死w
えろいの大好きな君にオススメ!ww


上記16作品に納まりきらなかったオススメ作品+α10作品です!

渡邉築「恋するエジソン」(集英社)
コージィ城倉「チェイサー」(小学館)
萩岩睦美「天然家族」(集英社)
小原愼司「地球戦争」(小学館)
ハロルド作石「RiN」(講談社)
星里もちる「星里もちる短編集 あっちもこっちも」(小学館)
環望「ハード・ナード・ダディ」(少年画報社)
尾崎かおり「神様がうそをつく。」(講談社)
間瀬元朗「デモクラティア」(小学館)
赤星トモ「思春期シンドローム」(講談社)

+αも含めた、合計26作品2013年のオススメ作品です。

いや〜。
今年もたくさんのまんがが読めました。
楽しい作品、胸にくる作品、いろんな作品と出会えました。
やっぱり一年の最後は感謝の気持ちでいっぱいです。^^

2014年もいっぱい読むぞ♪

このブログを読んでいる皆さんの2014年が喜びに満ちたものになるよう、お祈り申し上げます。
2014年も“まんが人blog”をよろしくお願いいたします。
関連記事
   23:31 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/581-31faf2e8
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード