新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

田中ユタカ「もと子先生の恋人」は、まんが家と編集者の本気ラブストーリー

まんが家編集者
仕事のうえでタッグを組む、パートナー

お互いの仕事を尊敬しあう、恋人同士
真摯で熱い、恋の物語である。

【あらすじ】
小西川もと子先生は、地味なまんが家。
だけど編集者・山崎慎太郎は、彼女の心温まる作風が好きだった。
そして、彼女自身のことも…。
もと子先生も、まじめで熱い慎太郎と会い、ひと目で好きになった。

苦労をかさね、もと子先生と連載をたちあげた慎太郎
ふたりで創り出した物語のコミックスも発売。
順調に絆を深めたふたりは、ある日…恋人同士になった。

【カット】
もと子先生の恋人01
田中ユタカ「もと子先生の恋人」(白泉社)

以前、まんがの編集さん(♀)に話を聞いたことがあるのですが、「作家さんとの恋愛は“かんがえられない”」とのこと。
理由は、「自分と付きあうことで作家さん(作品)がダメになっちゃったら、耐えられない」から。

慎太郎も、もと子先生も、ちゃんと考えた。
担当編集と作家、お互いの立場がある。
公私混同、かもしれない。

でも…。

逃げ道を断ち、言い訳を捨て、すべてをまっさらに考えたとき。
やはり目の前の相手が必要だったんだ。

これが、恋人なんだ。

“まんが家”と“編集”という、設定だけ借りたラブコメではない。
オトナの恋は仕事もコミだ。抜きにはできない。

ましてやまんが家と編集、立場をこえた本気の“恋”
当然のことながら、お互いの“仕事”もちゃんと描かれている。

もと子先生とふたりで過ごすはずの日でも、慎太郎は予定外に入った仕事を最後までやりきった。
もと子先生は締め切り前、徹夜で仕上げた原稿に納得できず、最後の1ページを描きなおしたり。
もと子先生の恋人02
ふたりの仕事への真摯な思い
それがお互いを思う気持ち
にもつながっていて。
読んでいて、心の底が熱くなるのを感じました。

いい、まんがです。


もと子先生の恋人03
関連記事
   23:45 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/86-c872aaac
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード