新刊・旧刊をふくめた、まんがレビューblog。 その他、まんがに関すること。 
 
 

武嶌波「素っ頓狂な花」は“女のコ”と“女”の気持ちを描いた短編集

“女”って“女のコ”の延長線上にあるのだろうか。
いや、ちがう。
女のコ”のなかにも“”は存在する。

からみあう糸のように。
たちあらわれる“女のコ”と“女”の気持ちを描いた短編集である。
(表題作をふくめ、7編収録)

【あらすじ】
中学の文芸部に所属する、頓花(とんか)
親友のユリエとは、いつも仲良くじゃれあっていた。
だがは、文才もあり容姿もかわいいユリエに嫉妬していた。
その思いがある日、爆発する…。

以上、表題作「素っ頓狂な花」をふくむ7作収録の短編集である。

【カット】
素っ頓狂な花01
武嶌波「素っ頓狂な花」(小学館)


恵がユリエと行動をともにしていたのは、憧れからなのかもしれない。
可愛くて、文才もあって…近づきたくて。
けど身近に過ぎる輝きは、ときに自分の心に影を落とす

劣等感嫉妬心
恵はついにユリエを傷つけてしまうのだが、それは自身の“醜い心”を自覚することでもあった…。

思春期の心の動きが端的に、痛みをもって描かれた物語。
表題作「素っ頓狂な花」はなかなかに印象深かった。
(ちなみに、恵が所属する文芸部の顧問・加藤が登場する物語2編も収録。世界観の繋がりも垣間見える)

もう1作、ボク好みの作品は「placenta」


【カット】
素っ頓狂な花02
・収録作「placenta」より

東京から神戸に引っ越した天野さん。
周囲にとけ込めず、そのまま学校を休んで5日。
心配して、クラスの御影くんが家にやってきた。

なにかを期待して、来てくれた?
天野さんは“誘い”をかける…。

淋しさとか、辛さとか。
不安定な気持ちに“性”の香りが添加されて。
痛くて甘いふれあい。
思わず“思春期スイッチ”が入りました!!
こーゆーの好きです。

女のコの部屋に入ったときのような、甘い香りのする短編集。
でも甘いだけじゃないのは、女のコも短編集の内容もおなじです。w


素っ頓狂な花gif
関連記事
   20:08 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mangabito27.blog50.fc2.com/tb.php/87-0806ddd3
 
 
プロフィール

hebitaro

Author:hebitaro
「ジャンプ」読むのに1時間!!
遅読のまんが野郎です。
新刊・旧刊とわずレビューを書いていきますので、よろしくお願いします!!

→このブログについて

Web拍手↓
拍手する
いただけると嬉しいです。

拍手コメントへの返事は↓
・拍手コメント返事(2017)・拍手コメント返事(2016)
・拍手コメント返事(2015)
・拍手コメント返事(2014)
・拍手コメント返事(2013)
・拍手コメント返事(2012)
・拍手コメント返事(2011)
・拍手コメント返事(2010)
・拍手コメント返事(~2009)

アマゾンストアも営業中!!
まんが人書店

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon検索
カウンター
ブックオフ オンライン
ブックオフオンライン
バンダイチャンネル
バンダイチャンネル
フリーエリア
 
Amazon student
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックス
当ブログ注目記事
Twitter
検索フォーム
当ブログ オススメ作品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード